2015年12月20日

1つのアブストラクトゲームができるまで

この記事は、Board Game Design Advent Calendar 2015 の第19日目の記事として書いたものです。

※最初にお断りしておきますと、私には文章だけでお伝えできるスキルがありませんので、画像やリンクを多用させて頂くことをご了承下さい。

08.jpg

■はじまり
国内最大規模のアナログゲームの祭典である、「ゲームマーケット」というイベントが、今までは東京でのみ開催されていたのですが、2012年から大阪でも開催されることになり、その時、「ゲームNOWA」という創作アナログゲームの個人サークルを立ち上げて初参加して以来、コツコツと地味な作品を作り続けている、かぶきけんいちことかぶけんです。

昨年の Board Game Design Advent Calendar 2014 に参加された方々の記事を拝見し、とても面白い内容ばかりで良い刺激を受けたのですが、自分にはネタになるような引き出しがほとんど無く、また中身のある文章など書いたことがなかったので、「ずっと読み手側」でいようと思っていました。
ただ、ある1つのアブストラクトゲームについて、いつか書こうと思っていましたので、この場をお借りして書いてみることにしました。

2013年のゲームマーケット秋に出展したエルタイルズという、各自が自分の担当する色のL字形タイルを配置しながら、「エリア」とよばれる陣地を広げ、その大きさに応じて獲得した得点の合計を競う、1種の陣取りゲームが、どのようにして生まれたか、またどのような経緯で現在まで至ったのか。

※アブストラクトゲームとは完全情報ゲームで、偶然要素が無いと定義にあるのですが、エルタイルズはストックとなる、24枚の裏向きになったタイルから5枚を手札として持ち、自分の手番に5枚のうち1枚を場に出してその後ストックから1枚補充する、というスタイルであるため、この定義からは外れるのですが、大好きなアップタウン(リメイク名:ジョイントブロッカーズ!)という作品がアブストラクトとあるので、1種のアブストラクトと思って下さいw

iphone5s -2015.7.12 028.JPG

■きっかけ
2作目まではイラストのみ(資金不足のため)を外注し、それを覚えたてのアートワークで形にしていたのですが、先方が多忙だったこともあり、3作目は自分ですべてデザインしてみたところ、試行錯誤しながらも何とかモノになったため、調子に乗って4作目もチャレンジすることにしたものの、2013GM秋まで残り3か月。
テーマ(システムから作ることはほとんどありません)が全く思い付かず、それならいっそのことノンテーマでインストも簡単なアブストラクトなものなら間に合うかも、ということで最小限の情報のみを詰めたタイル配置ゲームに決定しました。
ただそれだけだと本当に地味なものになりそうだったので、既存の四角形を隣接するだけでは作れない隙間を上手く利用して陣地を伸ばしていく、というアイデアを思い付き、それで進めていくことにしました。

04.jpg
(初版新版々々の順に並べてみました)
■百均ショップ
ちょうどお盆休みに入ったところで、いつものように妻の実家へ車で帰省することになり、1泊するならこの機会を利用しようと、データに関しては既に紙出力まで終えていたので、あとはそれを厚紙に貼って切るだけでしたので、途中に百均ショップに立ち寄り、忘れてきた小道具を買い足したあとにそこで目にしたものは!?

約30p×約10pサイズの粘着付きマグネットシートという、充分厚紙の代わりになるどころか、カットに便利な方眼目盛り付きという優れものでした。厚紙よりも強度と重量感があり、磁石なので片づけるも楽なので、マグネットシートとの出会いは衝撃的でした。
しかし、この出会いが後に本業まで影響を及ぼすことになるとは思いもしませんでした。

iphone5s -2015.7.12 030.JPG

■初テストプレイ
妻の妹の旦那さんと息子と私の3人で。これが最初で最後の3人プレイテストになりました。(3人以上でテストできる環境がないため)自分の担当色のブロック(正方形)をつなげてエリアを広げていくという、このゲームの原型はその後も変わりませんでしたが、まだこの頃はあの得点システムやシンボルといった仕掛けはなく、面白味を見出すのが困難でした。

iphone5s -2015.7.12 031.JPG

■友人と2人テストプレイ
妻の実家から帰って来ると、1作目から飽きもせず付き合ってくれる唯一の友人宅でのテストプレイを開始。
L字形に切るのが面倒だったので四角形でチャレンジしてみることに。担当色別にシンボル(赤=○、青=□、黄=△)を入れてみたのは、裏面が同じだったので、表面には単色以外に混色も存在するので見分けを付けやすくするためだったのですが、このシンボルが、ある一定数以上隣接するとボーナス点が貰えるというアイデアが浮かびました。

iphone5s -2015.7.12 032.JPG
ただこの状態では、ボードにある枠というものが存在しないため、これ以上おけないという制限がなく、どこにでも置けるという自由度が増すだけだったのと、四角形のままだとタイルの置き方にも面白みがありませんでした。ちなみに奥の白いタイルスタンドのようなものは、印刷済みのコピー用紙を折ったもので、これが後の色画用紙を手織りしたタイルスタンドになったのです。

iphone5s -2015.7.12 033.JPG

■再びL字形に
やはりL字形の方がこの形状を上手く利用した置き方ができるために所々に隙間ができ、良い意味で嫌らしさが増しました。ただこの時点では広げすぎると減点、失点するという制限がなかったため、一度離されると追いつけないことが多々ありました。

10.jpg

■得点システム
エリア(陣地)の大きさによって得点に差をつけることに決めてからはスムーズに事が運んで行きました。
0-3ブロックは得点にならず、4-6ブロックでようやく1点、7-9が3点と、6と7とでは2点の差を付け、10ブロックに特別な意味を持たせたかったので、9と10とでは3点の差を付けることにしました。ただここからが難航しました。

書き忘れていたことがありまして、少なくとも一辺が場にあるタイルと隣接しなければならないという置き方の制限はあったのですが、それだけだとほぼ自由におけるのと、先程も述べたようにボード内に収める枠のようなものがないため、もっと強烈な制限が必要でした。
そしてその後、試行錯誤しながらたどり着いたのが、広げすぎると減点、失点してしまうというジレンマです。

そこにたどり着いてからは、一番大きく広げたエリアを完成させると貰えるボーナス、一番多くの数のエリアを完成させると貰えるボーナス、シンボルを4つ以上隣接させると貰えるボーナス、といった3種類のボーナス得点もすぐに生まれ(この頃にはシンボルも○+△に決定)、このゲームの得点システムが完成したのでした。これによりテスト段階では2人プレイ以外できなかったのですが、3人でも問題なく機能するはずだと、製品版には堂々と「2-3人用」と表記してしまったのでしたw

iphone5s -2015.7.12 042.JPG

■アートデザインとコンポーネント
アートデザインについては、赤、青、黄という3色は当初から全く変わらず、それぞれの色を目立たせるためにその色そのものを強調しながらも、ゲーム中に担当色のブロックがいくつ隣接しているかをすぐに確認できるデザインにしたつもりでしたが、一部では派手すぎるという意見も頂きました。

iphone5s -2015.7.12 039.JPG
この頃はまだタイルスタンドには得点票の表記はなく、別にカードに表記していました。

29b2dcc91dd43633349202123636cf6b1.jpg
第2版からはこのように一番目の届きやすいタイルスタンドの裏面に得点表を貼り付けました。またタイルのデザインも従来の派手目から、若干のタイルずれがあっても目立たない黒をベースに、よりシンボルを目立たせるためにサイズを大きくするも、それが強調しすぎないように、またプレイ中に目が疲れないようにするため、白を使用せずにデザインを抜く形に落ち着きました。

iphone5s -2015.7.12 035.JPG
コンポーネントについてはもうこれに尽きますw
当初はデザインを仕事帰りに印刷屋さんのレーザープリンターで紙出力し、それをマグネットシートに貼り付けてカッターナイフで切り離していたのですが、あまりもの分厚さとL字形に切るのが面倒で、切り離す際にトナーが剥がれてしまうのでこの方法は断念。
そして時間は非常に費やすものの、比較的仕上がりが悪くない方法として、紙出力したものとマグネットシートを別々にL字形に切断後、マグネットシートの粘着テープを利用し、その上に微調整しながら紙出力したものを1枚1枚貼り付けていくという、時間がいくらあっても足りない非効率な方法をとる以外ありませんでした。
その結果、鉄とゴムをひたすらカッターナイフで切り刻む作業により、両指腱鞘炎という悲劇に見舞われ、完治するまで約半年かかりましたw

良い子は絶対にマネしないでね!

iphone5s -2015.7.12 046.JPG
正方形をL字形に切った際に出た大量の余り。

05.jpg
たった28セットしか作れなかった初版では、ちゃんとこのように得点チップとして再利用w

02.jpg

■L字タイルのサイズと量産
おかげさまで初版は2013年のゲームマーケット秋では小部数ながら約8分間で完売となりました。ただコンパクト化には成功したものの、とても量産には向かない製作方法だったので、随分悩んだ末、妻に製作資金を借り、ボードゲームの印刷に長けていらっしゃる萬印堂様で、一から専用の金型を作って頂くことになり、ようやく量産することができました。

03.jpg
タイル配置といえば競技性の高いカルカソンヌやアブストラクトゲームのブロックスが有名ですが、これらと比較するとカルカソンヌのタイルは45o、ブロックスのこのピースの長辺は約30o、エルタイルズのL字タイルの長辺も30oになります。

00.jpg
手の大きい方には若干小さく感じられるサイズですが、紙タイルにしてからは軽量になり、どのようなタイル配置になっても比較的省スペースで遊べる点と、新版(第2版)までは余りにもコンパクト化を目指したため、タイルを化粧箱に直す際にきれいに組み合わせないと収まらないという意見を参考に、最新版(第3版)では化粧箱を少し大きくし片付けが楽になりました。それでもタイルがコンパクトなので、持ち運びも軽くて荷物になりません。

06.jpg

得点チップの改良
当初はゲーム終了時に得点化する方が良いのか、それともカルカソンヌのように得点トラックを用意し、手番終了時にその都度得点していく方が良いのか、これも随分悩みました。
ただこのゲームは相手の長考もプラスに変えられる(特に3人プレイでは慣れると相手の手番時に、現在の全員の得点を計算できる時間があるため)ので、ゲーム終了時の方が良いと判断し、得点チップを用意することにしました。

第2版(左)で使用した四角チップはL字形タイルに合わせて直線的な四角チップにしたのですが、その上に乗せると視認的に若干見辛い感があったため、最新版(右)では円形チップに変更し、裏面も今までの白(絵柄無し)からバーストした際に使用する「0点」にしました。

07.jpg
そうしたことでゲーム終了時に一番多いエリア数であれば獲得できる、最多エリアボーナスの獲得者を決める際、ボーナスチップ(緑3点)を除いた上で、このバーストチップを含んだ獲得チップ数の一番多いプレイヤーがその権利を得るのというのが、すぐに明確に分かるようになり、円形チップを乗せた時の視認性もUPしました。

09.jpg

■その後の展開
その後、拡張タイルセットとして4種類の特殊タイル全15枚(左上の9枚は基本セットに同梱している拡張タイル)と、タイルスタンドを増やすだけで4人でも遊べるペア戦の実現、そしてポストカード2枚を組み合わせてボードに見立て、1色の基本タイル24枚から18枚を取り出し、裏向き状態から1枚ずつ引いて配置していく、1人用のソリティアも作りました。

■最後に
予想通り、ただのエルタイルズのデザイナーズノートと宣伝になってしまいましたねw
アブストラクトというどちらかというと地味にとらわれがちなジャンルですが、将棋、囲碁、チェス等のように完全情報ゲームで、偶然要素が無いゲームは、人を選びますが、戦略性が高く、自己解析できるところが長く遊ばれ続ける部分だと思っています。
ただそうでなくても、タイルの引き運もあり、ファミリー向けに手軽に遊べるゲームでも、もしかしたら長く遊ばれ続ける可能性はあるかもしれません。
エルタイルズがそういう作品になれるかどうかは分かりませんが。

長々とここまで中身のない話にお付き合い頂き、有難うございました。

最後にここまで来たら開き直ってもう2つ宣伝させて頂きますw

@第2回★エルタイルズ大会(1月23日(土)午後2時から5時まで)が、盛況だった第1回大会に引き続き、大阪長堀橋のボードゲーム&フィギュアショップDDT様にて開催されます。
※前回の3人戦×3回戦とは違い、2人戦×4回戦のスイスドロー方式を予定。
A来年2月21日に開催される「ゲームマーケット2016神戸」にも小部数ですが最新版(第3版)の出展を予定。

posted by かぶけん at 19:26| Comment(0) | エルタイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

新作『三忍者』の新マニュアルについて

先日のゲームマーケット2015秋にリリースしました、新作『三忍者』のルールを一部変更致しました。

理由は現状ルールだと勝負が拮抗した場合、想定したプレイ時間に収まらない傾向があり、それを解消するためにおこないました。

IMG_8129.jpg
テストプレイ風景。6枚嵐(変化付き0を2に)で敗北。

@陣を成立させる場合、現状の「3枚」から「3枚以上」に。

A防御側が【毒針】を使用した場合、反撃が成立すれば追加で1ダメージ与える。

あと3人戦ルール(個人戦)を追加しました。
3人個人戦は、
手札:7枚
陣営ポイント:4P
になります。

新マニュアルはこちら


(追記:2015.12.19)

【お詫び】
公開後、数件のご質問等を頂き、上記のマニュアルに修正を加えました。
今後は下記のマニュアルが公式マニュアルとなり、ご質問等は『FAQ』のコーナーを設けて対応させていただきます。

三忍者 公式マニュアルはこちら

【お願い】
本作品はシャッフル等によるカードの擦れから、カード裏の黒縁枠の劣化が早まる恐れがありますので、差し支えなければ、TCGサイズ(90×66ミリくらい)のカードスリーブを装着して対応して頂けると幸いです。

posted by かぶけん at 01:26| Comment(0) | 三忍者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

ゲームマーケット2015秋に参加してきました!

【前々日】
この日は定時上がりで退社後、真っ直ぐ帰宅してお品書きPOPを完成させるという、最後のゲムマミッションがあるにもかかわらず、普段から愛用している靴が相当へたっていたため、急遽靴屋さんに立ち寄り新調。まずここでロスタイム。

帰宅後すぐに夕食を済ませるも、旅支度が全く出来ておらずバタバタ。
東京でも作業したかったため、必要な部材や道具をひとまとめに。
そしてPOPをデザインし、ラミネート。と行きたかったところに、ラミネート本体に電源が入っておらず、温まるまで待たされる羽目に。

POP-01.jpg
POP-02.jpg
ラミネートが終わり、旅支度も終えていざ出発。

しかし、ダッシュで最寄り駅に向かい、列車が到着する間に乗り換え案内アプリで調べると、どうあがいてもバスの出発時刻までに間に合わないことが判明。

バスチケットはただの紙くずになりましたorz

こうなるともうあわてる必要もなくなり、その後、新幹線のチケットが購入できる駅まで行ってチケットGET!→自宅までUターン。

結局Uターン後も、気がつくと3時間寝れただけで翌朝出発。

【前日】
東京駅.jpg
行きが新幹線というケースは初めてで11時過ぎには東京に到着。やっぱり楽チン!

ねぎし-02.jpg

ねぎし-01.jpg
まずは目的地の秋葉原に向かい、早めの昼御飯に「ねぎし」のしろたんセット。美味い。

イエサブ秋葉原店.jpg
その後、100均ショップに寄って必要な道具を購入し、中村誠さん主催の「ゲームマーケット前日ゲーム会」へ参加するため、イエサブ秋葉原店へ。

到着すると、関西からもデザイナーさんや一般の方々が参加されており、もう開始前から殆どの席が埋まる人気。

三忍者-01.jpg
自分がついたテーブルにはラブリー会のYabeさん、ポケット&ビスケットの作者でじさん。ルール読みレビューをtweetされているタロ吉さん。嬉しいことにでじさんから三忍者のリクエストがあったので4人(個人)戦を始めるも、途中でイベント参加者のブースアピールを兼ねた自己紹介会の開始時間となり、一時中断。

手短かにまとめる方やいつ終わるのかというくらい延々と話される方等、色々。途中で明日のゲムマの戦闘力(軍資金)は○万、と一言添えるのがトレンドにw

自己紹介会の終了後は三忍者を再開。最後は私対でじさんの勝負になり、でじさんの勝利!

その後遊んだもの。
ぽいひと.jpg
ぽいひと(米光と優秀なゲームデザイナーズ)
それっぽいひとの略。(たぶんw)ぼうし、かさ、びん、にんじんといった、アイテムカードがそれぞれ2枚ずつ(イラスト違い)20数枚あり、それを山札にして1枚表向けにし、プレイヤーの誰かに自由に名前を付けながら、そのカードを差し出す。

差し出すときに、何故その人に差し出すのか理由を付けなければならない。「にんじん」なら○○さんはうさぎを飼っていそうだからとか。差し出されたカードは表向きのまま自分の前に置かれ(ゲーム中、山札からめくられるカードは、このカードの少ないプレイヤーの前に差し出される)、その後、イラスト違いのペアになるカードが出たら、誰よりも早く付けられた名前でそのプレイヤーの名前と正しい理由を答えられたら、そのカードは答えられたプレイヤーが獲得して表向きで、今までに差し出されたカードとは別にしてそれが得点となる。
段々と記憶があやふやになっていくのが可笑しく、ゲーム終了後にはプレイヤーごとに色んな属性が付いてより親しくなれます!

現在こちらでダウンロード販売中。

木馬と英雄.jpg
木馬と英雄(77spiele)
カード配置による陣取り。兵士カード(2〜10のカード)を置いていき、数字の合計が最大ならその列の土地カード獲得。5枚目を置いたらゲーム抜けの撤退や、ゲーム中、斜めに接しているカードの数字が2倍になる英雄(1のカード)等、シンプルなルールながら悩ましく、長谷川登鯉さんのアートワークによって完成度の高い、非常に魅力的な作品に仕上がっています。残念ながら入手できなかったのですが、来年の春には再版されるとのことで今から待ち遠しいです。

北条投了殺人事件.jpg
北条投了殺人事件(北条投了)
あの北条投了氏が誰かに殺害された!2人がかりで殺されたらしく、プレイヤー間で「聞き込み」「公開捜査」「情報交換」等を】繰り返し、ジジ抜きの要領で30人近くいる容疑者を絞っていくところが推理ゲームらしくて良かったです。

キュブクリエ.jpg
キュブクリエ(十式ゲームワークス)
作者さんが友人と飲み屋さんでテストしたという作品。3×3の盤面に、同じ目が2つずつ×3種類のマークが描かれたキューブ8個を後手が同時に降り、それぞれ出た目を変えず、そのままの状態で先手から好きなマスに配置。盤面に配置されたキューブは転がして移動でき、先に同じ種類のマークを盤面の端から端まで繋げたら勝ち。またこの1手によってつながりが完成するときのみ、写真のようにキューブの上に積み重ねることができるルールが面白いと思いました。

琳派.jpg
琳派(十式ゲームワークス)
トリックに勝ってもトリックを取るのではなく、最後の1枚で場の屏風絵が完成したら獲得できるという、今まで味わったことのない感覚のトリテで、書き下ろしのイラストも美しくてとても面白かったです。

アグリ箱.jpg
それから個人でレーザーカッターを用いてボードゲームアクセサリーを手掛けていらっしゃる、Cygnusさんにも始めてお会いすることができ、その代表作の1つ、アグリコラという人気ゲームの膨大な数の木駒類をきれいに収納できるオーガナイザー「アグリ箱」も見せて頂くことができました。

その後、三忍者のゲームテスターを引き受けて下さったフォロワーのたぁさん邸に向かうため、惜しみながらの途中退場。

伊勢福.jpg
たぁさん邸に向かう途中に立ち寄ったお蕎麦屋さん。こちらでたぁさんと初対面。

作業.jpg
お店の2Fをお借りして閉店時間まで作業wこの後、明日のゲムマを手伝ってくれる、職場の新人くんを迎えに最寄り駅まで。 

ごちそう.jpg
ちなみに作業中に注文した定食がめちゃくちゃ美味しかった。

新人くんと合流後たぁさん邸へ向かい、深夜の3時前まで新人くんと作業の続きができたおかげで三忍者は9個増産。

今回、大変お世話になった、たぁさんと息子さんたちに大感謝!

