2016年06月24日

名古屋ファミリーゲームフェスティバルに参加してきました。

チラシ.jpg
6月19日(日)、名古屋国際会議場 白鳥ホールにて開催された、名古屋ファミリーゲームフェスティバル2016(11:00〜18:00)に参加して来ました。

休憩.jpg
当初は列車で向かう予定で、開催3日前には既に荷物も全て発送済みだったのですが、それでも前日には再び増えたことで、結局車になり、間に一度休憩。

約3時間近くかけて名古屋に到着するも、目的地を勘違いしていたこともあり、会場入りしたのは開場時間の約1時間前。

会場内は広々としており、早速荷物の引き取りに向かうと、実行委員会のシゲさんこと内藤さんと山本さんにまずご挨拶、それから先日の春のゲームマーケットで、新作の「ロボめん」を委託を受けて下さった、をしだやのヲシダさんとの嬉しい再会。その他お知り合いの出展者の方々とも。

ブース-01.jpg
開場までまだ少し余裕があるとはいえ、急いで設営準備にかかるも、持参する寸法を誤ったテーブルクロスは試遊卓に使ったため、作品自体は販売スペースの机上に直置き。

見本展示.jpg
このイベントでは事前に申し込みしたサークルに付き1エリア(50×50cm)の展示スペースを頂けるのが良かったです。ただ、うっかり持参するのを忘れてしまったカードスタンドがないのが悔やまれます。
ひかりん.jpg
ちょうどこちらの展示中に、大門さいころ倶楽部のひかりんさんが私と同じTシャツを着ているのに気付き、近くにいた758ボードゲーム会のあおや・ゆいさんに記念写真を撮って頂きました。

我がブースのお隣はアスタリスク*ラボさん。
大阪鶴橋のディスカバリーゲームズさんのスタッフ、中瀬さんが連載中のごいた漫画、「ごいたのヨシフ」の主人公のモデルでいらっしゃる、ヨシフさん他4名によるサークルさんで、3Dプリンターで作られたコマ等を用いた作品、ごいたのサポートグッズ「ごい手」や「ねこごいた」も出展されていました。

少し離れたブースには、福井から参戦の人気サークル、ちゃがちゃがゲームズさんや遠く北海道から参戦の、モモンガジャンプでおなじみ、eggplantさん、そして、こちらで話題の「ボ育て本」を委託販売される、大人のボードゲーム部のまえだ部長の姿も。

そして11時になり、イベントがスタート。
すでに150名以上が並ばれていたらしく、広い会場内も体験卓等から埋まっていく感じでした。
しかし自分たちの周りではなかなかお客さんに寄ってもらえず、これはヤバいと感じていたら、ようやく30分ほどしてから、新作を中心にポツポツとお客さんが増えてきました。

8wiz-08.jpg
最新作の八人の魔術師。

ロボめん-03.jpg
新作のロボめん。

試遊卓が回り始めると途端に忙しくなり、しばらく休憩はあきらめることに。
自分の周りでは試遊卓は盛況に感じました。

午後2時くらいに大阪からの助っ人、かえでさんが到着。
何故かかえでさんが助っ人に入ってもらうと、先日のゲムマ神戸と同じように三忍者がポツポツ売れ出しますw

今回初めて作ったチラシや、展示スペースに展示させてもらった作品見本の効果もあったようで、この企画は良かったですね。

このあと、人気ボードゲーム系Podcast番組、今夜もアナログゲームナイトのパーソナリティー、太陽皇子さん司会の生配信インタビューにも出させて頂きました♪

ちゃがちゃが-01.jpg
人気のちゃがちゃがゲームズさん。

ちゃがちゃが-02.jpg
くだものあつめも大人気!

ちゃがちゃが-04.jpg
かたろーぐの作者、かわぐちさん。

ちゃがちゃが-05.jpg
欲しかった木製ダイスローラーは8分で完売だったとか。

ボ育て-01.jpg
eggplantさんのブースでは話題のボ育て本も大人気!

ドコドコ-01.jpg
大ヒット作「似顔絵探偵」でおなじみ、ジョイントゲームファクトリーさんの最新作「どこどこオッタ!」の試遊もできるようでした。

鍋野企画-01.jpg
名古屋の人気サークル、鍋野企画さん。

時間があれば色々回りたかったのですが、結局自分のブースの試遊と販売で手一杯。
成果的には最新作が持ち込みの1/5、新作、準新作が片手程度の売れ行き、中古は持ち込みの1/3にとどまりました。
ただ良い出会いがあり、特に最新作に関しては気に入って下さったも多く、中にはボードゲームのコミュニティサイトに寄稿して下った方もいて、とても嬉しかったです!