【当日】
ビッグサイト-01.jpg
懲りずに今回もやって来ました。

ソラオ缶バッヂ.jpg
今日は胸にお気に入りのソラオバッヂを付けての参戦。

行列-01.jpg
いつもより長いような…

行列-02.jpg
長いぞ〜

行列-03.jpg
うわぁ〜

行列-04.jpg
お疲れ様です〜

ブース-01.jpg
今回はYbY Gamesさんと共同出展なのと、販売ブースと体験ブースが一体化しているため、会場入りしてからはブース設営にバタバタ。何とか形になったものの、肝心のYbY Gamesさんが開始20分前なのに一向に到着する気配がないw
そこでとりあえずYbY Gamesさん待ちということで、ブースを新人くんに任せて他のブースへ挨拶回り。
そして開始10分くらい前にブースへ戻るとようやく到着されていたようで、YbY Gamesの金井さんと初対面。ただし相方さんはまだ自宅で作業中とのことw

ブース-02.jpg
作るのをすかっかり忘れていた体験卓のタイムスケジュールも手書きで対応。

偽髑髏王-01jpg.jpg
そしてゲームマーケット2015秋がスタート!今回は400ブース以上が参加しているため、いかに目立つかということが重要だったのですが、大した準備や告知もしなかったので行列など出来るわけもなく、のんびりかまえていたらどこか怪しげな人物がw

スペースメンカム!-01.jpg
11時を過ぎたので体験卓もスタート。金井さんの相方の木村さん(黄のトレーナー)も到着されており、新作のスペースメンカム!も大賑わい。

2千円札.jpg
売れ行きも順調そうで、中には今では珍しいお札で購入される方もw

ブライトゥンザライフ-01.jpg
この日、計3回の公開オークションに出展された、YbY Gamesさんのブライトゥンザライフ。木村さんがギリギリまで自宅で作られていた木駒に感激!

オークション.jpg
そしていよいよ1回目のオークションがスタート!



ちなみにゲムマの翌日に最後の1個がヤフオク!に出展。

いつものように今回も取り置き予約の回収が大変そうなので、3度あるYbY Gamesさんの体験卓が立つ時間帯を利用してブースを一時、新人くんにお願いすることに。

操られ人形館.jpg
サークル設立10周年作品の「暗黒議会」がめちゃくちゃカッコイイ、操られ人形館&GAME JAMBOREEさん。

ショーナンロケッティアズ.jpg
いつも新作が楽しみなショーナンロケッティアズさん。

RYOさん.jpg
幻影探偵団が絶好調なハッピーゲームズさん。

フタリマチ.jpg
枯山水の作者、ImagineGAMESの山田空太さんの新作フタリマチ完売!

MoBGAMES.jpg
MoBGAMES宮野さんのあのドンクラーヴェ!がついに製品化!

ひかりん.jpg
今回は新作「桃太郎くえすと」知ったかプロジェクトから「知ったかお悩み相談室」をリリースされる、大門さいころ倶楽部のひかりんさん。

カオリン.jpg
やっとお会いできた、人気ボードゲーム系Podcast「ほらボド!」のかおりんさん。美人が台無しのモザイクごめんなさい。

ちゅぱみ.jpg
知ったかプロジェクト作品5作全てのアートワークを手掛けられた、人気ボードゲーム系Podcast「ほらボド!」のちゅぱみさん。かおりんさん同様、美人が台無しのモザイクごめんなさい。

おけい.jpg
今回、豚小屋&いかが屋さんが共同出展ということで、いかとりにょりのいかがわしいラジオのパーソナリティ、おけいさんと初対面。ちなみに皆さんが着られているTシャツのイラストは豚小屋の酢豚画伯作とのこと。



佐々木さん.jpg
ちょうど移動中に表彰式が行われていたようで、その瞬間を逃して目にすることができなかったゲームマーケット大賞。「海底探険」で受賞された、オインクゲームズさんのブースにお伺いし、佐々木さんとお嬢様(ちなみに海底探探険は佐々木さんと息子さんの合作)の2ショットを激写!(公開許可済み)

ブース-03.jpg
この後一旦ブースに戻り、1時間後に再び回収作業を済ませて戻ると、予約分を残して三忍者が完売したとのことで、金井さんにお願いして撮って頂くことに。

おおぞらさん-02.jpg
約2ヶ月前に大阪鶴橋のディスカバリーゲームズさんで発足された「金曜ごいた会」。毎週金曜日の20時から、多い日には4卓も立つ人気イベントの主催者の一人、おおぞらさんが、「真っ先にかぶけんさんに報告したかった」とブースまでお越しに。
内容は、このゲームマーケットで開催された「第2回ごいた都道府県支部交流戦」で、相方のじぜまろさんとのチームワークの良さを発揮し、見事優勝されたとのこと。
わたしも何度か金曜ごいた会に参加させて頂いていたので、感極まるものがありました。

優勝盾.jpg
全4戦し、全勝同士の得失点差での優勝だったようで、接戦をものにされた優勝盾が眩し過ぎます!

ちなみにじぜまろが優勝を決めた一打はこちら

momi.jpg
膨大な数のサークルさんへのインタビュー、本当にお疲れ様でした。今回の番組のOPでは新作の三忍者も御紹介下さった人気ボードゲーム系Podcast番組「ほらボド!」のパーソナリティーmomiさんのお心遣いがとても嬉しかったです。

インタビューの模様はこちら♪

NARUTO鉢巻き.jpg
最後まで使うのを忘れていて今頃思い出すとは。

記念写真.jpg
数年前からYbY Gamesさんの個性溢れる斬新な作品が気になっており、いつかお話したいと思っていたのですが、今回のゲームマーケットの抽選に外れて委託先を探されていたところにタイミング良くそれを目にし、こちらから声を掛けたのが縁で、ついに夢の共同出展が実現!!最後は皆さん、新作「スペースメンカム!」のパッケージの再現w本当にお疲れ様でした。


【お詫び】当日16時過ぎより『三忍者』の抽選会を行いましたが、当初予定していた抽選形式では該当者が殆ど決まらず、急遽その場での協議の結果、お集まり頂いた方々のみを対象とした抽選会になりましたことに対し、お詫び申し上げますm(_ _)m

ビッグサイト-02.jpg
後日の発表によると今回の来場者数は9500人とのことで、当イベントの運営スタッフの方々、出展者の方々、お疲れ様でした。来場者の皆様、ゲームNOWAブースにお立ち寄り頂いた皆様、試遊して下さった皆様、ご購入して下さった皆様、ありがとうございました。

【戦利品その1】
戦利品その1.jpg
暗黒議会、ALL GREEN、ヤオチュー!、カレンと海賊の島、ミツバチマッチ!、ナインタイル。

【戦利品その2】
戦利品その2.jpg
キュブクリエ、琳派、タマゴリッチ!、アルケミダス、MONSTAL、Age of Summoners、ルクソールの花嫁、ギャルサメ!タロットストーリア、モリヤウォーズ、ドリームウォーカー零夢〜触手迷宮からの脱出。

【戦利品その3】
戦利品その3.jpg
やさしい魔物と酒場の英雄、ヌシも悪よのう、フタリマチ、涙のフェッス、忍ジャン‼︎、フルーツパフェ、ブライトゥンザライフ、スペースメンカム!、ドンクラーヴェ!、スロッターズ、もっとも桃太郎なのはもちろん俺!、榎コロ。

【戦利品その4】
戦利品その4.jpg
コーヒーロースター、Aコードで行こう、長征、偽ブランド商会、ウェルカム トゥ インディア、海賊と金塊、たのめナイン、擬音フェスティバル、TwoWei、にんとり!ウサギの黄金時代、冷戦ペンギン、Bidders!。

【戦利品その5】
戦利品その5.jpg
知ったかJ-POP愛好家、知ったか妖怪百物語、知ったか映画研究家、知ったか同窓会、知ったかお悩み相談室、はんか通骨董市、セブン、リスボン、バルーンチャレンジ、マタンガキッズエキスパート、カードの迷宮、大怪獣コトバモドス、幻影探偵団&猟奇耽異。

【戦利品その6】

戦利品その6.jpg

ボードゲームジャーナリストが、行く‼︎、Cygnusカードスタンド、ドミノたおさず。しまんちゅプロモセット、STEAMWARS固定砲台、かんたんSquare×Square、ショーナンロケッティアズ栞、ボードゲームジャーナリストが、行く‼︎、Cygnusカードスタンド、ドミノたおさず。しまんちゅプロモセット、STEAMWARS固定砲台、かんたんSquare×Square、ショーナンロケッティアズ栞、どらぽっ!、モーモートレトレ缶バッヂ、コトバモドス缶バッヂ、キングとクイーンの不思議な道、SEVEN BEST SELECTION 2015、タロットストーリアポストカード、バルーンチャレンジポストカード、GAME JAMBOREE vol.2。

【戦利品その7】缶バッジ.jpg
モーモートレトレ缶バッヂ、コトバモドス缶バッヂ

【戦利品その8】お土産.jpg
きんしゃちゲームズのsachiさんから浜松の銘菓「あげ潮」 Aquariaのハリマオさんから「うす茶あられ」を頂きました。
posted by かぶけん at 00:08| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

ゲームマーケット2015秋の新作『三忍者』の紹介とおしながきについて

久しぶりの更新になります。
前回更新から何をしていたかというと、ずっとゲームマーケット2015秋向けの新作『三忍者』のテストを延々続ける日々の繰り返しでした。
金沢ボードゲームマーケットのあと、記事は書き忘れていますが、 『第5回ボードゲームマーケット in 新大阪』にも参加していました。

当初から運要素は高いですがテンポの良いゲームで、フリマの試遊でも好評でしたが、物足りない個所も多々あり、いろんなところで遊んで頂き、その度に良いアイデアを取り入れました。
特に最近は通勤帰りに定期券を使って足を運べるようになった、大阪の鶴橋に位置するディスカバリーゲームズさんでは、店長さんを始め、常連の方々がとても親切で、この作品のテストプレイには随分お付き合い下さり、とても感謝しています。

またゲームテスターになって頂いた、関東在住のたぁさんとはほぼ毎日のようにTwitterのDMで、テストプレイの結果や少しでも運要素を減らすための意見交換を繰り返し、ようやく完成にこぎつけました。

当初よりはやや複雑になりましたが、手札補充が伏せられた山札以外に、とよばれる3枚表向きになった場所からも補充できるようになったり、忍術にコストを持たせ、ダメージを受けた数によって使用できるようになりました。
また、このゲームの肝である、とよばれる手役作りの1つ、「」を、3枚の数字の合計が場札と同じ→3枚の数字の合計の下一桁が場札と同じ、にしたこと、また数字の優劣をなくし、斬のために計算するだけの記号としたこと、そして、不利を受けた(ダメージを受けた)側の手札が場札に、また補充も先に行うようにしたことで、攻撃側と防御側での有利不利も完全になくなりました。

基本の2人戦だけでなく、3人戦、4人戦(個人/ペア戦の2種類)も含め、4種類それぞれ、違った遊び方ができるのもこの作品の特徴の一つになりました。

先日、Twitter上ではいち早くマニュアルも公開し、今回もガーデンゲームズさんの喧嘩読みサービスに校正もして頂き、この場を借りてガーデンゲームズの樫尾さんにお礼申し上げます。

お忙しい中、校正して頂き本当にありがとうございました。

三忍者のマニュアルはこちら(2015.11.8 ルール修正あり)

現在、まだ印刷所からカードが届かない状況なのと、本業で痛めてしまった利き指の軽い腱鞘炎でダメージチップの手裏剣カットにも着手できない状態で焦っています。
ただ毎回困難を乗り越えられているので、何とかなると思って開き直っています。

■おしながき

南国のとある島でサルたちが繰り広げる「9つ」の「ココナッツ」争奪戦。
VIVA!ココノッツ(2〜4人/15〜20分/9歳以上)
GM価格:2000円


まったく新しい将棋。まさにカニとカニのはさみ合い!
かに将棋(2人/20分/8歳以上)
GM価格:1800円
かに将棋-01.jpg
こちらはサイ企画の居椿さんとちゃがちゃがゲームズのjun1sさんの#いい夫婦の日2人専用ゲーム企画へのエントリー作品で、現存する4個のみになります。

絶対に3人で戦う忍者カードバトル!!
三忍者(2〜4人/15〜30分/10歳以上)
GM価格:2200円
三忍者試作版-01.jpg
カードは試作版で、すだれ箱、手裏剣、小判は同じものが同梱されます。

この手裏剣のカッティングが大幅に遅れている状態ではありますが、近日中に取り置き予約も開始する予定です。

【重大ニュース】
ゲームマーケットカタログの原稿入稿後に決まったことなのですが、今回良いご縁がありまして、YbYゲームズさんの宇宙がテーマの新作「SPACEMEN COME」、全国大会が開催されるほどの人気作「ブライトゥンザライフ」等の委託を受けさせて頂くことになりました。Attachment-1.jpeg
ブライトゥンザライフ

なお当日は11時頃から1時間交代でゲームNOWA作品とYbYゲームズ作品の試遊もできますので、良ければ遊びに来て下さい〜

ブース番号は
【G53】ゴーゴー三忍者
で覚えて頂けると作者が超喜びます!

posted by かぶけん at 05:41| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

金沢ボードゲームマーケットに参加して来ました。

先日の8/9(日)に、金沢駅東口出入り口前の「もてなしドーム内地下イベント広場」で開催された、『金沢ボードゲームマーケット』に参加して来ました。
(会場の雰囲気をお伝えする写真を撮るのを忘れましたm(_ _)m)
なお、参加したかった金沢ボドマ前日ゲーム会は終日大盛況だったようです。

仕事の都合で前日参加は諦め、イベント会場へは大阪から特急サンダーバードでの当日入りとなりました。
金沢駅に到着後、駅構内のトイレで能登ごいた保存会大阪支部の支部長、寺岡さんとバッタリ!
金沢ボドマの目玉の1つでもある、ごいたブースのお手伝いに来られました。
寺岡さんには、大阪で行われたごいたイベントや、昨年、ごいたの聖地である奥能登の宇出津の大会に同行させて頂いたり、といつもお世話になっています。

ごいたTシャツ.jpg
寺岡さんはごいたイベントにはいつも着ておられるスタッフカラーのごいたTシャツ(黒地に緑文字)姿で、一方の私はその逆パターンのお気に入りTシャツでした。

まず会場に向かおうと移動し始めた直後、どこかで見たことのあるTシャツを着た方がw

かに将棋Tシャツ.jpg
先日の大阪長堀橋のボードゲーム&フィギュアショップDDT様にて開催させて頂いた「第1回★DDT エルタイルズ大会」で見事、第5位に入賞されたGiroさんでした。
Twitterで金沢ボドマに着て行こうかなぁ〜と呟かれていたのですが、まさか本当に着て来場されていたとは!いやぁ〜嬉しいですね〜
顔出しOKということで後ほど会場内で記念撮影!

ブース前に到着すると両側の、名古屋のボードゲームショップ、バネストさんと先日のゲムマ春での戦友w大門さいころ倶楽部さんは既に設営中でした。

到着済みの荷物は1つでしたが、かなり大きくて重かったので、ご挨拶もかねて主催者のfumiさんとノッポさんがおられる総合受付に駆けつけ、台車をお借りしてブースまで運ぶことに。

ブース-03.jpg
荷物を開封後、テーブルに敷物を敷き、持ち込んだ作品を陳列していくものの、肝心の価格表を忘れたことに気付き、再び総合受付でA4用紙を頂き、お隣の大門さいころ倶楽部のひかりんさんからクリップボードをお借りできたおかげで無事設営完了。

ブース-05.jpg
また、今回は販売スペ―スの隣りに試遊スペースも確保できたので、ゲムマ秋用の新作『三忍者』のテストキットを持ち込みました。

予約していた『金沢限定カードごいた』の受け取りが出来るということでそれを済ませ、いよいよ開会!

いきなりお隣のバネストさんブースが相変わらずの人だかり。またひかりんさんやそのお隣のちゃがちゃがゲームズさんも好調な出だし!!
反対に自分のブースはいつもながらスローペースどころかしばらくは閑古鳥。

今回のイベントの撮影のお手伝いをされていた、福井在住のRINさんという方が、このエルタイルズを贔屓に良く遊んで下さっており、この方のプッシュのおかげもあり、しばらくしてエルタイルズがじわひわと売れ始めました。

途中、ひかりんさんにブース番をお願して、ちゃがちゃがゲームズさんのところに予約していた、ノットフォーミーTシャツの引き取り&差し入れに行ったり、そのお隣のもんじろうシリーズや、ストリームス、テンガロンでもお馴染、サイ企画の居椿さんのブースにお邪魔して新作『羊とペリカン』等の試遊&頼まれ物の購入。

ブース-04.jpg
そしてお昼辺りから三忍者の試遊も開始。
今回1人での参加だったので中々ハードではありましたが、好評だったのでほぼ閉会時間まで回っていました。

三忍者というゲームはお互いが忍者軍団を率いる戦国大名となり、7枚の手札から3枚使ってストレートやセットを作り、敵の殲滅を目指す忍者カードバトルなのですが、0から5までの計算が出来れば、小学校低学年のお子様でもプレイできます。
ただ引き運があるとはいえ、それなりのカードプレイングは必要になってきますが、その分やり込み甲斐はあります。

急遽、突貫で作成したゲームサマリーはこちら

セールスポイントは

@非常にテンポが良く、短時間で遊べるため、あともう1回!と言いたくなる
A2人、3人、4人とそれぞれに設定されたルールがあり、どれも遜色なく遊べる
B忍者というテーマがぴったり合ったゲームシステム


といったところでしょうか。

ブース-07.jpg
ブース-11.jpg
14時過ぎに車で駆けつけられた、人気ボードゲーム系Podcast、フランとアバンと仲間たちのアバンさんにインスト風景を撮って頂き、その後も一緒に対戦しました。

その後もちゃがちゃがゲームズの方々も遊んでみたいとお忙しい中、ブースに来て頂いて嬉しかったです。

アバンさんが少しブース番をして下さるということで、ちょうどパーテーションをはさんで裏側に位置する、、Hemz Universal Games のシゲさんのブースで、現在セールス絶好調の「バオバブ」を、バネストの中野店長さん考案の、回転台の上でプレイ
通常プレイより難易度が上がり、これはかなり面白かったです。
それから今後大ヒットの予感さえする、スパイとエージェントがお互いの正体を探り合う、会話型パーティーゲーム、「スパイフォール」もGET!

そして閉会時間の16時を迎え、それぞれのブースが後片付けを始める中、こちらはちゃがちゃがゲームズのjun1sさん(うずまきスイッチ)と三忍者中w

キリの良いところでお開きにし、残ったものを一まとめにした後、台車でスタッフの方とゆうパック窓口まで発送手続きに。

ちょうどその近くに食事出来るところがあったので、アバンさんさんと金沢カレーを食べながら、今後のボードゲームのあり方等について雑談。その後、駅に向かう途中でお土産を買って駅の改札口でアバンさんとお別れし、無事帰路に着きました。

今回の心残りは、1人での参加だったため、まとまった時間が取れず、ブラインドオークションに参加出来なかったり、ごいたブースに足を運べなかったり、打ち上げの御誘いを受けたのに徹夜での疲労MAXでお断りしてしまったことでした。

それでも今回のイベントに参加出来て良かったです。
主催者もfumiさん、ノッポさん。スタッフの皆様、金沢限定カードごいた製作委員会、(←勝手に名付けてすみませんw)出展者の皆様、お疲れ様でした。
来場者の皆様、ゲームNOWAブースに足を運んで下さった方々、試遊して下さった方々、購入して下さった方々、有難うございました。

また機会がありましたら、ぜひ参加させて頂きたいと思います。

【戦利品】

ブース-10.jpg
ノットフォーミーTシャツ(うずまきスイッチ)、競りゲー「ブブカ」、羊とペリカン、暗算サイころ、計算サイころ(もんじろう)、スパイフォール(Hemz Universal Games)、金沢限定カードごいた(金沢ボードゲーム会)。

パンフレット.jpg
とてもボードゲームの楽しさが良く伝わるパンフレット写真。

金沢限定カードごいた.jpg
金沢限定カードごいたは、オレカジ、あてずっぽ殺人事件、原始人の晩餐など、常にハイクオリティな作品を作り続けておられる、タガミゲームズの田上さんが手掛けられた、金沢兼六園をバックに四季を取り入れられたカードが見事に美しく、付属の得点チップや丁寧に書かれたゲームサマリーまでとても嬉しい一品です。


posted by かぶけん at 15:27| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

金沢ボードゲームマーケットのおしながき

直前になってしまいましたが、本日8/9(日)11時より開催される、金沢ボードゲームマーケットのお品書きです。

エルタイルズ基本セット
店頭価格2600円→イベント価格2000円

エルタイルズ拡張セット
店頭価格900円→イベント価格700円

VIVA!ココノッツ
店頭価格2600円→イベント特別価格1900円

かに将棋
店頭価格2300円→イベント価格1800円

ぴったりヤドカリ
店頭価格1800円→イベント価格1500円

ネラッタ/ナランダ
店頭価格1800円→イベント価格1500円

【ゲームマーケット2015秋の新作】
三忍者(2-4人/15-20分/9歳以上)
テストキット版の試遊
突貫で作成したルールサマリーはこちら

posted by かぶけん at 05:55| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

大盛況!第1回★DDT エルタイルズ大会。

今まではいつか自分の作品で大会とか開催出来たらイイだろうなぁ〜と、漠然とした思いしかなかったのですが、先日、今も根強いファンが多い、人気Podcastボードゲーム研究室!のヨシダさん主催のくさつボードゲーム会に参加した際、並行で開催されていたカルカソンヌ日本選手権予選大会を目の当たりにしました。

ギャラリー目線ながら、一手一手、手に汗握るプレイに感動し、タイルを配置して得点化するという共通点から、小さくても良いからエルタイルズで大会みたいなものを開けないかと、真面目に考えるようになり、初版時代から現在に至るまで、エルタイルズを応援し続けて下さっている、ボードゲーム&フィギュアショップDDTのちむ店長さんに相談を持ち掛けたところ、「やりましょう!」と二つ返事でOKして頂けた、生まれて初めて自ら企画したボドゲイベント。

第1回★DDT エルタイルズ大会

1ヶ月前からTwitterで告知を始めたのですが、迎えた当日は前日までの不安も吹き飛び、結果12名もの参加者が集まりました。
2013年のゲムマ大阪から自作タイトルを作り始めて2年半、まさかこんなに早く大会という形式で、イベント開催出来ることになるとは思いもよらず、今回は参加者が最後まで楽しんで頂けたら大成功ということにしたいと思います。

T-シャツ.jpg
6月27日(土)の大会当日、せっかくなので大会に合わせてかに将棋かゲームNOWATシャツでも着ていくつもりが、何故かお気に入りのごいたTシャツw

看板-01.jpg
開始14時の1時間程前に到着。

既に参加者のてちゅろんさん、あきたけさんは到着済みで、店長のちむさんは大会中も食べ放題のおやつの盛り付けw
しばらくは予想以上の参加者が集まったことで、テンションが上がりっ放しのまま、この日のために用意した、肌触りが良くプレイマットとしても適している、ハイミロンを4卓分敷いてセッティングしていると、そこに参加者が3名も増え、お店のスペース的にもエルタイルズ的にも、ベストの15名になり、もう1卓増やすことに。

T01.jpg
神戸から来て下さった参加者のGiroさんが、大会用にエルタイルズをお持ち下さったり、てちゅろんさんには各卓のタイルがちゃんと揃っているかチェックして下さったおかげで、着々と準備が整っていきます。

インスト02.jpg
初めての方にも分かり易くゲームの説明が出来るように、いつものプレゼン用のエルタイルズの設置も終えたところで、店長のちむさんからの大会のご挨拶、私からエルタイルズのルールと大会方法についての説明も無事終了。

店内03.jpg
そしていよいよ大会スタート!

店内04.jpg
ほど良い緊張感もある静かな立ち上がり。今回初めてエルタイルズを体験される方は5名でしたが、何が嬉しかったかというと、このゲームは手札のタイル補充を忘れがちになるのですが、忘れた時は一言声を掛けてあげて下さい、というお声掛けをしっかりと反映して頂けたことでした。

■1回戦の結果
【A卓】
1回戦-A卓.jpg
青のたるさんさんのぶっちぎり勝利。

1回戦-たるさん.jpg
1位 たるさんさん31点(今大会ベストスコア):1点×4、3点×1、6点×2、シンボルボーナス3点×3、最多エリアボーナス3点(チップ忘れw)

1回戦-てちゅろんさん.jpg
2位 てちゅろんさん14点:1点×2、6点×1、バースト0点×2、シンボルボーナス3点×1、最大エリアボーナス3点

1回戦-Kさん.jpg
3位 Kさん7点:1点×1、6点×1、バースト0点×2

【B卓】
2回戦-A卓.jpg
こちらは混戦の末、青のGiroさんの1点差勝利。エリア数9は今大会1番!2位と3位は同点ながらエリア数の少なさで黄のつかささん。

1回戦-Giroさん.jpg
1位 Giroさん19点:1点×7、3点×1、6点×1、最多エリアボーナス3点

1回戦-つかささん.jpg
2位 つかささん18点:1点×3、3点×1、6点×2

1回戦-あきたけさん.jpg
3位 あきたけさん18点:1点×3、3点×2、6点×1、最大エリアボーナス3点

【C卓】
1回戦-C卓.jpg
今大会1番ハイレベルな一戦。勝者は青のカオスマインさん。逆に赤のイノセンスさんは通常なら堂々1位のスコアながら、3人が1点差という大混戦の末、惜しくも3位に。

1回戦-カオスマインさん.jpg
1位 カオスマインさん29点:1点×5、6点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点、最多エリアボーナス3点

1回戦-ポートさん.jpg
2位 ポートさん28点:1点×1、3点×2、6点×1、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×4、最大ボーナス3点

1回戦-イノセンスさん.jpg
3位 イノセンスさん28点:1点×1、3点×4、6点×1、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点

【D卓】
1回戦-D卓.jpg
エルタイルズをプレイするのは初めてという赤のKAZさん、必ず上位に食い込んでくると予想している、黄のオトさんを抑えての勝利はお見事!

1回戦-KAZさん.jpg
1位 KAZさん25点:1点×1、3点×2、6点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×1、最大エリアボーナス3点

1回戦-オトさん.jpg
2位 オトさん23点:1点×5、3点×2、6点×1、シンボルボーナス3点×1、最多エリアボーナス3点

1回戦-おこめさん.jpg
3位 おこめさん17点:1点×2、3点×2、6×1、バースト0点×1、最大エリアボーナス3点

【E卓】1回戦-E卓.jpg
DDTの常連、オースギさんの参加により、3人戦×5卓というベストな大会になりました。その赤のオースギさんの勝利!エルタイルズは初めてという中村さんも大健闘!その中村さんから最後に重大発言がw

1回戦-オースギさん.jpg
1位 オースギさん23点:1点×2、3点×5シンボルボーナス3点×1、最多エリアボーナス3点

1回戦-中村さん.jpg
2位 中村さん20点:1点×2、3点×1、6点×1、バースト0点×2、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点

1回戦-よしひささん.jpg
3位 よしひささん15点:1点×3、3点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2、

■2回戦の様子
2回戦01.jpg


2回戦02.jpg


2回戦03.jpg


2回戦05.jpg


2回戦06.jpg


2回戦-08.jpg


2回戦-09.jpg
1回戦目から和やかな雰囲気の卓もあれば、始終静かに手番以外は得点計算している卓など、予想していた光景が見れました。

さあ次は大事な2回戦目!
前回勝利した5名はこのまま連勝して最終戦を迎えたいところ。

■2回戦の結果
【A卓】
2回戦-A卓.jpg
堂々の勝ちっぷり!黄のKAZさんは2連勝。

2回戦-KAZさん.jpg
1位 KAZさん27点:3点×4、6点×2、シンボルボーナス3点×1

2回戦-てちゅろんさん.jpg
2位 てちゅろんさん19点:1点×1、3点×5、最大エリアボーナス3点

2回戦-Giroさん.jpg
3位 Giroさん18点:1点×6、3点×2、シンボルボーナス3点×1、最大エリアボーナス3点(ボーナスチップの1枚は3点のエリアチップの間違い)

【B卓】
2回戦-B卓.jpg
惜しくも初戦を落とした、こちらもオースギさんと同様、DDTの常連さんで、私が優勝候補の1人に上げていた青のオトさん。1回戦のGiroさんと同じく、9エリアは大会ベスト。そして2位は1回戦で31点の大会ベストを出すも強敵に敗れ、連勝にならなかった黄のたるさんさん。

2回戦-オトさん.jpg
1位 オトさん30点:1点×6、3点×2、6点×1、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点、最多エリアボーナス3点

2回戦-たるさん.jpg
2位 たるさんさん25点:1点×1、3点×3、6点×2、シンボルボーナス3点×1

2回戦-イノセンスさん.jpg
3位 イノセンスさん22点:1点×4、3点×3、6点×1、シンボルボーナス3点×1

【C卓】2回戦-C卓.jpg
一足先に2連勝を決めたKAZさんに続き、黄のカオスマインさんも高得点で連勝。青のKさんは赤の中村さんと同点ながら、エリア数差で惜しくも3位。

2回戦-カオスマインさん.jpg
1位 カオスマインさん30点:1点×3、3点×3、6点×1、シンボルボーナス3点×3、最多エリアボーナス3点

2回戦-中村さん.jpg
2位 中村さん23点:1点×2、6点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点

2回戦-Kさん.jpg
3位 Kさん23点:1点×5、3点×2、シンボルボーナス3点×3、最多エリアボーナス3点

【D卓】
2回戦-D卓.jpg
赤のあきたけさんと黄のオースギさんの同点による1位争いは、エリア数の少なさであきたけさんに軍配。

2回戦-あきたけさん.jpg
1位 あきたけさん20点:1点×2、3点×3、6×1、シンボルボーナス3点×1(0点チップはシンボルチップが裏返ったため)

2回戦-オースギさん.jpg
2位 オースギさん20点:1点×5、3点×3、シンボルボーナス3点×1、最多エリアボーナス3点

2回戦-ポートさん.jpg
3位 ポートさん15点:1点×3、3点×1、6点×1、バースト0点×2、シンボルボーナス3点×1

【E卓】
2回戦-E卓.jpg
1回戦目からは10点近く上乗せし、嬉しい初勝利!エルタイルズは初めてという黄のおこめさん。

2回戦-おこめさん.jpg
1位 おこめさん26点:1点×2、3点×4、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点、最多エリアボーナス3点

2回戦-よしひささん.jpg
2位 よしひささん22点:1点×1、3点×4、6点×1、シンボルボーナス3点×1

2回戦-つかささん.jpg
3位 つかささん17点:1点×2、3点×3、バースト0点×1、最大エリアボーナス3点、 最多エリアボーナス3点

2回戦目も終わり、この時点で2勝はKAZさんとカオスマインさんのみ。
2人のうち、どちらか勝つとその時点で優勝決定。もし2人とも敗れると、2勝1敗同士の中で1番総得点の高い人が優勝。
最終戦は順番を変えて結果をお届けします。

■3回戦の結果
【E卓】
3回戦-E卓.jpg
ここは実力者、黄のオースギさんが1点差をものにし、2勝1敗で総得点は64点。上位入賞も狙える位置に。また2位は3位とはエリア数の少なさで赤のてちゅろんさん。これでてちゅろんさんは3戦全てほど良く2位という、ある意味、1番エルタイルズに相応しい結果にw

3回戦-オースギさん.jpg
1位 オースギさん21点:1点×6、3点×2、シンボルボーナス3点×2、最多エリアボーナス3点

3回戦-てちゅろんさん.jpg
2位 てちゅろんさん20点:1点×2、3点×2、6×1、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×1、最大エリアボーナス3点

3回戦-おこめさん.jpg
3位 おこめさん20点:1点×2、3点×4、6点×1

【D卓】
3回戦-D卓.jpg
2回戦目を落としたものの、ここで勝てば2勝1敗で、優勝争いに十分加わるだけの得点を叩き出している、赤のたるさんさん。しかし、この大会のために神戸から参戦して下さった青のGiroさんに一歩及ばず、26点で総得点は82点ながら1勝止まりで優勝争いから脱落。

3回戦-Giroさん.jpg
1位 Giroさん27点:1点×3、3点×4、シンボルボーナス3点×3、最多エリアボーナス3点

3回戦-たるさん.jpg
2位 たるさんさんさん26点:1点×2、3点×1、6点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点

3回戦-中村さん.jpg
3位 中村さん15点:1点×3、3点×1、バースト0点×2、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点

【C卓】
3回戦-C卓.jpg
優勝候補の黄のオトさん。きっちり最終戦も決め、2勝1敗で総得点は80点。カオスマインさん、KAZさんの上位2人が共に敗れると、総得点次第では優勝の可能性も!

3回戦-オトさん.jpg
1位 オトさん27点:1点×3、6点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2、最大エリアボーナス3点、最多エリアボーナス3点

3回戦-ポートさん.jpg
2位 ポートさん24点:1点×3、3点×2、6点×1、シンボルボーナス3点×2、最多エリアボーナス3点

3回戦-Kさん.jpg
3位 Kさん14点:1点×5、3点×1、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×1、最多エリアボーナス3点

【B卓】
3回戦-B卓.jpg
なんと最終戦で赤のカオスマインさんが、伏兵黄のあきたけさんに1点差で敗れ、この時点で2勝1敗が6名に。ただカオスマインさんの総得点84点は揺るがず、A卓のKAZさんが敗れた場合、33点以上獲得でKAZさん、32点で同点、31点以下だとカオスマインさんの優勝が決定。

3回戦-あきたけさん.jpg
1位 あきたけさん26点:1点×2、3点×4、6点×1、シンボルボーナス3点×1、最大エリアボーナス3点

3回戦-カオスマインさん.jpg
2位 カオスマインさん25点:1点×4、3点×3、6点×1、シンボルボーナス3点×1、最多エリアボーナス3点×1

3回戦-よしひささん.jpg
3位 よしひささん20点:1点×2、3点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×3、最大エリアボーナス3点

全15戦の熱戦の末、『第1回★DDT エルタイルズ大会』の栄えある優勝を手にしたのは...

【A卓】
3回戦-A卓.jpg
初めてとはとても思えない、堂々としたプレイで最終戦も1点差で勝利し、見事無傷の3戦全勝、黄のKAZさんでした!!

3回戦-KAZさん.jpg
1位 KAZさん27点:1点×3、3点×4、6点×1、シンボルボーナス3点×1、最多エリアボーナス3点

3回戦-イノセンスさん.jpg
2位 イノセンスさん24点:3点×5、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×1、最大エリアボーナス3点×1

3回戦-つかささん.jpg
3位 つかささん16点:1点×4、3点×2、バースト0点×1、シンボルボーナス3点×2

大会の順位表はこちら

大会説明、ゲーム説明等を含め、約3時間という長丁場の中で繰り広げられた熱戦は、大会場所としてお店のプレイスペースを使わせて下さった、DDTの店長ちむさんを始め、参加者の方々の御協力のおかげで、無事終えることが出来ました。

景品配布-1.jpg
この後、優勝者のKAZさんによる、DDT恒例の、20面ダイスの出た目で賞品がGET出来るダイス振り!
私の方で優勝賞品以外9名分は用意させて頂いたのですが、店長ちむさんのはからいにより、なんと全員に賞品が行き渡ることになりました。

ドワーフの城塞オモテ.jpg


ドワーフの城塞ウラ.jpg
それから、昨年のゲームマーケット秋にて購入。唯一ポストカードゲーム企画枠から、Table Game in the World新作評価アンケートでベスト10入りされた、ヴォーパルス、ダンジョンオブマンダムの作者、I was game カレーさんの1人用ストラテジーゲーム 『ドワーフの城塞』を参加賞として全員に配布させて頂きました。

この作品は購入した全ての作品の中で1番プレイした作品で、ハガキ1枚にこれだけの要素が詰め込まれており、ゲームマーケット大賞にも選出されましたので、初めての方には1度プレイして頂けたらという想いからです。

優勝賞品.jpg
そしてなんと優勝者には、DDTの全商品(中古作品と委託作品を除く)から好きな作品を1つ頂けるということで、KAZさんが選んだのは、今話題の 『マルコポーロの足跡』でした。
※N2さんによるマルコポーロの足跡の攻略記事は必見!

【総評】
このイベントを企画する上で、特に悩んだのが参加人数と順位付けでした。当初はカルカソンヌと同じ2人戦のスイスドロー方式も考えたのですが、エルタイルズをプレイするのが初めての方も経験者も同じように楽しんで頂きたかったので、時間的に2人プレイより時間が掛るものの、少しでも考える時間がある3人戦、しかも制限時間を設けないという形が良いと判断し、とにかく3の倍数の参加人数になるように祈り続けていた想いが実りました。
ただ、果たして制限時間を設けずに時間内に全試合終わらせられるのか、という不安もあったのですが、1試合が早い卓で30分以内、遅い卓でも45分以内には終わっていたので、3人戦で最後まで開催できたことは大収穫です。

全15試合全てにドラマがありました。

序盤から10ブロックエリアを狙いに行き、バーストの洗礼を受けた方。
同点でエリア数が1つ多かったために涙を飲んだ方。
逆にエリア数を減らし、シングルボーナスで得点を稼ぐ方。
とにかく小さいエリアを増産し、最多エリアボーナス差で勝つ方。
健闘空しく初勝利がお預けになり、思わず「このクソゲー、買いますわ!」と大会終了後、基本+拡張セットを購入して下さった方w

7点から31点と獲得得点は様々でしたが、全体的には接戦が多くて見応えがある試合が多かったです。

また、このイベントでお店のメンバー会員も増えたようで、少しは店長のちむさんとお店に恩返し出来たかと。あとイベント後にエルタイルズもたくさん購入して頂けたので大成功だったと思います。

とにかく初めての試みだったので、記録を残したくて写真を撮るものの、写真の整理と得点計算に誤りがないかの再確認が大変でしたがようやくUP出来ました。

次回開催の許可も店長のちむさんから頂けたので、またその時期が来ましたらお知らせしたいと思います。

posted by かぶけん at 00:43| Comment(0) | エルタイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

「第1回★DDT エルタイルズ大会」のお知らせ

久しぶりの更新になります。
ゲムマ春も無事終わり、先日はイエローサブマリンなんば店様にて開催された『国産アナログゲーム体験会』に参加して来ました。
参加されたサークルさんはゲームNOWAの他、MoBGAMESさん、こっち屋さん、チキンダイスゲームズさん、昼夢堂さん、サークルないつおさんの6サークル。

YS-04.jpg
ゲームNOWAからは定番のエルタイルズ基本+拡張セット、新作VIVA!ココノッツ。

YS-05.jpg
チキンダイスゲームズさんの大ヒット作のエイジ・オブ・クラフトシリーズ。

YS-06.jpg
ないつおさんの超高速ファンタジーTRPG 30分勇者

YS-07.jpg
こっち屋さんの酔いどれメデューサカミムスビ

YS-09.jpg
昼夢堂さんのオワタ市の腹黒市長

YS-01.jpg
スタート時は既にお待ちの方々がおられ、最初は軽いゲームが良いということでVIVA!ココノッツ4人戦をインスト。

YS-02.jpg
エルタイルズ4人ペア戦。

YS-08.jpg
こちらでは大好きなこっち屋さんのモリヤミクスが。

YS-03.jpg
昼夢堂さんのオワタ市の腹黒市長は大人気で2回立っていました。

なお主催のMoBGAMESの宮野さんは体調不良のため数時間後からの参加となり、今回参加されたサークルさん以外の作品、BakaFire Partyさんのフラムルルイエオインクゲームズさんの海底探検トロル等もインストされていました。

YS-11.jpg


YS-12.jpg
その後、VIVA!ココノッツ、エルタイルズは3人戦。こちらも全員初めてのプレイでしたが、シンボルボーナスが1つも取れないという白熱した一戦でした。

YS-10.jpg
唯一遊べたのが30分勇者。
作者犬月パクマンさんの流暢な語りで始まる「よくぞ来てくれた勇者よ!人類が滅亡するまで残り30分だ!」という30分間の英雄譚がドキドキ。(TRAPG初体験でした)
プレイヤーはランダムにイベントが起る手番を順番に、イベントの判定は対応する能力値で行い、成功すればイベントクリアで勝利点を獲得できるという、30分以内に魔王を倒すことを目指すTRPGです。
30分勇者はコスパが非常に高く(300円w)、短時間でTRPGが楽しめるのもイイですね!