売れた数は確かに大事かもしれませんが、それが次にもつながるとは限りません。
それよりも遊んで頂いたレビューを一つ一つ大切に、また励みにしたいと思います。

このイベントに関してTwitterのTL上では色々な意見が出ていましたが、自分的には良い経験になりましたし、出展できて良かったです。

矢場とん-02.jpg
イベント終了後は、大雨に合いながらも名古屋市内で、かえでさんのリクエストの名古屋名物のみそカツを食べて帰りました。

【収穫もの】戦利品.jpg
我流功夫極めロード、双子の王子、インサイダーゲーム、Twinz、ボ育て本×3、くだものあつめデラックス

ロボめん-01.JPG
サイン.jpg
ロボめんのキャラクターデザインを手掛けて下さった、をしだやさんのイラスト入り直筆サイン



posted by かぶけん at 07:00| Comment(2) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

名古屋ファミリゲームフェスティバル2016に出展します。

チラシ.jpg

6月19日(日)に名古屋国際会議場 白鳥ホールにて開催される
名古屋ファミリーゲームフェスティバル2016(11:00〜18:00)に参加します。

ホール図.jpg
ゲームNOWAは【一般ブースB-02】になります。

【出展作品】
・三忍者(2-4人/10歳以上/15-30分)イベント価格:2000円
・ロボめん(2人/7歳以上/15分)イベント価格:2000円
・八人の魔術師(2人/10歳以上/20分)イベント価格:1700円
・中古ゲーム

三忍者
三忍者-01.JPG

三忍者-02.JPG

戦国の世に敵対する伊賀(徳川)と甲賀(豊臣)。この戦いを4つのモードで表現。
7枚の手札から3枚以上で手役(陣)を重ねてカードコンボ「超烈斬」!
相手に手裏剣ダメージを与え、陣営ポイントを「0」にすれば勝利という、30分程度で気軽に遊べるカードゲームです。

人気サイト、やおきんさんの「浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-」でもご紹介頂きました。

三忍者のマニュアルはこちら

ロボめん
ロボめん-01.JPG

カタログ.jpg

3×4マスの盤上でお互い3種類のロボットコマを、3すくみで対決させ、負けた方は決まった方向に1マス移動後に反転(オモテとウラがひっくり返える)。早く盤上の外へ相手のコマを2体押し出せば勝ちという、2人用のアブストラクトゲームです。

【手番に出来ること】
自分のコマ1体を、
1.前後左右の何れかの方向に1マス移動
2.コマのオモテとウラをひっくり返す。


【ロボットコマの3つの特性】
1.ハンパツ
隣接した相手のコマが自分のコマと同種類で同じ向きなら、お互いが反発して決まった方向に1マス移動後反転。

2.ヒキアイ
自分の同じ種類のコマ同士が隣接すると、同じ種類の相手のコマが同じ向きで隣接しても、相手のコマだけ1マス移動後反転。

3.逆境システム
残りのコマが2体になると、コマに内蔵された「逆境システム」が働き、斜め移動も可能になる。

プレイ動画




ロボめんのマニュアルはこちら


八人の魔術師
8wiz-01.JPG


ロゴ.jpg
この作品のタイトルロゴは、あのチューリップ・バブルやこっち屋さんとのコラボ作品「タロットストーリア」「ブタバベル」でおなじみ、ボードゲーム制作同人サークルぐうのねのことり寧子さんに手掛けて頂きました。

また、パッケージの背景素材はらむりて台本部さんからお借りしました。

「八人の魔術師」は1ラウンド=最大5ターン、1ゲーム=4ラウンドで構成されています。
お互い20枚の対称カードを山札にし、上から10枚引いて5枚を手札にし、残った5枚は戻して混ぜ直します。そして先攻から手持ちの1点×3個、2点×1個の魔石から1個を賭けます。

先攻から手札の1枚を出し、そのあと後攻も同様に出します。カードは魔術師8枚、モンスター12枚で、全てに0-4までの何れかの数学と効果(モンスターは初級ルールでは効果は使いません)があり、ターンに勝てば次のターンは先攻、引き分けなら前ターンの勝者が先攻になります。

最大5ターン中、3ターン勝てば自分+相手の賭けた魔石を得点化できますが、それ以外の勝利は自分のみ得点化。勝利ターン数が同じ場合、魔術師の使用枚数の少ない方が自分のみ得点化。それ以外はただの石コロ扱いです。

基本は数学比べですが、そこに魔術師の効果、更にはモンスターの効果を加えると、効果適用後の数字がそのカードの強さとなるため、色々絡み合って出す順番や引き時が重要になります。
プレイ時間は約20分(慣れるまでは25分くらい)