体験会は13時から19時まででしたが、後日イエサブなんば店の店長さんから、体験会に参加された方がエルタイルズを購入して下さったという、嬉しいお話も聞かせて頂けたので、このイベントに参加出来て良かったです。
また、7/26(日)にもイエローサブマリンなんば店様」にて『国産アナログゲーム体験会』
が開催されます。参加を希望されるサークルさんや企業様はこちらを。

さて、本題の「エルタイルズ大会」の告知です。

【作品紹介】
LT-01.jpg

2〜3人用(拡張セットを加えると4人まで) / 対象年齢7歳以上 / プレイ時間20〜30分(長考なしの場合)

LT-02.jpg
エルタイルズは、自分の手番に手札となる5枚のL字型のタイルから、盤面のタイルと「辺」が接するように1枚置き、全員がタイルを全て置き切るとゲームが終了という、非常にシンプルなルールです。

LT-03.jpg
ゲーム終了時に、自分の担当する色の面積に応じて点数が入るのですが、「小さくもなく、大きくもない、程良い広さ」が最も高得点(6点)になります。当然各プレイヤーは自分の色を、その「程良い広さ」にしようとするところに、このゲームの面白さがあります。

LT-04.jpg
自分の色を程良い広さに収めつつ、敵の色の広さに介入し、願わくば失点させたい、しかし手持ちのタイルがそうはさせない、といったジレンマに悩まされつつも、L字型というタイルの形状を上手く利用し、ボーナスにも狙いを定めながら高得点を目指しましょう。

LT-05.jpg
内容物:タイル72枚 /タイルスタンド3本/ 得点チップ60枚 / ルール説明書/※拡張タイル9枚

【第1回★DDT エルタイルズ大会】
開催場所:ボードゲーム&フィギュアショップDDT様 
開催日時:6/27(土)14時〜17時
参加人数:最大18名(3の倍数の参加者だと3人戦を3試合、それ以外は3人戦と2人戦が混ざる3試合)
その他:参加費、賞品等につきましてはこちら

今回の大会に合わせ、以前からご要望のあったタイルパターン図も作成しました。
自由にご利用下さい。

大会のルールについてはこちら

              
【エルタイルズを遊んで頂いた感想】
おヒマならボドゲでも〜略してヒマボド?〜
ゴクラキズム
ボードゲームランド
じぶんでじふんの影を踏みながら帰るのです
Lupin’s Weblog 単なる酔っ払いの戯言
部屋とボードゲームと私と酒と泪と男と女
mamag3’s diary
狭くて浅いやつら
ペガの屋根裏部屋
BOARD GAME in KOCHI
ショーナンロケッティアズ STAND ALONE BLOGLLESIV
フランとアバンと仲間たち
※「ペガの屋根裏部屋」様の番組内では30:30過ぎから紹介して頂いています。
※「フランとアバンと仲間たち」様の番組中での説明にある、エリアやシンボルのつながり方ですが、正確にはタテ、ヨコ、又はタテヨコです。
※エルタイルズは初版時:1500円、現在のGM価格:2000円、ショップ価格:2500-2600円

posted by かぶけん at 10:33| Comment(0) | エルタイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

ゲームマーケット2015春に参加してきました。(当日編)

(当日)

約4時間ほど睡眠を取って7時前に起床。
7時半前にいつものホテルをチェックアウト後、近くのコンビニで朝昼用のパン・おにぎりを購入し、ゆりかもめで会場となるビッグサイトへ。

ビッグサイト-01.jpg
今回も人が多そう。

行列-04.jpg

行列-05.jpg
やっぱりw

まぁ、出展側なのでこの点だけはいつも出展側で良かったと思います。
会場入りすると、まずは島ごとに分けられて一まとめにされた荷物から、自分たちの荷物をブースまで運ぶことに。
うちのブースに超委託された大門さいころ倶楽部のひかりんさんはまだ到着されておらず、出来る限り先に1人で準備をしていると、30分後くらいに本人も到着。
ただ全部で段ボールが6箱あってその半分が結構大きく、バックヤードが大変なことになりかねないので、箱から中身を出して段ボールをつぶすことで、何とか身動きが取れるように。

ブース-01.jpg
事前に2人で9作品(うち委託が6作品)もあるのをどう設営するのが良いか悩んだ挙句、こんな感じになりました。

価格表-00.jpg
こんなのも用意しましたが果たして結果はどうなるのか。

今回のお隣は喧嘩読みサービスでもお世話になっている、ガーデンゲームズさん。

昨年リリースされてあっという間に完売し、今回、長谷川登鯉さんのアートワークによって、新版として甦ったガーデンゲームズの樫尾さんの「アムステルダムの運河」の実物を目のあたりにしましたが、素晴らしいの一言。樫尾さんのアイデアと長谷川さんの細部に渡るこだわりがコンポーネントに現れています。

開会時間前に長谷川さんと一緒にいらっしゃったおさむさんから、取り置き予約していたもぐらのすごもりも受け取り、いよいよスタート!

そしてまさかの事態が…

ブース行列-01.jpg

ブース行列-02.jpg

ブース行列-03.jpg
実はこれ、有難いことに「ぜひゲームNOWAさんにお願いしたいんです!」と委託して下さった、jun1sさん(うずまきスイッチ)のくだものあつめの行列です。
取り置き予約は受け付けていなかったのと、限定50個という持ち込み数だったこともありますが、それでもくだものあつめの人気は凄かったです。
同じ島のPower9Gamesのnineさんの「かぶけんさ〜ん、行列がえらいことになってますよ〜」と呼びかけて下さったおかげで、大きな事故も起きなくて済みました。
初めて行列整理というものを体験している間、ひかりんさんは1人でブースを切り盛りされていたので、本当に大変だったと思います。

完売-02.jpg
結果はこれ。30分
ただこの後は嵐の後の静けさで、さきほどの行列が嘘のように消えてなくなりました。

それとは逆にお隣のアムステルダムの運河は順調に売れていて羨ましかったです。(結果は完売とのこと)

落ち着いたブースにしばらくすると、以前、ゲームデザイナーのライナー・クニツィア氏が来日された際に、通訳をされていたけがわさんが、長身の外国人の方と一緒に来られました。

エリック・マーティン-01.jpg
何とこの方がBoardGameGeekの運営者、エリック・マーティン氏で、こんな機会は2度とないと思い、ひかりんさんに1枚お願いし、英語マニュアルを用意していたエルタイルズ、VIVA!ココノッツ、真説大蛇のえじきをエリックさんにプレゼントしました。

エルタイルズは以前から英語マニュアルは用意していても活用出来ず、VIVA!ココノッツに関しては印刷が間に合わず、約20部用意しただけでしたが、こういう機会があって良かったです。

この2作品はBGGにも登録して頂きました。
エルタイルズ
VIVA!ココノッツ


またVIVA!ココノッツは有志の方にイメージ動画も作って頂きました。

エリック・マーティン-02.jpg
よく見るとエリックさんの首元には大気圏内ゲームズさんの最新作「ブレーメンズ」のスタPマーカーにもなっている、おしゃれな缶バッジが。
実は後でこのことを大気圏内ゲームズのドーゲンさんに話したら、運良く頂けましたw

その後、ひかりんさんに、「ブースの方は大丈夫なので、かぶけんさんは先に予約品の回収に行ってもらって良いですよ!」と言ってもらったので、用意していたトートバッグを4つ持って回収に。

これがまた大変で、予約した数が多過ぎたため、全て回収するのに2時間近く掛かってしまい、ひかりんさんだけでなく、お隣のガーデンゲームズさんのひろむさんにもお手伝い頂く形になってしまったようで申し訳なかったです。

そんなわけで他のブース写真など撮る余裕は殆どありませんでした。

ひつじとどろぼう.jpg
行列整理でお世話になったPower9Gamesさんのひつじとどろぼう、そして拡張「黄金のひつじ」はよく売れたそうで、その秘密はこちら♪で。

じょだんじょ!-02.jpg
MoBGAMESの宮野さんのブースで超委託されていたcarrolさんのデビュー作、じょだんじょ!のブース設営が素晴らしくてテーマにもぴったりでした。
この作品のイラストはVIVA!ココノッツのイラストも手掛けて下さった、わとさん。ミニ黒板のイラストもわとさん直々によるものとのことでした。

なお、じょだんじょ!は初出展ながら見事完売されたようで、おめでとうございます!!

ラブリー会-02.jpg
毎回少部数ながら全て手作りでファンも多い、ラブリー会創作ボードゲーム研究室さん。今回もやってくれましたw
こちらの新作、キッキの魔法宅急便(どっかで聞いたことのあ、いや無いw)も見事完売!!

ラブリー会-01.jpg
そんなラブリー会の作者、Yabeさんはこんな方ですw

徳じろー商店.jpg
今回初出展の徳じろー商店さん。
Square×Square(スクエア×スクエア)は隠匿要素のある2人対戦用のアブストラクトゲームで、前半は4×4の盤面にそれぞれ6個の駒(自色4つ、他色2つ)を互いに置いていき、後半はパズルのように駒を移動させて、スクエア(同じ色の4つの塊)が完成していると予想したら、その中央にフラッグを突き立て、その判定によって得点を競います。また1ゲーム(最大6回戦)は約10分くらい終わるので手軽に楽しめます。
コンポーネントが申し分なく美しくて一目惚れし、事前に取り置きをお願いしたくらいで、これを通じて徳じろーさんとはその後も親しくさせて頂いています。

この他にも沢山のブースの作者さんと受け取りの際に言葉を交せて良かったです。

そしてようやくブースに戻ると、今度はひかりんさんが私と入れ替わりに予約品の回収に。

完売.jpg
その後はずっとブースに入り、委託作品のくだものあつめのような完売にはほど遠かったものの、ゲームNOWA作品を始め、他の委託作品もお買い上げ頂けて嬉しかったです。
ただ、やはり9作品は多過ぎて作品の内容物が広げられなかったことや、試遊卓が無かったため、ゲーム説明だけでは作品の魅力を伝え切れなかったのが残念でした。

momiさん&ひかりん-05.jpg
ひかりんさんが予約品回収から戻ってくると、今や一番人気のボードゲーム系Podcast、ほらボド!のパーソナリティ、momiさん登場。

番組のインタビューに大忙しにもかかわらず、疲れを殆ど見せないmomiさん、さすがです!
このゲームマーケットの模様はこちら♪

その後、閉会時間が近づいてきたのですが、、予約回収分についてはとても手に持って帰れる量ではなかったので、持ち込んだ作品と一緒に大型段ボールに詰め込み、ゆうパックで発送手続きを済ませました。

こうして今回のゲームマーケットも無事終了。
後日主催のアークライト社からの発表によると、参加者数は約8500人とのことでした。

運営スタッフの方々、出展者の方々、お疲れ様でした。
ゲームNOWAブースにお立ち寄り下さった方々、有難うございました。
ブースを手伝って下さったひかりんさん、ひろむさん、お疲れ様でした。
最後に作品を購入して下さった方々、本当に有難うございました。今も感謝の気持ちでいっぱいです。

ビッグサイト-02.jpg
閉会後は、帰りの新幹線が同じ時間帯だということで、ひかりんさんと反省会を兼ねて夕食をご一緒するつもりで東京駅まで向かったものの、GW中ということもあり、移動や開いているお店を探すのに時間を費やしてしまい、残念ながら僅かな時間で軽食を済ませただけでした。

今後の予定は可能なら秋も出展したいと考えていますが、今はゆっくり休みたいです。

【今回の全戦利品】
戦利品-09.jpg


【戦利品その1】
戦利品-01.jpg
ペッパー/テンデイズゲームズ、Ranka/TANSANFABRIK、バオバブ/Hemz、Rights/オインクゲームズ、フラムルルイエ/BakaFire Party、ヴァス・シュティッヒ/NEW GAMES ODER、Kigi/ゲームフィールド、猿道/ワンドロー

【戦利品その2】
戦利品-02.jpg
まっぴ〜!/なまはむ、ミネルファ/OKAZU brand、ルーデンスのかきかた/倦怠期、あてずっぽ殺人事件/タガミゲームズ、原始人の版餐/タガミゲームズ、ゴー・ダッ・チーズ/OKAZU brand

【戦利品その3】
戦利品-03.jpg
空母対空母 決戦カクーノ沖海戦 帝国&合衆国/こげこげ堂本舗、Square×Square/徳じろー商店、Quadra/吉々庵、神九/緋色の兎亭、きょうあくなまもの/Studo GG、憑者/イルガング

【戦利品その4】
戦利品-04.jpg
SUPER ABUDUCTION/Manifest Destiny、ダイヤキング/Manifest Destiny、達人/Manifest Destiny、すぺーす・ぺっとしょっぷ/をしだや、へんしんパニック/ボーカ―ゲームズ、長征/鯖書店、アマゾンの度胸だめし/をしだや、
心霊写真/Projection Card、ALL GREEN/しのうじょう、ブレーメンズ/大気圏内ゲームズ

【戦利品その5】
戦利品-05.jpg
しまんちゅ/イリクンデ、15○9×/カワサキファクトリー、TETRA COMBO/カワサキファクトリー、団扇と小槌/Table Cross、パクパクパーク/カワサキファクトリー、光ネッサンス/ゲーミフィJAPAN、パイレーツコードU/かぼへる、ひらがなセンテンス/YACO PRODUCTS、猛牛が倒せない/こたつパーティ、CITRUS×CITRUS/こたつパーティ&YACO PRODUCTS

【戦利品その6】
戦利品-07.jpg
ひとひら/桜遊庵、PAIR×BEAR/MoBGAMES、酔いどれメデューサ/こっち屋、カミムスビ/こっち屋、バトルク/ショーナンとダンゴ、6つ子7組/ショーナンとダンゴ、アムステルダムの運河/ガーデンゲームズ、シラストピア/ショーナンとダンゴ、じょだんじょ!/MoBGAMES、鋼鉄と火薬/Moaideas Game Design、ひつじとどろぼう拡張 黄金のひつじ/Power9Games

【戦利品その7】
戦利品-06.jpg
もぐらのすごもり/さとーふぁみりあ(ワンモアゲーム!委託)、うかい/decmee、Patterns//decmee、リア充爆発しろ!!/楠本舗、ポケット&ビスケット/米光と優秀なゲームデザイナーズ、イチかバチか/サイ企画、マスターレス人狼/TSUTTE!

【戦利品その8】
戦利品-08.jpg
HONNOJIついたて、ウサギの本1・2、ショーナン得点ボードシート(裏面)、ショーナンしおり2種、漢字狩り、CITRUS×CITRUSのペアセットパーツ、キリンのトランプ本、一番槍スタPマーカー、イチかバチ スタPマーカー、イルガング印 オリジナル木製マグネット、GAME JAMBOREE、ロストレガシー用プロモ(ロストレガシーマスター:歌らん)、成敗プロモカード(建部申明)、ヴァンパイアレーダー アップグレードキット&ついたて、ヴァンパイアレーダー the Noise(拡張)、まっぴ〜!ダンサー特製キラカード、LIAR MAFIAマニュアル×2、猿道用プロモ(ハワイ)、フラムルルイエ プロモカード(鑑識官)、しまんちゅプロモカード(天文台)、ボードゲームコマ iPhoneケース、STEAM WARSサマリー&ロボット駒置き、Ranka用爛罫紙、ブレーメンズ缶バッジ、decmeeステッカー、放課後さいころ倶楽部ステッカー、Rolling Japan追加メモシート、猿道缶バッジ3種、ポケット&ビスケット缶バッジ3種、ゴー・ダッ・チーズ缶バッジ3種

【今回頂いた名刺】名刺2.jpg


posted by かぶけん at 19:23| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲームマーケット2015春に参加してきました。(前日編)

遅ればせながら先日のゲムマ春の模様です。

(前々日)
この時点でゲムマの準備で既に二徹。さらに、取り置き予約の告知が遅かったせいもあり、今回はかなり少な目でしたが、VIVA!ココノッツにちなんで「9番目」の方に、まだ製品化するかどうか分かりませんが、6人まで遊べる「拡張キット」のテスト版を特別予約特典としてお付けしようとギリギリまで作業していましたが、いつものごとく、高速バスの出発時間に何とか間に合いました。

(前日)
新宿駅.jpg
相変わらず窮屈なバス内と持病の体の痒み等で中々眠れず、そのまま新宿に到着。

そば処.jpg
朝方は少し肌寒かったので暖かいものが食べたくなり、目についた蕎麦屋さんで朝食。

そば.jpg
紅生姜が良く効いた、わさび菜紅生姜定食。これは美味しかったです。

その後は喫茶店等で時間を潰し、目的のゲーム会会場に向かうことに。

この日は行きたいゲーム会が複数重なっていたのですが、美夏さん主催の「み会」に参加しました。

到着すると既に熊本のボートゲーム専門店、ゲームフィールドのnasika店長ご夫妻も到着されており、今回のゲームマーケットで発売される、Kigi-きぎ-がちょうど遊ばれているところでした。
今日は何度も立つだろうから、また遊べるだろうと高を括っていたのが間違いでしたw

気を取り直し、まずはいつもお世話になっている、うぃりあむさん、先日のゲムマ大阪の新作評価アンケートで「王宮の歩き方」に続き、見事第一位に輝いた「七つの紋章、七つの部族」の作者、操られ人形館の常時さん、このみ会で初めてお会いした、しのさんの4人でVIVA!ココノッツ。

ココノッツ-01.jpg
最初はヴァリアントルールにしようかと考えている「トップバッティングありルール」で。
このゲームは相手と同じ数字を出すと、そのラウンドから脱落するのですが、このルールでは、被った数字がそのラウンドで1番大きかった場合に限り、そのラウンドの勝者となり、対象のプレイヤーはそれぞれ自分のサルチップを1枚、ヤシの実カードの上に置くことが出来ます。(通常ルールでは1人しか置けません。)
4人中3人がリーチ、残り1人も中央を獲ると逆転勝ちという大接戦の末、最終ラウンドの勝者の私が揃ってインスト勝ちしました。

ココノッツ-02.jpg
そのあと、今度は通常ルール(5差あり)で。
こちらも全員に勝ち目がある状態で最終ラウンドまでもつれ、何と全員が16でバッティングw
最終ラウンドの持ち越しはないため、ラスナッツに描かれた、一番小さい数字に対応しているヤシの実を獲得していた、うぃりあむさんの勝利でした。
このあと遊んで下さった皆さんに、どちらのルールが良かったか伺ったところ、全員が後者の通常ルールでした。ただ、もしこのゲームを6人くらいまで対応出来るようにするなら、前者のようなルールになりそうです。

ラブレター(HOBBIT版)-01.jpg
次はうぃりあむさん持ち込みのラブレターホビット版。
こちらはオリジナル版とはいくつか変更点があります。
【3】騎士のカードの能力が、「数字が高いと勝ち」と「数字が低いと勝ち」の2種類になった。
【0】という捨て札時には何の効果もないものの、ゲーム終了時には【7】として扱われるカードが増えた。

オリジナルの良さを損なわず、その原作の世界観にあったルール変更が成功した、良い例だと思いました。

パンデミック:CURE-03.jpg
次もうぃりあむさん持ち込みのパンデミック:CURE。
各プレイヤーはそれぞれ専用のキャラクターのダイス5個を振って、出た目のアクションを行います。振り直しは何度でも出来ますが、バイオハザードの目だけは、振り直しが出来ないようになっていて感染レートが進んで行きます。
本家のパンデミックは未プレイですが、周りの評判も良く、上手く簡略化が成功しているダイスゲームという印象でした。
ちなみに今回は世界を救うことはできませんでした。

料理-01.jpg
キッチン付きの会場だったので、つかささんの手料理を頂きました。

ヨーグルト酒.jpg
また色んなお酒もあったのですが、唯一飲んだヨーグルト酒がとても美味しかったです。

ROLL for it!-02.jpg
こちらはねんそさん持ち込みのROLL for it!。
場にある3枚のカードに描かれたダイス目と同じ目が出れば、カードを獲得してそこに記載されている数字が得点になり、誰よりも早く40点に到達すれば勝ちというダイスゲームです。面白いのは全員が同じカードに置くことが出来るので、その時全ての目が出なくても、次の自分の手番で誰よりも早く残りの目を出せれば、そのカードを獲得出来るところです。
小さいお子様でも遊べますし、大人同士でも熱くなれます。あとダイスやカードが豪華なのがとても良いです。
現在、Android版のアプリでも遊べるようです。

みんなバラバラ-02.jpg
こちらはマサイキリンさん持ち込みのみんなバラバラ。
色んな遊び方があるのですが、基本は同じ色や形のものに接しないように、一斉に手札を出していくのですが、中々難しいです。イラストが良く、カードも厚みがあって遊び易かったです。

チキンフット-03.jpg
こちらもマサイキリンさん持ち込みのドミノW9でチキンフットを初めて遊びました。ちなみに3人戦(手札=15枚)です。
以前からドミノの中でも人気の高いゲームだということだけは知っていたのですが、これは中毒性が半端なかったです。

特にW牌の縛りや出せる牌があれば必ず出さないといけないルールが良いですね。

詳しくはマサイキリンさんのブログを。
また、便利なスコアシートもあるので、ねんそさんのブログを。

またドミノ牌で42という、4人ペア戦のトリックテイキングゲームも遊びました。
W6牌の28枚を7枚ずつ持ち、プレイ前に何点(最低:30点、最高:42点)取れるか宣言していき、宣言に競り勝ったプレイヤーが切り札を決めます。

得点になるのは、目の合計が5または10の牌を取った時で、例えば、0-5・1-4・2-3・4-6・5-5を取った場合、35点がその得点になります。

牌は切り札の目を含む、7枚が切り札スートに属され、他のプレイヤーは同じスート(切り札で無い)の牌があれば、それを出さなければなりません。
なお、同スートではW牌がもっとも強く、シングル牌はその目の合計が多いほど強くなっています。

宣言した以上の点数が取れた場合は、宣言側が1マーク、取れなかった場合は相手側が1マークを得ます。
先に7マークを得た側が勝ちになります。(Wikipedia丸写しw)

トリテ好きは勿論のこと、トリテ初心者でも楽しめる、先程のチキンフットと同じように中毒性のある良いゲームだと思います。
詳しい内容はこちら

ペアーズ-02.jpg
最後に遊んだのが、マサイキリンさん持ち込みのParis(ペアーズ)。

元はチーパス社のサイトでルールやデザインが配られていて、その製品版がKickstarterで募集されたようで、現在10種類近くあり、幾つか個別ルールが付いたものもあるようです。カード構成は、カードに描かれた数字とカードの枚数が同じになっていて「10」まであるので全55枚です。
今回は「ゴブリンポーカー」というルールを8人で遊びました。

ラウンドの最初に、プレイヤー全員が1チップ支払い、受け取った手札から1枚選んで自分の目に出してゲームがスタート。
このゲームは「同じ数字が2枚になったら脱落」するので、各ラウンドの開始時にゲームから降りることが出来るのですが、その場合、場に出ている一番小さな数字分のチップを払わなければなりません。
そのラウンドに参加するプレイヤー全員が出したカードをディーラーが回収した後、良く混ぜ、最も小さいカードを持っているプレイヤーから順番にカードを表向きで1枚ずつ渡します。

カードの受け取りの際、同じ数字のカードが既に自分の前にあれば脱落で、その数字分のチップを払わなければなりません。

これを繰り返して、最後まで残れたら、最初に支払うチップや脱落の際に払われたチップ等、全部のチップを獲得出来ます。

チップの出入りが激しく、ワイワイ言いながら盛り上がるゲームで、これは今後もまた遊びたいですね。

詳しくはこちらで。

み会.jpg
今回のみ会で遊ばれたゲームの数々。

エル・ソール-01.jpg
この後、会場を近くのメキシコ料理店に移し、ゲムマ前日恒例、うぃりあむさん主催の「なし会」

エル・ソール-02.jpg

エル・ソール-03.jpg
店内はメキシコチック(当たり前w)でとても雰囲気が良いです。

総勢18名で、操られ人形館の常時さん、COLON ARCのたなやんさん、Spieldisorderのハイライフさん、YACO PRODUCTSのyacoさん、といったゲーム製作者も参加される、豪華な懇親会になりました。

特にたなやんさんの、今までのゲーム製作話や、つい最近までメキシコにおられた時の話が面白かったです。

エル・ソール 料理-01.jpg

エル・ソール 料理-02.jpg

エル・ソール 料理-03.jpg

エル・ソール 料理-04.jpg
料理はどれも食べやすい辛さで美味しく頂きました。

Kigi-01.jpg
み会ではタイミングが合わず遊べなかったKigiも、ゲームフィールドのmikiさんのインストで遊べました。自分の木以外の、相手の木にもカードを配置して得点出来たり、一定枚数以上配置すると枝が折れてしまったり、高得点が得られる様々なお題カードがあったりと、中々良く考えられています。
初プレイでは、枝は伸びるも得点が伸ばせず惨敗でしたが、またすぐに遊びたくなるゲームでした。

このお店でのなし会は2度目でしたが、今回も美味しい料理と会話が楽しめて良かったです。

お開き後はひげくまごろさん夫妻と宿泊先の最寄り駅までご一緒でした。

明日はいよいよゲームマーケット!!

posted by かぶけん at 09:33| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

ゲームマーケット2015春のおしながきと取り置き予約について

お久しぶりです。
いよいよあと10日後に迫った「ゲームマーケット2015春」ですが、ようやく告知出来る運びとなりました。
出展内容は、
・Joynt Game Factoryさん:「真説大蛇のえじき」「AYASU」
・大門さいころ倶楽部さん:「戦国少女絵巻 彩」「エンパイア・ジェネシス」「きのこたけのこ仁義なき戦い(2種カードゲーム企画)」
・うずまきスイッチさん:「くだものあつめ」
の計6作品の委託を受け、
ゲームNOWA作品の「エルタイルズ基本セット」「エルタイルズ拡張セット♯1」「VIVA!ココノッツ」と合わせて全9作品になります。

【おしながき/委託分】

大蛇のえじき.jpg
■真説大蛇のえじき(2500円)
真説大蛇のえじきのマニュアルはこちら (オモテ)(ウラ)
 
AYASU.jpg
■AYASU(1500円)
AYASUのマニュアルはこちら

戦国少女絵巻 彩.jpg
■戦国少女絵巻 彩(1800円)
詳細についてはこちら

エンパイア・ジェネシス.jpg
■エンパイア・ジェネシス(1500円)
詳細についてはこちら

くだものあつめ.jpg
■くだものあつめ(1800円)
詳細についてはこちら

【おしながき/ゲームNOWA】


■エルタイルズ基本セット(GM価格2000円)エルタイルズ-00.jpg
エルタイルズ基本セットのルールはこちら

■エルタイルズ拡張セット(GM価格700円)LTEX-BOX-01.jpg

LTEX-SAMPLE-01.jpg
※こちらはエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

エルタイルズ拡張セット Series:1のルールはこちら

エルタイルズ4人ペア戦のルールはこちら

■エルタイルズソリティア(エルタイルズ関連作品の予約特典/現在少部数のため先着20名様限り)

LTS-01.jpg

エルタイルズ ソリティアのルールはこちら
※こちらもエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

箱オモテ-02.jpg
■VIVA!ココノッツ(GM価格2000円)

VIVA!ココノッツの新マニュアルはこちら(先日のゲームマーケット2015大阪終了後、より快適に遊んで頂くために加筆修正しました。)

VIVA!ココノッツの英語マニュアル(The English rulebook for "VIVA! Coconots")はこちら("Click")(追記:2015.4.29)


遅くなりましたが取り置き予約については、ゲームNOWA作品のみとさせて頂きます。
尚予約の締切は5/3(日)中とし、規定数に達した場合はその時点で終了させて頂きますことを御了承下さい。

【予約方法】
・お名前
・対象品:エルタイルズ基本セット、エルタイルズ拡張セット♯1、VIVA!ココノッツ
・数量(お一人様1個とさせて頂きます)
を明記の上、
こちらのTwitterアカウント にDMを送って頂く、
もしくは
kabuken215(あっとまーく)gmail.com
(あっとまーくを@に変えて下さい)までご連絡下さい。
確認後の返信に予約番号をお伝えしますので、受け取りの際にお名前と予約番号をお願い致します。
尚、取り置きは15時までとさせて頂きます。
posted by かぶけん at 18:51| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

VIVA!ココノッツの改訂ルールについて

箱オモテ-02.jpg

先日のゲームマーケット2015大阪でリリースした、新作「VIVA!ココノッツ」ですが、遊ばれた方から、「マニュアルが分かり辛い」、最も数字が大きいカードと2番目に数字が大きいカードの差が「5以上」なら、2番目に数字が大きいカードを出したプレイヤーが、そのラウンドの勝者になる、という「5差ルール」が難しいとの意見がありましたので、今回改めてルールを一つ一つ検証していき、どなたでもスムーズに遊んで頂けるように仕様変更しました。

【大きな変更点】
・旧マニュアルでは基本ルールだった「5差ルール」を選択ルールに、選択ルールだった「スマートルール」(5差なしルール)が基本ルールになり、「5個ノッツルール」は「3×3」のタテ・ヨコ・ナナメのいずれか1列以上揃えるという目的からズレるため、外すことになりました。

・獲得したヤシの実カードは裏向きにし、その上にラウンドの勝者のサルチップを置くことで視認性を良くしました。

・全てのヤシの実カードについて、「効果の発動タイミング」も一覧表に追記し、ヤシの実カードの効果の説明もより分かり易く記載しました。

・ヤシの実カードの効果がアイコンだけでは分からないとのご指摘があり、簡単なテキストシールも作成しましたので、カードに貼り付けた後の劣化が心配な方は、カードスリーブ(内寸:90mm×66mm)等に入れて頂けると大丈夫かと。
尚、効果の発動タイミングや効果の詳細については、マニュアルの最後のページに記載されているヤシの実カード効果一覧表を確認して下さい。

ヤシの実シール-01.jpg
《ラスナッツ》以外のヤシの実には《ココナッツ》の同じ位置に、《ラスナッツ》については両面もしくはウラ面(8方向に数字が描かれた面)に貼って下さい。

この新しいマニュアルによって、一人でも多くの方に楽しんで頂けたら幸いです。

また、数に限りがありますが、この作品は5月の「ゲームマーケット2015春」にも出展致しますので、確実に入手したいとお考えの方は、来月に開始予定の取り置き予約をご利用下さい。

VIVA!ココノッツの新マニュアルはこちら(2015.3.31.追記)

VIVA!ココノッツ ヤシの実シールはこちらからダウンロードして下さい。
(2015.3.29.追記)

VIVA!ココノッツの新マニュアルの印刷データ(PDF 18.7MB)はこちらからダウンロードして下さい。
(2015.4.01.追記)


posted by かぶけん at 06:42| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

ゲームマーケット2015大阪に参加して来ました!

今回一緒にゲムマ大阪出展を体験された、joynt Game Factoryおーつぼさん大人のボードゲーム部部長まえださんが既に早々とイベントの模様をブログにUPされたので、記憶が薄れてしまう前に書こうかと。
と思っているうちに既に3週間が過ぎ去りましたw

【前日】

ひがしよどがわ-01.jpg
既にゲムマの準備で二徹したにもかかわらず、自分のブログにはブースの最終情報をUP出来たものの、公式サイトにはUP出来ないまま、3月からの定期券の購入手続等を終えてからの参加となった、ボー研!カワサキさん主催のゲームマーケット大阪2015前日ゲーム会

ひがしよどがわ-02.jpg
10時〜16時半のスケージュールに気付くのが遅く、結局到着したのは14時過ぎ。

既に参加者の方々の熱気が伝わるくらい各テーブルが盛り上がっており、まず目に飛び込んできたのが、今回たなごころさんのブースで委託される、さとーふぁみりあさんのもぐらのすもごり。1m先に並べらえたモグラの巣に見立てた6つのコップに、お互いがそれぞれ8枚のチップを交互に投げ入れて行くアクションゲーム。イイ大人が夢中になり過ぎて、翌日のゲムマでは腰を痛められていたとか(ちゃがゲーのjun1sさん談w)。

センコウハナビシ.jpg
じろうさんやくまごろさん卓ではその華やかさと散り落ちる切なさを、見事に再現されているセンコウハナビシが遊ばれていました。

ココノッツ-01.jpg
それが終わるとVIVA!ココノッツを遊んでみたいということで、私のインストの元、じろうさんやワンモアゲーム!の梶野さん、もぐくんさん、ぼーずさんがを遊ばれ、じろうさんの「面白い!かぶけんさん、これ明日買うわ〜」の一言が嬉しかったです。

くだものあつめ.jpg
ココノッツが遊ばれている間、jun1sさんからゲムマ当日は予約取り置き終了時間に引き取りに行けないかも、ということで、事前にVIVA!ココノッツをお渡しした際、くだものあつめ(第2版)を見せて頂いたのですが、エンボス加工が施された見事な化粧箱の出来栄えに、惚れ惚れしちゃいました。

知略・悪略.jpg
昨年の秋に「501個目からのボードゲーム選び」という本をお書きになった、yskさんに持ち込みをお願いしていた知略・悪略(4-6人)という、今では入手困難なトリテを遊ばせて頂きました。
切り札の無いメイフォロートリテで、4人プレイでは0-14の各4色を使用。1番強いカードを出した人が好きなカードを2枚、1番弱いカードを出した人が残り2枚を獲得。獲得した2色までは掛け算、3色目からは割り算するという、ユニークな得点システムなので獲得の仕方がとても悩ましくて面白いし、また機会があれば遊んでみたいと思いたくなる作品でした。

ココノッツ-02.jpg
その後またヤポンブランドや、BGGへの日本語入力登録のお手伝いをされている、翻訳家のサイゴウさんやチキンダイスゲームズのN2さんらがVIVA!ココノッツを遊ばれ、とても気に入って下さったサイゴウさんには英訳ルールの依頼し、有難く引き受けて下さいました。

ココノッツ-04.jpg
初めて連続でバッティングによるラウンド持ち越しもありました。

ごい牌-01.jpg
昨年、ごいたの発祥地、能登で初めて目にした「麻雀×ごいた」をミックスした ごい牌。作者のよち犬さんが持参されており、イベント当日に能登ごいた保存会のブースで委託出展されるとのこと。このゲーム会ではごい牌がずっと遊ばれていましたね。

ごい牌-02.jpg
もぐくんさん、N2さん、サイゴウさん、私の4人もごい牌のみを使ってプレイ。
サイゴウさんだけが初ごいたでしたが、すぐに慣れて楽しまれてたのが印象的でした。
このあとN2さんがお持ちになっていたチキンダイスゲームズさんの、アルケミストラグルを4人で。こちらは相手の数字に対し、同じ数字か掛け算で同数字にして対抗していくごいたベースのカードゲームで、プレイヤーは錬金術師となり、ペアを組んで至高のポーションを作り手札を無くしていきます。
イラストも綺麗でとてもテーマと合っていて良かったです。

おーつぼさんの新説 大蛇のえじきも遊べました。

大蛇のえじき-01.jpg
我がゲームNOWAブースの委託作品、新説 大蛇のえじきも遊べました。日本神話のヤマタノオロチ伝説をテーマに、バッティングゲームの名作、はげたかのえじきと、今やボードゲームという枠を超えた人狼のような、正体隠匿の要素が合わさった、Joynt Game Factory のおーつぼさんの自信作で、初版から一新されたイラストが素晴らしいです。

大蛇のえじき-02.jpg
お隣のN2さんが褒美米の荒稼ぎのせいで散々な目にw

大蛇のえじき-03.jpg
明日が初出展となる『新説 大蛇のえじき』を宜しく!!

主催のカワサキさんの恩恵により、延長して頂いた前日ゲーム会の閉会時間も残りわずか。

潜水艦ゲーム.jpg
最後に遊んだのが、海外でも高評価のパレードの作者、骨折ゲームズのboneさんの「潜水艦作戦ゲーム(仮)」。9×9マス(1-9×A-I)の盤上の相手の潜水艦の位置を当てるゲーム。各プレイヤーは専用シートに自分の3隻の座標を書き込み、自分の手番にレーダーキューブで1列、または周囲8マスを調べます。それに対して潜水艦の有無を、事前に配られた「○×」プレートで手番プレイヤーも含め、全員が答え、そこから潜水艦の座標を推測して解答を導き、その座標にキューブの目+トークンを使って移動後、拿捕出来るかどうか。コンポーネント以外はほぼ固まったということで、完成版が今から楽しみです。

閉会後は既に二徹だったため、明日に備えてそのまま退散、帰りの電車で、カラフルメモリーズのおおぞらさんとしもやんさんにお会いし、お互い明日の健闘を誓い合いながら帰路に着きました。

【当日】
あいにくの雨模様だったので、車で会場入りも考えたのですが、実は昨晩も当日の準備等で寝ることが出来ずまさかの三徹orz
この状態で車の運転は死に直結w、ということで、電車に変更。

鶴見緑地駅から徒歩5分くらいで今回の会場となるハナミズキホールに到着。

行列.jpg雨の中の待機列。

既にスタッフのおーつぼさん、まえだ部長、ミキティさんは到着済みで、POP類の組み立て準備中。

販売テーブルと試遊テーブルのクロス敷き、価格表やおーつぼさんお手製の雛壇の設置、予約分の仕分け等で大忙し。それでもちょっぴり余裕も出来た間に、先日今や大人気ボードゲーム系Podcust、豚の鳴き声でお世話になった、今回初出展サークルの豚小屋、酢豚さんやカラフルメモリーズのおおぞらさんが挨拶に来て下さり、それぞれお互いの作品を交換。作者特権ですねw
番組では毒舌っぷりを発揮している酢豚さんですが、実際お会いしてみると長身なのにとても腰が低く、ご自分でも仰っていましたが、たしかにお笑い芸人の小藪千豊さんのしゃべり方に似ていました。

ブース-01.jpg
完成した立派なブース。今回だけはおーつぼさんのおかげです。

ブース-02.jpg

ブース-04.jpg
おーつぼさんの方は主催のアークライトさんのスタッフの方から、POPの高さ制限を受けて、泣く泣く低くする羽目に。それでも目立ち度では周りに負けてない辺りがおーつぼさんの凄いところ!!
そうこうしているうちに、開始時刻となり、いよいよスタート!

ひかりん.jpg
大した話題にもならなかった我がブースは、緩々とした走りだしで、お隣の大門さいころ倶楽部のひかりんさんが、お昼まで戦闘服姿ということで、今のうちにと記念に1枚。

しばらくすると、予約取置き引き取りと並行に当日分が売れ始めて来ました。
役に立ったのが、よっし〜さんからお借りしたタブレットのレジアプリ。

そのうちジョイントメンバーのよっし〜さんと神宮寺さんも到着。

思ったよりバックヤードが狭く、というか、われらのアイテム数が多かったせいか、座る余裕は全く無く、レジ係り1名がようやく入れるスペースのみ。

後日レジアプリの結果を見ると、午前中で新作のVIVA!ココノッツの売れ行きは約60個(予約分込み)、エルタイルズ拡張が12個(予約分込み)と、残念ながらもう一つorz

お昼過ぎになると、いつもの取置き予約回収のためにブースを離脱。

チューリップ・バブル-03.jpg
まず真っ先に向かったのが、ぐうのねさんのチューリップ・バブル。

チューリップ・バブル-01.jpg
メンバーの方々が二徹したという、ハイクオリティな作品はやはり前評判通りで、当日分は瞬殺完売!!良くこれ予約取れたなぁ〜と我ながらビックリ!

チューリップ・バブル-02.jpgクラシカルなチューリップカードのイラストがとても綺麗。

その後もあちこち回りました。
覚えていないくらいw

A-01.jpg

A-02.jpg

A-03.jpg

A-04.jpg
今回チューリップ・バブルと人気を二分していた、Saashi & SaashiさんのAコードで行こう。カードのバリが納得いかないとのことで、予定価格より更に安くされていましたが、実物を見て、予約して良かったと思わせるクオリティで、正直あまりバリは気にならなかったですね。

ごいた-02.jpg
予約分のごいたTシャツ2枚の引き取りに、昨年にハマって以来、グッズ展開が気になる、能登ごいた保存会大阪支部。まだ残っていたので、記念に初心者用の補助ボードも1枚だけ購入。これは優れものです。

ごいた-01.jpg
昨年のごいた大会のチャンプの背中w

Product Arts-01.jpg
1月の名古屋ボドゲフリマの前日にテスト版を遊ばせて貰って面白かったのと、様々なデッキが作りたくて4つ予約した、Product ArtsさんのART OF WAR the card game。スタッフの方との記念撮影。私の右隣りの女性が英訳を手掛けられたGREENさん。開発者の坂上さんはずっとフル回転の試遊卓に付きっきりだったので、もう一人の開発者、Hemz Factoryのシゲさんに撮って頂きました。

取り置き予約をされていなかった、初出展のSpieldisorderさんではCDパッケージをそのままコンポーネントにされたユニークな試みの、エトランゼ(ポストカードゲーム:デイッシズ付き)、オインクゲームズさんではトロル、双天至尊堂さんでは天九牌をそれぞれ購入。

ちむさん.jpg
ようやく取り置き予約分を全て回収してブースに戻ると、賽苑さんブースのお手伝いもされながら、お店の商品も安く出されていた、いつもお世話になっている、ボードゲーム&フィギュアショップ、DDTさんのちむ店長が立ち寄って下さり、いつも笑顔で記念の1枚。

おーつぼ&わとさん.jpg
その後、今回VIVA!ココノッツでイラストを手掛けて下さった、わとさんも挨拶に来られたので、御礼の完成品をお渡しした後、アートワークのおーつぼさんとのコンビ写真も。

おーつぼさん-01.jpg
試遊卓も大盛況!おーつぼさんが新説 大蛇のえじきのインスト中。

あさとさん-01.jpg
ボドゲ界のジョニー・ディップ、TANSANFABRIKのあさとさん。

momiさん.jpg
今、超絶大人気ボードゲーム系Podcast、ほらボド!のmomiさん。この後に立ち寄って下さった、新生!ミスみすなんでもやってみるラジオのミスター先輩と同じく、インタビューまで録って頂きました♪ゲームもこんなにいっぱい買って下さって有難うございます!

ほらボド!第42夜「ゲームマーケット2015大阪!戦利品自慢&会場インタビュースペシャル」

新生!ミスターのミスみすなんでもやってみるラジオ
「No.29 ミスみすゲームマーケット2015大阪に行ってきた! インタビュー編」


いかとりにょりのいかがわしいラジオの、いかさんとりにょりさんもブースに立ち寄って下さいました♪
ちなみにいかさんは老害というにはまだまだお若かったし、りにょりさんはイメージどおり明るくてチャーミングな女性でした。

アタックさん.jpg
豚小屋のアタックさんはイケメンでしたw

ブース-09.jpg
VIVA!ココノッツの試遊卓も大好評!!ちなみに帽子の方は、おっさんのブランチ枯れ井戸雑記でお馴染みのナヴェさん。楽しんで頂けたようです~

そんなこんなで色んなドラマがあった今回のイベントも閉会の時間となりました。
後日発表ではあいにくの雨模様にも関わらず、3000人以上の参加者だった模様。

運営スタッフの方々、出展者の方々、我がブースのお手伝いをして下さった、まえだ部長、ミキティさん、よっし〜さん、神宮寺さん、我がブースにお立ち寄り下さった方々、試遊して下さった方々、作品を購入して下さった方々、ありがとうございました。
そして新作VIVA!ココノッツのテストプレイに参加して下さった皆様、製作に御協力頂いた、おーつぼさん、わとさん、ありがとうございました。
持ち込み数の約半分ではありましたが、御購入頂いた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

会場を後にする直前に、ブースを片付け中の人気サークル、ちゃがちゃがゲームズの皆さんにご挨拶。
今回は企業ブースでの出展だったようで、すべて完売には至らなかったものの、中々の盛況ぶりだった模様。
また来年もお会い出来るといいなぁ〜

この後、三徹による体調不良やおーつぼさんとの売上げ処理等もあり、予定していた交流会への参加は辞退し、車2台で神宮寺さんが用意されてたコミュニティホールへ向かうことに。

ホールに到着後、広々とした和室で、スタッフとして手伝って下さった方々に見守られながら、よっし〜さんのタブレットに打ち込まれた数字を計算。何と私とおーつぼさんの売上げはほぼ同じという結果に。

和室といううだけでくつろぎ、体調も徐々に回復。
せっかくだし、ゲムマの戦利品でも遊ぼうということになり、ミニゲーム会が開催。

打ち上げ会-01.jpg

打ち上げ会-03.jpg

打ち上げ会-04.jpg

打ち上げ会-05.jpg
キルドクターラッキーカードゲーム、ポイズン、姫騎士の魂、モリヤミクス、ダイヤかチョウか、コヨーテ、知ったか映画研究家などが楽しまれていました。

打ち上げ会-07.jpg
特に最後に遊んだ知ったか映画研究家が、全員の知ったかぶりが炸裂し、始終盛り上がっていました。

打ち上げ会-06.jpg
映画 ゴールデンサムライ。凄かったですよね〜あの全身金箔塗り。牙狼も真っ青ですね、○○さん!金箔体に塗るの、良くないらしいですよ、何か聞いたことありますわ。金曜夜9時!ゴールデンに進出しましたし(映画だっちゅーの)

打ち上げ会-08.jpg
映画 宇宙の教典。これに関してはおーつぼさんがブログの最後でで熱く語られているのでそちらをw

いやぁー知ったか映画評論家って、本当に面白いもんですね〜

この後、全員で近くの中華料理家さんで打ち上げ。

三徹の疲れはありましたが、帰りはおーつぼさんが車で自宅まで送って下さり、ようやく終わったという感じです。(2ヶ月後に春ゲムマw)

長文駄文にお付き合い頂き有難うございました。

 【戦利品】 戦利品-01.jpg
スタンプグラフィティ、くだものあつめ、かたろーぐ、おとひめクエスト

戦利品-02.jpg
エジプトの花嫁、エイジオブクラフト拡張2、カツカレー喰ってる場合か!

戦利品-03.jpg
よこにならぶ日×2、姫騎士の魂、姫騎士逃ゲテ〜、犯人は踊るポーカー

戦利品-04.jpg
知ったか映画研究家、4コマ妖精DX、お前アイツの事好きなんじゃね?

戦利品-05.jpg
ART OF WAR the card game×4、戦国少女絵巻-彩-、エンパイア・ジェネシス

戦利品-06.jpg
チューリップ・バブル、トロル、Aコードで行こう

戦利品-07.jpg
メデューサの眼、隣のオオカミさん、étranger(エトランゼ)、dishes(ディッシズ)、スライディング・プロポーズ、ミープルリング×2

戦利品-08.jpg
ごいたTシャツ×2、ごいた初心者用補助ボード

戦利品-09.jpg
大きなつづらと小さなつづらと×2、ドロボーが多すぎる!、モリヤミクス、未確認スパイ、天九牌、テンガロン、カラフルメモリーズ

戦利品-12.jpg

戦利品-11.jpg
Trick Taking Box

戦利品-10.jpg
ごい牌、勝手にしやがれ

posted by かぶけん at 23:45| Comment(2) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

ゲームマーケット2015大阪のおしながき(最終版)

明後日に迫ったゲームマーケット2015大阪での出展作品に、『かに将棋』と『かに将棋Tシャツ』が加わりました。

かに将棋&かに将棋Tシャツ

かに将棋 箱-01.jpg

NOWA-T03.jpg

サイズ見本.jpg

マニュアルはこちら

うっかり系アブストラクトゲームとして高評価も頂いている「かに将棋」と「かに将棋Tシャツ」をそれぞれ5セットずつ出展致します。

■かに将棋:GM価格1800円

■かに将棋Tシャツ:GM価格1700円(150サイズ×1、Sサイズ×2、Mサイズ×2)

※サイズに制限がありますが、「かに将棋」と「かに将棋Tシャツ」をセットでご購入して頂くと、3500円が 3000円 になります。

新作のVIVA!ココノッツのコンポーネントも」すべて届きました!ココノッツ-01.jpg

ココノッツ-07.jpg

ココノッツ-05.jpg


■VIVA!ココノッツ(GM価格2000円)
VIVA!ココノッツのマニュアルはこちら

先日、VIVA!ココノッツの完成品を、アートワークを手掛けて頂いたおーつぼさん主催のゲーム会「ジョイントボードゲームの集い」でも遊んで頂き、当日ブースを手伝って下さる、大人の子供部屋のまえだ部長のブログに遊ばれた記事が早々と。

委託作品(Joynt game Factory)

大蛇のえじき.jpg
■新説 大蛇のえじき(GM価格:2500円)
新説大蛇のえじきのマニュアルはこちら
(オモテ)(ウラ)

 
AYASU.jpg
■AYASU(GM価格:1500円)
AYASUのマニュアルはこちら

そして何と!上記2作品を一緒に購入して頂くと3500円!!

さらに大蛇のえじき初版(上箱裏にロットNO.付き)をお持ちの方への割引や、今回ご予約頂いた皆様全員に、作者さんからのプレゼントもあり!

詳細やご予約についてはこちらを
http://bigpotsjp.wix.com/danrou#!orochi/c1t2h

またゲームNOWA作品の方も引き続き、取り置き予約も継続中です。

■エルタイルズ拡張セット(GM価格700円)LTEX-BOX-01.jpg

LTEX-SAMPLE-01.jpg
※こちらはエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

エルタイルズ基本セットのルールはこちら

エルタイルズ拡張セット Series:1のルールはこちら

エルタイルズ4人ペア戦のルールはこちら

■エルタイルズソリティア(エルタイルズ拡張セットの購入特典)

LTS-01.jpg

エルタイルズ ソリティアのルールはこちら

※こちらもエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

【お詫び】
エルタイルズ ソリティアですが、エルタイルズ拡張セットと同数ご用意することが困難になり、先着30名様限りとなりますことをご了承ください。

【予約方法】
・お名前
・希望商品名
・数量(お一人様2個までとさせて頂きます)
を明記の上、
こちらのTwitterアカウント にDMを送って頂く、
もしくは
kabuken215(あっとまーく)gmail.com
(あっとまーくを@に変えて下さい)までご連絡下さい。
返信の際、予約番号をお伝え致します。

※本日の0:00を持ちまして取り置き予約を終了させて頂きます。
有難うございました。


posted by かぶけん at 21:32| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

新説 大蛇のえじき+AYASU の取り置き予約も開始致しました!

長らくお待たせ致しました!
3/1(日)のゲームマーケット2015大阪(ハナミズキホール)に、 【B23(BINGOな兄さん)】ブースのゲームNOWAで委託販売致します、Joynt Game Factory さんの『新説 大蛇のえじき』『AYASU』の取り置き予約が開始されました。

大蛇のえじき.jpg
■新説 大蛇のえじき(GM価格:2500円)
新説大蛇のえじきのマニュアルはこちら
(オモテ)(ウラ)

 
AYASU.jpg
■AYASU(GM価格:1500円)
AYASUのマニュアルはこちら

そして何と!上記2作品を一緒に購入して頂くと3500円!!

さらに大蛇のえじき初版(上箱裏にロットNO.付き)をお持ちの方への割引や、今回ご予約頂いた皆様全員に、作者さんからのプレゼントもあり!

詳細やご予約についてはこちらを
http://bigpotsjp.wix.com/danrou#!orochi/c1t2h

またゲームNOWA作品の方も引き続き、取り置き予約も継続中です。

■エルタイルズ拡張セット(GM価格700円)LTEX-BOX-01.jpg

LTEX-SAMPLE-01.jpg
※こちらはエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

エルタイルズ基本セットのルールはこちら

エルタイルズ拡張セット Series:1のルールはこちら

エルタイルズ4人ペア戦のルールはこちら

■エルタイルズソリティア(エルタイルズ拡張セットの購入特典)

LTS-01.jpg

エルタイルズ ソリティアのルールはこちら

※こちらもエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

箱オモテ-02.jpg
■VIVA!ココノッツ(GM価格2000円)

VIVA!ココノッツのマニュアルはこちら(2015.2.14 8ページ目を修正)

イラストはひよこどりっぷドンクラーヴェ大きなつづらと小さなつづらとKEYSTONEのイラストも手掛けられている、今ボドゲ界隈でも大人気のわとさん。アートワークは「新説 大蛇のえじき」「AYASU」の作者、おーつぼさんです。

尚、規定数に達した、もしくは2/27(金)いっぱいで取り置き予約を終了させて頂くことをご了承下さい。

【予約方法】
・お名前
・希望商品名
・数量(お一人様2個までとさせて頂きます)
を明記の上、
こちらのTwitterアカウント にDMを送って頂く、
もしくは
kabuken215(あっとまーく)gmail.com
(あっとまーくを@に変えて下さい)までご連絡下さい。
返信の際、予約番号をお伝え致します。

あと、先日行われた、ゲームマーケット2015大阪向け 「プレゼン配信会」 の模様も良ければご覧下さい。
ゲームNOWA「VIVA!ココノッツ」「L-TILES(拡張)」
Joynt Game Factory 「新説 大蛇のえじき」「AYASU」




posted by かぶけん at 15:29| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

『新説大蛇のえじき』 『AYASU』 『エルタイルズ拡張セット』 の取り置き予約について。

大蛇のえじき.jpg
■新説 大蛇のえじき
新説大蛇のえじきのマニュアルはこちら (オモテ)(ウラ)
 
AYASU.jpg
■AYASU
AYASUのマニュアルはこちら

Joynt Game Factoryさんの委託作品、『新説大蛇のえじき』『AYASU』ですが、作者のおーつぼさんより、取り置き予約を行うとの連絡がありました。

詳細についてはおーつぼさんのブログでご確認下さい。

※尚、こちらの2作品については、VIVA!ココノッツ、エルタイルズ拡張セットとは別に予約して頂くことになりますことをご了承下さい。

■エルタイルズ拡張セット(GM価格700円)LTEX-BOX-01.jpg

LTEX-SAMPLE-01.jpg
※こちらはエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

エルタイルズ基本セットのルールはこちら

エルタイルズ拡張セット Series:1のルールはこちら

エルタイルズ4人ペア戦のルールはこちら

■エルタイルズソリティア(エルタイルズ拡張セットの購入特典)

LTS-01.jpg

エルタイルズ ソリティアのルールはこちら

※こちらもエルタイルズ基本セットがないと遊べません。

箱オモテ-02.jpg
■VIVA!ココノッツ(GM価格2000円)

VIVA!ココノッツのマニュアルはこちら(2015.2.14 8ページ目を修正)

イラストはひよこどりっぷドンクラーヴェ大きなつづらと小さなつづらとKEYSTONEのイラストも手掛けられている、今ボドゲ界隈でも大人気のわとさん。アートワークは「新説 大蛇のえじき」「AYASU」の作者、おーつぼさんです。

尚、予約が規定数に達した場合、打ち切らせて頂くことを御了承下さい。

【予約方法】
・お名前
・希望商品名
・数量(お一人様2個までとさせて頂きます)
を明記の上、
こちらのTwitterアカウント にDMを送って頂く、
もしくは
kabuken215(あっとまーく)gmail.com
(あっとまーくを@に変えて下さい)までご連絡下さい。
返信の際、予約番号をお伝え致します。

それから本日2/15(日)午後18時より行われる『創作ゲームのプレゼン配信会』 にも参加させて頂きます。

詳細はこちら
posted by かぶけん at 12:21| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

ゲームマーケット2015大阪に出展します。

ゲームNOWAのかぶけんです。
新作「VIVA!ココノッツ」のルールもマニュアルを残すのみで、ようやく入稿寸前ですw(軽ゲーなので普通こんなに掛るわけがないのですが…)

3/1(日)ハナミズキホール(水の館ホール)にて開催される、
ゲームマーケット2015大阪ではブース番号 【B23】に決まりました。

もしかしたら既にご存知かと思いますが、今回のゲームNOWAブースでは、昨年の第4回ボードゲームフリーマーケット in 新大阪で見事完売された、Joynt Game Factoryさんの『大蛇のえじき』の第2版 『新説 大蛇のえじき』 と新作の究極コミニュケーションゲーム 『AYASU』 の委託販売も行います。

【大蛇のえじきとは】

ボードゲーム天才デザイナー、アレックス・ランドルフ氏の名作 「はげたかのえじき」と、今や1つのジャンルとして確立した 「人狼」という正体隠匿系ゲームからインスパイアされ、それを日本神話の「ヤマタノオロチ伝説」を題材に、4人から7人まで遊べる新しい人狼系&バッティングゲームとして見事に表現された、非常に完成度の高い作品です。

7ラウンドで構成されたゲームで1ラウンドは最大4回プレイします。プレイヤーはラウンド毎にオロチやスサノオ、巫女、山伏など様々な役職を担当し、他のプレイヤーの動きを読みながら、より多くの得点の獲得を目指すゲームです。

【新説 大蛇のえじきの初版との大きな違い】

@マニュアルが丁寧でとても分かり易い
A非常に美しいイラストは何と殆どが描きおろしで同一のものがありません(7枚のつい立てとなるお家の絵柄も全て違います)
B拡張カードの新役職 『月読命(ツクヨミノミコト)』 と新キャラ 『三岐小蛇(ミマタノコロチ)』 が追加!
CPP加工の化粧箱にエンボス加工されたカード類

大蛇-01.jpg
作者おーつぼじゅうじんさん渾身の作品で、作品の面白さはもちろんのこと、クオリティの高さは今回出展される数多い作品の中でもおそらくピカイチ!

新説大蛇のえじきのマニュアルはこちら (オモテ)(ウラ)

■持ち込み数:200セット(2015.2.9 追記)

AYASU-01.jpg
あの黄色いパッケージでお馴染のHABA社に真っ向から挑んだ、子供からお年寄りまで楽しめる作品で、女性が加わるとさらに盛り上がること必至!!

【AYASU(あやす)とは】

4〜5人で遊ぶゴーアウト型のカードゲームで、各自5枚の手札でプレイします。
自分の手番では場札に対して、同じ数字、もしくはつながっている数字(場札が2なら1か3)であれば出すことができ、1と5はつながっているとみなされます。
カードが出せなければ山札から1枚取って次のプレイヤーに手番が移りますが、カードを出せた場合は、場のカードと同じイラストが今自分の出したカードにあれば、そのイラストの鳴き声を出さねばなりません。また他のプレイヤーはその鳴いたプレイヤーをいち早くあやすことで、同じイラストの入っているカードを1枚出すことが出来ます。なお間違えると罰則もあります。
最初に手札を無くしたプレイヤーが1位で2ポイント獲得、2位が1ポイントで終了し、先に4ポイント獲得したプレイヤーの勝ちとなります。
ゲームに慣れると6枚の追加カードを加えてさらにエキサイトしたプレイが楽しめます!!

現在、おーつぼさんとの親交が深い、大人のボードゲーム部のまえだ部長のブログ 「大人の子供部屋」では実際遊ばれた感想やゲーム内容が紹介されています。

AYASUのマニュアルはこちら

■持ち込み数:100セット(2015.2.9 追記)

作者のおーつぼさんのからの価格決定の連絡があり次第、この2作品の取り置き予約も行う予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。


【ゲームNOWA作品のおしながき】

■エルタイルズ拡張セット(GM価格700円)LTEX-BOX-01.jpg

LTEX-SAMPLE-01.jpg
(セールスポイント)
・新たに4種類のタイルが増えて戦略の幅が広がった
・追加スタンドを加えることで4人ペア戦が可能に!
※こちらはエルタイルズ基本セットがないと遊べませんのであしからず。

エルタイルズ基本セットのルールはこちら

エルタイルズ拡張セット Series:1のルールはこちら

エルタイルズ4人ペア戦のルールはこちら


■エルタイルズソリティア(エルタイルズ拡張セットの購入特典)
エルタイルズ ソリティアというその名の通り、1人用ゲームです。
いつもゲームNOWA作品を御ひいきにして下さっている、うぃりあむさんが、ソリティアとして御自分でルールを考えて遊んで下ったものに少し手を加えたもので、昨年のGM秋と先日の名古屋ボドゲフリマでも好評だった作品です。
基本セットのマニュアルにある短時間ルール用の18枚のタイルと、プレイシートとなる2枚のポストカードを使います。

LTS-01.jpg
このように上下にポストカード2枚を組み合わせます。

LTS-03.jpg
使用するタイルはこの18枚で他の色のタイルを使用する場合も同様の組み合わせになります。

裏向きのタイルから1枚ずつ表向きで、シートに描かれた枠からはみ出さない様に、既に置かれたタイルと少なくとも1辺が接するように置くだけですが、全てのマスが使用できる初級、4隅、また中央のマスが使用できない中級、どちらも使用できない上級というようにそれぞれ難易度があります。
ソリティアとしては簡単な部類になりますが、高得点を目指すなら中々歯応えがあるかも。
得点システムが基本ルールとは異なり、ブロック数73点、8が1点、9以上が0点。また担当色以外のブロックが3つ以上隣接すると−1点、もちろんシンボルボーナス3点も健在です。
また、それぞれの難易度で18点以上獲得出来たら、あなたはもうエルタイルズ・マスターですw

エルタイルズ ソリティアのルールはこちら

※こちらもエルタイルズ基本セットがないと遊べませんのであしからず。

実はこの作品だけは在庫を切らすまいと、心に誓った「エルタイルズ基本セット」の在庫が一旦途切れるため、エルタイルズ関連は上記の2作品となります。

ですが、ゲームマーケット2015春には100セット程復活出来そうな感じです!


■VIVA!ココノッツ(GM価格2000円)

箱オモテ-02.jpg

南国のとある島でサルたちが繰り広げる「9つ」「ココナッツ」争奪戦。
常に持てるサルカードは3枚。毎回一斉に出す1枚のサルカードで数字を比べ、基本は単独で最も強い(大きい)カードを出せればヤシの実を獲得。更に「3×3」に並んだ9つのヤシの実を、タテ・ヨコ・ナナメのいずれか1列以上で「B・I・N・G・O」を完成することこそ、大勝利への近道です。

プレイ人数:2〜4人/プレイ時間:15〜20分/対象年齢:9歳以上

ゲームシステム:かぶきけんいち
アートワーク:おーつぼじゅうじん
ゲームイラスト:わと

サルカード4枚.jpg

このブログの前回記事にも書きましたが、もう一度ゲームの流れをご説明しますと、

@16枚のヤシの実カードからランダムに選ばれた7枚+2枚(固定)のヤシの実カードを3×3の形に配置。
A各プレイヤーは自分のサルカード(1-10)から2枚を見ずに「伏兵」として脇に避け、山札にした残り8枚から3枚を初期手札に。
Bスタートプレイヤーは中央を除く8つのヤシの実カードの1つを選ぶ。
※この時点で脇に避けた2枚の伏兵はいつでも確認が可能で、あるヤシの実が選ばれると、そのラウンドでのみ、手札の1枚と伏兵2枚のうち1枚を交換し、新たな手札から1枚出す。
C3枚の手札から1枚を選んで一斉に出し合う。(Aのつづき)
D選ばれたヤシの実の効果を確認した上で、単独で最も強い(大きい)カードを出したプレイヤーがヤシの実カードを獲得。
但し、最も強いカードを出したプレイヤーと2番目に強いカードを出したプレイヤーとの差が5以上なら、2番目に強いカードを出したプレイヤーが獲得。
Eこれを毎ラウンド時計回りに手番プレイヤーが変わり、誰かがタテ・ヨコ・ナナメのいずれか1列以上揃えてヤシの実カードを獲得出来ればゲームが終了し、そのプレイヤーの勝利。
※もし誰も揃わなかった場合、獲得したヤシの実カードの得点(1枚=1点)が最も高いプレイヤーの勝利。尚、中央のヤシの実カードのみ、2人プレイなら他のヤシの実と同じ1点、3人プレイなら2点、4人プレイなら3点として計算する。
それでも同じなら、対象となるプレイヤーの中で、中央のヤシの実の裏面に描かれている、1番小さな数字に対応するヤシの実を獲得しているプレイヤーの勝利。

とこういう感じでサクサク進みます。

なおヤシの実カードの組み合わせは全3432通りあるので、毎日1回遊んだとしても9年間は大丈夫かとw

このVIVA!ココノッツは、思わずもう1回!と言いたくなる作品を目指しましたが、それに近いものが出来たと思っています。

※VIVA!ココノッツのマニュアルはこちら(2015.2.10 追記)


また今回は化粧箱にはPP加工、カード類にはエンボス加工と、今までにない仕様でお届出来そうです。最初にご説明した「新説 大蛇のえじき」「AYASU」「エルタイルズ拡張セット」の取り置き予約も近日中に行う予定です。新説 大蛇のえじき、AYASUについては作者さんの希望により、取り置き予約は行わないことになり、VIVA!ココノッツのみ、取り置き予約を行うことになりました。

予約開始の日時は2/10(火)21時から始めたいと思います。
尚、予約が規定数に達した場合、打ち切らせて頂くことを御了承下さい。

【予約方法】
・お名前
・希望商品名
・数量(お一人様2個までとさせて頂きます)
を明記の上、
こちらのTwitterアカウント にDMを送って頂く、
もしくは
kabuken215(あっとまーく)gmail.com
(あっとまーくを@に変えて下さい)までご連絡下さい。
返信の際、予約番号をお伝え致します。

あと嬉しいお知らせが!
今や関西、いや全国でも知る人ぞ知る、人気ボードゲーム系Podcast番組、「豚の鳴き声」にゲスト出演させて頂きました。御自身でもゲームを作られており、今回のGM大阪では【C34】ブースで出展される、豚小屋の酢豚さんとアタックさんには大変お世話になりました♪
良ければ購入時の参考にして下さい。(2015.2.10 追記)

>

posted by かぶけん at 09:22| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

第2回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加してきました!(当日編)

名古屋ボドゲフリマ当日。

ネカフェ.jpg
慣れないせいかあまり熟睡できずに朝を迎え、8時過ぎにはネットカフェを退出。

その後まだ肌寒い名古屋の街をぶらぶら徘徊しながら時間を潰し、身支度を終えたひかりんさんと合流。
そのまま会場のウインクあいちに向かうことに。

到着するとこのイベントの実行委員、人気Podcast番組、フランとアバンと仲間たちのアバンさんとほわっとぷれいさんを始めスタッフの方々が円陣を組んでの打ち合わせ中で、出展者の方も何名か到着済み。

まだ朝食を取っていなかったので、ひかりんさんと1Fのカフェで腹ごしらえしていると、大きなアタッシュケースを転がしながら、こっち屋のゆおさんも到着され、しばしボドゲ製作談義。
ゆおさんには名刺印刷でのカードゲーム製作について色々伺えました。

9時半には会場となる5Fの小ホールへ上がるエレベータで、みーと・きゃっちすぺーす・ぺっとしょっぷの作者、をしだやさんともバッタリお会い出来、新作の満足したいねずみたちも間に合ったとのことでした。

設営開始時間となるものの、自分のブースが荷物の受け取り場所になっていたので、それが片付くまで待つことに。

しばらくしてそれも終わり、現在も重宝している、2年前に購入したPCの入っていた大きな段ボール箱を開封、長机に敷く敷物を取り出し、ひかりんさんと半分ずつ分けての設営。

ブース-01.jpg
今回は中古ゲームと自作ゲームを陳列するものの、テーブル下に置かざるを得なくなった、デかに将棋とデカOSUMOは流石に目立ちませんw

お隣は地元名古屋のボードゲーム専門店、ゲームストア・バネストさん。昨年に話題の新作、MAYORを発表された、やおよろズのねいじまとーこさんも売り子として助っ人に。
テーブルを増設され、膨大なゲームの数々が所狭しと並んでいました。

他には遠目からも確認出来るくらい、I was gameのカレーさんのブースが、総量約100kgという中古ゲームが出展されるということで、このイベントの1番の目玉に。

10時半のスタートと同時に、予想通りお隣のバネストさんにはたくさんのお客さんが詰め寄り、ドンドン売れていきます。

今回ゲームNOWAのお品書きはこちら

スタート時は殆ど中古ゲーム以外動きはなかったのですが、しばらくしてじわじわとエルタイルズが減っていき、それに合わせて拡張セットも少しづつ無くなっていきます。

それぞれ持ち込んだ数が少なかったとはいえ、エルタイルズの基本セット、かに将棋は完売。エルタイルズの拡張セットも良く出ました。
また、約30点ほどの中古ゲームも8割くらい出てまずまず。

OSUMO-01.jpg
Tシャツもかに将棋が1つ嫁いでくれたり、ちびっ子たちがデカOSUMOを楽しんでくれて嬉しい限りです。

ひかりんさんのところは早々と午前中には完売しており、14時過ぎになるとテーブルに試遊スペースが確保出来るくらいになったので、ひかりんさんは、GM大阪用の新作のテスト版をセッテング。

自分のところも落ち着き始めたので、ひかりんさんにお願いして、会場を一回り。

今回自作ゲームを出展されているサークルさんの参加もが多く、既に完売されているところもありました。
特に初めてのイベント参加とは思えないくらい盛況だったはむはむずさんは今後も要チャックかと。

戦利品.jpg
お目当てのこっち屋さんで一早く新作のモリヤミクス、をしだやさんでは満足したいねずみたち、プレイスペース広島さんで木製ブランクダイスを購入。

そのあと、今年の年初めからハマりっ放しの、I was game 最新作「ドワーフの城塞」の話を伺いたく、また年初めのご挨拶も兼ねて、カレーさんのブースへ。

ドワーフの城塞の製作時間は何と構想から約1ヶ月で完成されたと聞いてビックリ!!
「1人用ゲームだから1人でずっと回せますし。」とのことでしたが、それにしても1ヶ月は早すぎます。
この作品をボードゲームで作られていたらと実際に分析された記事も公開されてます。

敵のボスが強くて聞くところによると、ほぼノーミスでないとクリア出来ないとのこと。
また、この作品には更なる実績の達成に挑戦することが出来るようになっており、こちらもまだボスが倒せない、今年入社した新人君と二人で、「これは長く遊べそう!!」とウンウン言いながら今も挑戦中です。

ブースに戻ると、ひかりんさんが戦国少女絵巻〜彩〜の2人戦の試遊中で、お昼前にココノッツを試遊したいという方がいらっしゃったので、こちらも準備に取り掛かることに。

その後何とか自分を含めて集まった4名でスタート。

全体の流れは以下の通り。

@16枚のヤシの実カードからランダムに選ばれた7枚+2枚(固定)のヤシの実カードを3×3の形に配置。
A配られた1-10のカードから2枚を見ずに脇によけ、8枚の山札から3枚を初期手札に。
Bスタートプレイヤーは中央を除く8つのヤシの実の1つを選ぶ。
※この時点で脇に避けた2枚はいつでも確認が可能。あるヤシの実が選ばれると、そのラウンドでのみ、手札の1枚と避けた2枚のうち1枚と交換後、新たな手札から1枚出すことになる。
C3枚の手札から1枚を選んで一斉に出し合う。(Aのつづき)
D選ばれたヤシの実の効果を確認した上で、単独で1番大きいカードを出した人がヤシの実を獲得(今回は1番大きいカードを出したプレイヤーと2番目に大きいカードを出したプレイヤーとの差が5以上なら、2番目に大きいカードを出したプレイヤーの勝ち、というルールは入れていませんが、2人でプレイする場合は必ず入れるルールで、3、4人でも通常ルールとして入れる予定です。)
Eこれを毎ラウンド時計回りに手番プレイヤーが変わり、誰かがタテ・ヨコ・ナナメのいずれか1列揃えて獲得出来れば勝ち。
※もし誰も揃わなかった場合、獲得したヤシの実の数の多いプレイヤーが勝ち。尚、中央のヤシの実のみ、2人プレイなら他のヤシの実と同じ1個分だが、3人プレイなら2個分、4人プレイなら3個分として計算する。
また、それでも同率になる場合は、対象となるプレイヤーの中で、中央のヤシの実の裏面に描かれている、1番小さな数字に対応するヤシの実を獲得したプレイヤーが勝ち。

2回遊んで貰えましたが、面白かったという言葉も頂いてホッとしました。

その後もフラアバリスナーのかぜさん、昨年のGMでブースを手伝って下さったUSKさん、人気Podcast番組、「ペガの屋根裏部屋」のペガさんにも加わって頂き、4人で2回遊んで頂きました。

1戦目はペガさんが1ラウンド目を取り、2ラウンド目は全員バッティングで次ラウンドに持ち越し、3ラウンド目も取ったのでのまま持ち越したヤシの実もペガさんのものになり、何と最短3ラウンドでの勝利!

ココノッツ-05.jpg
続けて2戦目は、8ラウンド目に《奇〜ナッツ》という、出したカードが奇数なら2を加えるという場面で、何と3人がバッティングしたため、最弱の@でUSKさんが勝って、見事ビンゴの大勝利!!

ここでも面白かったと嬉しいお言葉を頂けました。

時の経つのはあっという間で、気が付けば閉会時間となり、参加者、来場者全員での拍手の中、今回も大盛況で幕を閉じました。

実行委員のアバンさん、ほわっとぷれいさん、スタッフの方々を始め、来場者の皆様、出展者の方々、お疲れ様でした。
また、ゲームNOWAのブースに立ち寄って下さった方々、購入して下さった方々、試遊して下さった方々、本当に有難うございました。

お隣のバネストさんが1日での過去最高の売上を叩き出されたということで、恒例の儀式らしい札束ビンタを、ねいじまさんから受ける店長の中野さんが羨ましかったですw
バネストさんから出た大量の段ボール箱をゆうパックで自宅へ送るこちらの荷物のクッション代わりに頂き、中野さんも大喜び!

無事荷造りも終え、出展者の方々に挨拶をして会場を後に。

この後は昨年このイベントの翌日に夕食をご馳走になった、フラアバファミリーのプーさんと名古屋駅の新幹線地下街「エスカ」の元祖手羽先唐揚 風来坊で夕食をご一緒しました。

風来坊-01.jpg
定番の手羽先はクセになる美味しさ。しかも上手にに食べられると尚更です。

風来坊-03.jpg
このつくねも絶品でした。

風来坊-02.jpg
手羽の皮で包んだ手羽ギョーザもバクバクいけます。

他も料理も美味しくて全部平らげました。

プーさんとは最近ゲームが遊べていない話やコロンさんのリア充話で盛り上がったり、かに将棋を買って下さったのでまた友人と遊んでみたいとのことでした。

折角名古屋に来られたので美味しい物でもと、今回も食事に誘って頂いてとても有難かったです。


お土産-02.jpg
帰りの特急の中では、フリマ会場でハリマオさんから頂いた音の郷というケーキラスクをデザートに頂きましたが、これは今まで食べたラスクの中で一番美味しかったです。
ハリマオさん、いつもお土産有難うございます!!

posted by かぶけん at 03:51| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

第2回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加してきました!(前日編)

わーもう1月も終わりに際しかかったところで、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします!

昨年は一般参加でしたが今年は出展者側で、昨年と同じ、愛知県産業労働センター(通称:ウインクあいち) 5F 小ホール2で開催された、第2回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加して来ました。

今回は名古屋在住で、ライトチェスの作者、Hemz Factoryシゲさん から御誘いがあり、前日入りでした。

実はこの日は昨年の秋のGMでポストカードゲームとして出展したココノッツを、基本システム以外全て変更したオリジナルカードゲーム、「VIVA!ココノッツ」として、3/1(日)のゲームマーケット2015大阪に出展するための入稿作業や試遊キット作りで完徹してしまい、そのせいで不覚にも寝落ち。せめて少しでも遅れを取り戻そうと、新幹線を使って名古屋へ向かい、約束の時間に1時間半遅れで到着。

名古屋の近くの駅でシゲさんと落ち合い、GM大阪出展作品のテストプレイ会を行うことになっていた、Product Artsの坂上さん宅へ。

明日のフリマにうちのゲームNOWAブースで超委託される、大門さいころ倶楽部のひかりんさんが、「ART OF WAR the card game」という2人対戦ゲームを、Product Artsの坂上さんとプレイ中。この作品は名古屋の同人ショップ、にゃんごろべりーさんがプロジェクトリーダーとのこと。からも独自のプロジェクトが進行中とのこと。

AOW-01.jpg
ソルジャー、プリースト、アーチャー、ガーディアン、マジシャンという5種類の基本ユニットと、キングという1枚のユニークカードで対戦するストラテジーカードゲームです。

AOW-02.jpg


実は現在、開発に携われている坂上さんとシゲさんからメッセージも頂きました♪

ART OF WAR the card gameは、TCGの要素とドイツゲームの要素を融合させた斬新な2人用対戦カードゲームです!

プレイヤーは一国の王となり、敵国と戦いながら自国の繁栄を目指します。
このゲームでは、プレイヤーは事前に自分のデッキを組んで対戦に臨みます!

デッキ構築に使えるカードはたったの5種!!!5種の基本ユニットを好きな比率で20枚選び、そこにユニークカードKINGを1枚加え、21枚のデッキを組みます。
5種の基本ユニットは使い方によって無限大のシナジーを生み出し、そこに1枚だけ加えられるKINGの存在によって、デッキを組む段階から対戦まで楽しめるデザインにしました!

戦場エリア、待機エリア、王国エリアというメインフィールド上でユニットを上手くコントロールして4つの勝利条件を目指します。
待機エリアの隊列、徴兵、捕獲、といったユニークなシステムが絡み合い、独特のキレのある楽しさを演出します!

アートワークは世界的に活躍されているアーティスト、Weberson Satiago氏が担当!!

彼の絵が持つ独特なタッチがこのゲームの世界観を美しく彩ります。
発売日は3月1日のゲームマーケット2015大阪にて、数量限定販売!!!!

Weberson Satiago氏がイラストを手掛けられたゲームの1つを、坂上さんから見せて頂きましたが、自分も好きなタッチのイラストで、完成がホント楽しみです!!

ようやく全員が揃ったところで、戦略型戦国ダイスゲーム「戦国少女絵巻〜彩〜」(2-4人)という、大門さいころ倶楽部さんのブースで出展される2作品のうちの1つを4人でプレイ。

舞台は戦国時代。四方を的に包囲された危機的状況下の織田信長を、プレイヤーは1人の武将となり、猛者達を討って手柄を立てるのが目的です。

SAI-02.jpg
場に配置された5列のカードのうち3列(現在2列に変更とのこと)が無くなると終了。基本は最前列の敵しか勝利(獲得)出来ません。
カードの左上がダイスを振る個数で、その隣には勝利条件、メインには色分けされた、上杉、武田、毛利、浅井、朝倉といった軍勢名や、その獲得したカードを使った際の効果が描かれています。

なので、左上の数字が大きいほど勝利条件はかなり厳しいですが、獲得出来るとその後の戦いが有利に進められ、色別でのボーナス点や、エリアマジョリティの要素もあり、次はどの列を狙うかが悩ましいところです。
また獲得したカードの効果を使用すると休息しないと使用出来ません。そんな時に重宝するのが、「織田騎馬隊」。

ゲーム開始時、スタートプレイヤーから時計回りに、使用済み状態で1枚。
活性化状態で1枚。
活性化状態と使用済み状態で1枚。
活性化状態で2枚。
あとストックに全部で9枚あります。

プレイヤーの順番によって持てる枚数や状態が異なります。
また各プレイヤー毎に最大3枚までしか持つことが出来きません。
織田騎馬隊は得点になりませんが、このカードを捨てる変わりに1つのダイス目を好きな目に変えることが出来るカードです。

戦国少女絵巻のマジョリティーは各陣営(色)毎に一番多く所持している人が、その陣営の武勲カードを獲得できます。

SAI-04.jpg
プレイ結果は単色に絞った自分の勝利。

王への請願トレーダーからインスパイアされたというこの作品。イラストやアートワークも去ることながら、本格的なドイツゲームを彷彿させるプレイ感でした。かなりテストプレイされているようでそれも納得です。
とにかく完成度の高い作品で、全員一致で高評価でした。
購入決定です!!

休憩をはさんで、次は自分のバッティング×ビンゴの要素をたっぷり練り込んだ「VIVA!ココノッツ」(2-4人)をプレイして頂けることに。

ココノッツ-04.jpg新幹線を利用しなければ、おそらく大幅の遅刻により、プレイされることは無かっただけに有難かったです。尚詳しい内容については、次回更新でお伝えしたいと思います。ポストカードゲームのココノッツと何が違うかというと、南国のサルの9つのココナッツ争奪戦というテーマが付き、9つしか無かったエリアがユニークな計16枚のヤシの実カードに。また、プレイヤー同士が出し合うカードもトランプから専用のサルカードになりました。
イラストはひよこどりっぷのわとさん、アートワークは大蛇のえじきの作者、おーつぼじゅうじんさんにお願いしています。

16枚のヤシの実カードはうち2枚が固定で、残りの14枚からランダムに7枚選び、固定の2枚を加えた9枚を、3×3の形に配置し、最大9ラウンド、プレイヤー同士で9つのヤシの実を取り合います。
全員が1-10のカードのうち2枚を除く8枚の山札から3枚を手札にし。毎ラウンド、手番プレイヤーが選んだヤシの実を全員が1枚カード出し合い、単独で1番大きいカードを出したプレイヤーがヤシの実を獲得します。
但し、2番目に大きいカードを出したプレイヤーとの差が5以上なら2番目に大きいカードを出したプレイヤーが獲得します。

ヤシの実には出したカードが奇数なら+2されたり、使用済みの捨て札を利用したり、手番プレイヤーの宣言したカードは出せなかったり、渋々相手から渡させたカードで勝負しなければならなかったりと、様々な効果が付いているので、中にはコンボもあったりします。

なおヤシの実カードの組み合わせは全3432通り。毎日1回で9年間は遊べますw


お土産-01.jpg
プレイ中、ひかりんさんからの頂いた富山にしか売っていないというおつまみ。めちゃくちゃ美味しかったです!

次にプレイしたのが、ひかりんさんの相方、GSひかるさんの、短時間で遊べる新感覚陣取りカードゲーム「エンパイアジェネシス」(2-4人)。

配備・進軍・指揮アクションを駆使して、ラインとエリアを支配せよ!

EJ-01.jpg
左に縦に5枚、上に横に5枚の10枚の領地カード、中央に皇帝の玉座を配置した状態で、各プレイヤーは順番にカードを配備していきます。

カード左下の剣のマークが戦闘力、右下の王冠のマークが支配力になっており、カードにはそれぞれ移動範囲が描かれています。また、自分のカードの戦闘力以下のカードとの入れ替えが出来ます。

相手の戦闘力が下回っていれば相手は戦死して裏返り、裏返ったカードは戦闘力支配力共に0として扱われ、どのプレイヤーも入れ替え可能なカードになり、領地獲得に何の影響も与えないカードになります。

支配力の合計が単独1位になれば、手番の最初に領地獲得を宣言でき、5×5の25マス全てにカードが置かれてゲーム終了。

EJ-02.jpg
ゲーム終了時に、縦横のラインの領地カードのマジョリティーと中央の皇帝の玉座の周囲8マス、4隅の辺境の支配4マスそれぞれのマジョリティーをチェックして、領地カードを振り分けて、領地カードの合計が一番高いプレイヤーが勝利。
タイブレークはより高い勝利点のカードを持っているプレイヤーになります。
尚、辺境の支配と皇帝の玉座はゲーム終了時にのみマジョリティーチェックします。

ゲームシステムはGSひかるさん、イラストは先程の「彩」の作者さんが手掛けられているこの作品。
自分のカードの戦闘力以下のカードとの入れ替えが出来る指揮アクションのスパイスが良く効いており、目まぐるしく変化する盤面でのマジョリティーの取り合いがヒリヒリしてとても面白いです。

こちらも購入決定!!

このあと自分とシゲさんで、「ART OF WAR the card game」を、坂上さんとひかりんさんでひかりんさんの開発中の別作品をプレイ後、お開きとなり、シゲさんが予約して下さっていた、近くの焼鳥屋さん「秋吉」に移動。

やきとり-02.jpg


シゲさん.jpg


ひかりん.jpg


集合.jpg
そこではシゲさんのフィアンセ、Mさんとも合流し、美味しい焼き鳥を味わいながらまたまたボドゲ談義。

ここで遊んだのが、シゲさんが昨年のエッセンで見つけたという、Spyfallという3-8人で遊べる、ロシア産の正体隠匿系カードゲームで、プレイ人数分配られたカードには同じロケーションが書かれており、違うのは職業。ただその中に1枚だけスパイと書かれているカードが混ざっていて、8分間、スタートプレイヤーから誰か1人に、例えば「かぶけんさん、あなたは今何を履いていますか?」というような質問をし、それに答えた人は次にまた誰か1人を指名して質問します。
それに対してスパイでないなら答えられるはずで、もしスパイなら、ばれないように無難に答えたり、今まで出たものから検討して答えます。

【スパイの勝利条件】
・正体をばらしてみんながどこにいるのか当てられたら勝ち、間違っていたら負け。
・最後までスパイだと指摘されず、最後の多数決で自分がスパイに選ばれていない、もしくは誰かと同率。
※途中で指摘されても、その意見に賛成する人が過半数まで達しなかったらそのままゲーム続行。

【スパイ以外の勝利条件】
・途中でスパイを指摘し、賛成する人が過半数を超えて指摘した人がスパイだった時。
・最後の多数決でスパイだけ単独で1番投票数が高い状態にする。
※スパイが場所を間違えた時も勝利。

色々なヴァリエーションも思い付いたりして、これは今後も遊んでいきたいですね。

この後、明日のフリマのための体調管理も必要だったので、ここでお別れし、ひかりんさんと宿探しに名古屋へ戻って、明日の会場から歩いて行けるネットカフェに泊ることに。

極度の遅筆なので、当日編の更新はいつになることやらw


posted by かぶけん at 13:20| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

ゲームマーケット2014秋に参加して来ました!(当日編)

【当日】

かにT.jpg
昨晩は毎度のことながらあまり寝付けず、3時間ほど睡眠も取れたところで、本日のユニフォーム、ムブガの雨宮さんデザインのかに将棋Tシャツを着て記念に1枚。

7時過ぎにはホテルをチェックアウトし、新橋からゆりかもめで国際展示場前へといつもコース。今回もまたガンダムは観れず。

ビッグサイト-01.jpg
また懲りずにやって来ましたよっと。

8時前に到着すると写真を取るのも嫌になるくらい待機列には人・人・人。
出展者側の待合スペースに移動すると、先日のボドゲフリマ大阪でお世話になった、三千世界の烏を殺し、主と朝寝をしてみたいの作者、ろいさんとバッタリ。ポストカードゲームの話や本日の立ち回り方の話で盛り上がってると、こちらもフリマでお会いした、フラアバのヘビーリスナー、かぜさんが私達に気付かれて、しばしボドゲ談義。

企業ブース出展者の会場入りの許可が降りてから約30分後、一般ブース出展者の許可も降りて入場したのも束の間、そこで待っていたのは荷物が到着していないという事態。

この時間が実に勿体無く、自力搬入されてるサークルさんはスムーズに設営が進む中、殆ど設営道具も一緒に郵送してしまってるのでもう開き直るしかありません。

ちょうどProduct Artsの坂上さんと話すタイミングがあり、先日参加されていたエッセンで坂上さんが遊ばれていた、Six MaKINGというアブストラクトゲームがとても印象に残っていたことをお伝えると、

「あれはヤバイです!マジでヤバイです!!」

を連呼w

手番でできることは、自分のディスク駒を1枚空いてるマスに置く。もしくは置いてあるディスク駒(色は問わない)を動かすことですが、動かした際、他のディスク駒(色は問わない)の上で移動を終了しなければいけません。

注目すべきはディスク駒の重なる枚数で駒の強さが変化していくという斬新なアイデアで、

・一段:縦横1マス移動可能
・二段:飛車
・三段:八方桂馬
・四段:角
・五段:クイーン
そして六段以上重なった状態で1番上ある駒のプレイヤーが勝利という爽快感!

補足として、
重なっているディスク駒を動かす時は、全てを動かす必要はなく、好きな枚数を動かせます。
例えば四段の塔のディスク駒を動かす時は、4枚全てではなく1、2、3枚だけでも良いのです。
ただし並び順は変えてはならず、必ず上から取らなくてはいけません。
そしてその時の動きは何枚だろうと四段の動き(角)になります。
またお互いに同じ手を繰り返すことは出来ません。

美しいとはこのゲームのためにある言葉ではないかと思えるくらい話を聞いてすぐにでも欲しくなり、坂上さんとHemz Factoryシゲさんのおかげで運良く入手後にいつも楽しみにしている、大蛇のえじきの作者、おーつぼさん主催のジョイントボードゲームの集いで遊んで来ました。

SixMaKING.jpg
黒のボードに黄色と赤の駒のコントラストが良く映え、全てルーマニアの木が使われているのでとても丈夫で長く遊べる良いゲームです。洗練されたルールも素晴らしい!!

その後、到着するまでの間、知り合いのサークルさん方に挨拶をして回っているうちにようやく荷物が到着。

今回はダンボールが4つあり、先程の時間のロスを取り戻すために早速設営開始。
両隣りはオレカジやあてずっぽ殺人事件のTAGAMI GAMESさんと、今回参加している、ポストカードゲーム企画の発案者、十式ゲームワークスさん

しばらくしていつもお世話になりっ放しの、助っ人カヲルさんと合流。
カヲルさんには予約リスト分の小分けをお願いし、自分はテーブルにイメージした配置で作品を陳列。

ブース-01.jpg
ブース写真はこれ1枚。撮って下さったハイライフさん、有難うございました。
さすがにデかに将棋とデカOSUMOはテーブルに置くスペースは無い状態。出展物が多いのも考え物ですorz

開始時間の10時になり、GM2014秋がスタート!

今回はこれといった目玉作品がなかったのでゆっくりペースでしたが、思いのほか当日分のエルタイルズ基本セットが良い感じで、あとは予約分の引き取りに来られる方への対応ぐらい。OSUMO体験版が先日のボドゲフリマ大阪同様売り切れたと思っていたら、また別の箱の底に隠れており、結果的に持込み分の半分が残っていましたw

うぃりあむさん-01.jpg
唯一の救いは御贔屓にもゲームNOWA作品を全て購入して下さっている、うぃりあむさんがただ一人OSU割を利用して下さったこと。ホント嬉しかったです!!

エルタイルズ関連の購入特典にしたエルタイルズソリティアに関しては、当日購入された方々がそのことを知らなかったようでとても喜んで頂けました。

一部で高い評価を頂いているかに将棋は、デかに将棋を床に設置したのがいけなかったのか、持込み分の1/4 程度に終わり、今となっては北陸ボドゲフリマでの盛り上がりが良い思い出orz

ひかりんさん-01.jpg
前日のmomiさんゲーム会では殆どお話出来なった、人気ボードゲーム系Podcast、大門さいころ倶楽部通信のパーソナリティひかりんさん。このイベントの参加にギリギリまで体調が思わしくなかったようなので、こうしてお会い出来たことが嬉しいです♪

ブースが落ち着き始めた頃に、助っ人のカヲルさんにブース番をお願いし、自分自身の予約分の引き取りのため、しばらくブースを離れることに。

これが甘くありませんでした。何せ今回は過去最高の予約数ホールマップを忘れる方向音痴の3つが重なったため、時間のロスも多くて目的のブースが中々見つかりません。

また数が数だけに作者さんと話す時間が殆どなくて、まともに挨拶出来たサークルさんはごくわずか。

それでも実家ではエルタイルズを良く遊んで下さっているという、かぼへるさんご兄妹。メールで作品交換して下さった、ショーナンロケッティアズのショーナンさん。以前ブースがお隣になった時以来、親しくさせて頂いている、をしだやさん。お土産用にビンゴ新年というポストカードゲームを数十枚購入したらとても喜んで下さった、大気圏内ゲームズのドウゲンさん。当日販売のみなので、半ば諦めかけてたゴリティアが買えて大喜びしたら「いっぱい作りましたのでw」とにっこり微笑んで下さった作者のポーンさんと、取り置きをお願いしていた、ドワーフの城塞の作者のカレーさん。「安くて良い箱屋さん見つけたんですよ!」と色々教えて下さった、ひつじ算の鍋野ぺすさん。私がブースを離れられない時に、作者自身がおてつだいして予約分のゲームを全て持って来て下さった、ちゃがゲーのおてつだいクエストのタクミさん。
いつも拝聴させて頂いている、Podcast番組「おっさんのブランチ」から出展された、上座〜KAMIZA〜に合わせて、ナヴェさんがお作りになられた御三方の名刺を下さった、「僕と、嫁さんと、息子と、ゲームと。」の人気Podcast番組のパーソナリティでもいらっしゃるヨースケさんといつも鋭い切り口でボドゲブログも書かれているターコイズさん
「ごめんなさ〜い」と残念ながらすでにヘルウィグは売切れで、落水邸物語と高松だけは購入させて頂いた、従来なら前日にご挨拶出来ていたはずの、いつもお世話になっているゲームフィールドのnasika店長、mikiさん御夫妻等他、商品購入時に対応して下さったブースの方々、本当に有難うございました。

また午後2時頃には有難いことに今1番更新が楽しみな番組「The Game Gallery」の管理人、hal99さんが我がブースも取材して下さいました♪
ボードゲーム四方山話:2014年11月22日号 GM2014秋 サークル様インタビュー

halさんの和やかな取材のおかげで、普段ならボロボロになるところを、良い感じに進めて下さり、あがり症な面が出なくて良かったです。

まあそんなわけで、1点を除いて予約分は無事購入出来ました。

自分の出展物に関しては4箱中1箱半も売れ残ってしまい、もし試遊卓があればもう少し売れたのかもしれないですが、またゲムマ以外のイベントでも販売しますので、良ければ手に取って頂けたらと思っています。

長い間ブース番をして下さり、最後の後片付けと大量戦利品の梱包まで手伝って下さったカヲルさん、お疲れ様でした。

無事ゆうパック手続きも済ませ、よううやくGM2014秋は閉会時間となりました。

後日発表された本イベントの来場者数は7200人、ちなみに新作は243タイトルだったそうです。

ゲームマーケットを運営されたスタッフの皆様、出展された企業ブース、一般ブースのサークルの皆様、一般来場者の皆様、ゲームNOWAのブースにお立ち寄り頂いた皆様、「エルタイルズ基本セット・拡張セット」「かに将棋」「OSUMO体験版」「ココノッツ!」をご購入頂いた皆様、本当に有難うございました!
この場をお借りして御礼申し上げます。

今後の活動は来年1月の第2回名古屋ボードゲームフリーマーケット、3月のゲームマーケット2015大阪での出展を予定しています。

会場のビッグサイトを後にし、嬉しくもオサブラのナヴェさんご夫妻とカヲルさんの4人で私の方向音痴も気遣って頂き、東京駅で夕食をご一緒しました。

晩御飯-01.jpg
海鮮ちらしが美味しかったです。

ナヴェさんご夫妻が先日ボー研のカワサキさんご夫妻とお会いになられた話題の時に、奥様がニットキャップに付けられていた、かわさきみなさんのネコブローチがとても良くお似合いで、私も大ファンで集めている、はだけにあれは見逃さなかったです。
またナヴェさんの「ゲムマのゲーム出展、あれは麻薬ですね!ハマるの良く分かりますわ〜」に「でしょう!」と言いたくなるのを我慢w
「かぶけんさん、良く毎回あんなのに出られて良くやりますね〜」と言う言葉に、自分でも何故ここまでやるのか分かりませんでした。

食事の後はお土産の購入までお付き合い頂き有難うございました。
お土産にはナヴェさんの奥様オススメの、
ねんりん家:琥珀ざら芽のストレートバーム<ゆず風味>

インパクトと高級感が決めてとなった、
東京駅限定!帝国ホテルの「チョコレート詰合せ」

ちなみに昨年の東京駅周辺で買えるお土産ランキングはこちら


【戦利品その1】

戦利品-02.jpg
MAYOR(やおよろズ)、高松-Takamatsu-(Mücke Spiele)、HONNOJI(シンガリハット)、幻影探偵団(ハッピーゲームズ)

【戦利品その2】

戦利品-03.jpg
枯山水(ニューゲームズオーダー)、ポストマンレース第2版(Imagine GAMES)、ひつじとどろぼう(Power9Games)、ワールドモンガー(遊星からのフリーキック)、とりっく&でざーと(操られ人形館)、Rolling Japan(OKAZU brand)

【戦利品その3】

戦利品-04.jpg
STEAM WARS(たけのこ攻防)、Sushiダイス(Sit Down!)、アンリミテッド富豪(ぽんこつファーム)、ロストレガシー レジェンド(ワンドロー)、ゴリティア(ステッパーズ・ストップ)、タロット・オブ・ロカ(ウォーロードゲームズ 日本サポート)、ギャングスターパラダイス新装版(カイシンゲームズ)、サンゴク(リトルフューチャー)、落水邸物語(ゲームフィールド)

【戦利品その4】

戦利品-06.jpg
luz(倦怠期)、リア充爆発しろ(仮)(楠本舗)、ふだドミノ、テンガロン(サイ企画)、ホトトギス(米光と優秀なゲームデザイナーズ)、GHOST POOL(ASOBI.dept)、What’s Your Magic?、はらぺこおばけ(蜜健会)、Digital Numeral[電算数字](青い街)、SUPER ALL GREEN(しのうじょう)、ひつじ算(鍋野企画)、パイレーツコード(かぼへる)、ギルティブロッサム(こっち屋)、海底探険(オインクゲームズ)

【戦利品その5】

戦利品-07.jpg
Point:203、ウサギの都市計画(ショーナンロケッティアズ)

【戦利品その6】

戦利品-08.jpg
パニハイ!(全ファミ協会)、トリックORトリック(ワンモアゲーム!)、想像と言葉(米光と優秀なゲームデザイナーズ)、SLIDERスライダー(ASOBI.dept)、上座〜KAMIZA〜(オサブラゲームズ)、ディヴィ・ジョーンズ・ポーカー(TANSANFABRIK)、ITACHI(遊びたがり)

【戦利品その7】

戦利品-09.jpg
すぺーす・ぺっとしょっぷ(をしだや)

【戦利品その8】

戦利品-11.jpg
キャトリコラ(イリクンデ)、ドンクラーヴェ体験版(MoBGAMES)、フラアバ会場限定CD ペガVer.&ヘルやんVer. 、ケルベロスTシャツ(アバベロス)、

【戦利品その9】

戦利品-10.jpg
地方選挙ややわかり(やおよろズ まりえ先生)、突撃!隣のボドゲ棚 第1号(突撃!隣のボドゲ棚制作委員会)、パニハイ!読本(恋パラ支部長・木の葉燃朗)、みんなのインスト(ペンタメローネ)、ボードゲームおぼえがき(ワンモアゲーム!)語っていいボド!(Power9Games)

【戦利品その10】

RJEX-01.jpg
RollIng Tokyo (OKAZU brand)

RJEX-02.jpg
RollIng Japan まんが (OKAZU brand)

【戦利品その11】

PCG-01.jpg
2番目に大きい鳴き声をあげた家畜が前進する競争(をしだや)、ふぃんがぁ〜ふろっがぁ〜 (ちゃがちゃがゲームズ) 、ドワーフの城塞 裏(I was game)、12分Quest(遊星からのフリーキック)、パラダイス(サイ企画タンサンファブリーク同盟)、おさわり人狼(うずまきスイッチ)、平衡感覚ビーチバレー A(ツクルカ)、ちゃりんぽん(転がる運命亭)、ニャンリケ王子のセイルトゥジパング(OKAZU brand)、スベルコイン(十式ゲームワークス)

PCG-02.jpg
Flood Floor(MAGEGAME)、世界は4頭の象が支えている(中村誠)、ウェーイ×ウェーイ(哀愁旅館きたぐに)、ゴーニンジャー(シンガリハット)、Dungeon Wanderers(Hammer Works) 、平衡感覚ビーチバレー B(ツクルカ)、ドワーフの城塞 表(I was game)、ご〜すとらいた〜ず!(操られ人形館)

PCG-03.jpg
5分で終わる!ハルマゲドーン、BOMBER DICE、CITIZEN〜最高の権力者〜(夕日の土建屋さん)、試験無き王国(十式ゲームワークス)、ココノッツ!(ゲームNOWA)、陰陽賽(ペンとサイコロ)

PCG-04.jpg
YUBINバトル(笠間弘樹)、スゴカジ(TAGAMIGAMES)、コミュマス(pyx.is)、ビンゴ新年 3種(大気圏内ゲームズ)

PCG-05.jpg
プロモーション、じゃんけんゲーム、POtential queST(メカニクスメイカー)、ダイスターウォーズ(ゾック神社)

PCG-06.jpg
ガチャガチャ立体四目 、ソリティア美術館、ポスカ一武道会(スモールマテリアル)、書簡召喚ポスタルサモン(HLKTk工房)、突撃!(pyx.is)、ハジキュー(MoBGAMES)、Para Bellum (Analog(ic+y))、くいだおれうちうじん(数寄ゲームズ)

【戦利品その12】

PM-01.jpg


PM-02.jpg
ポストカードゲーム in ゲームマーケット2014秋 ホールマップ(十式ゲームワークス)

【戦利品その13】

チラシ-01.jpg
福丼県チラシ(ちゃがちゃがゲームズ)、ボードゲーム共和国チラシ(ボードゲーム共和国)、BODOGE PAPARAZZI in OSAKA(たなごころ)、髑髏王名刺(ハッピーゲームズ)、おもしろいゲーム研究会通信(米光と優秀なゲームデザイナーズ)、夢の森と僕のくまさんシール(シンガリハット)

【頂いた名刺】

オサブラ.jpg


その他名刺.jpg


ちゃがゲー.jpg


【頂いたお土産】

お土産-01.jpg
ナヴェさん、井上磨さん、カヲルさん、有難うございました。

【ちゃがちゃがゲームズ】 ちゃがゲー1.jpg
スタンプグラフィティ第2版、新装版ダンゴーダンジョン!、おとひめクエスト、かたろーぐ第2版、くだものあつめ、マネキング第2版

おてクエ-01.jpg


おてクエ-02.jpg
おてつだいクエスト

ダンゴーグッズ-01.jpg
新装版ダンゴーダンジョン!SET4

posted by かぶけん at 12:24| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする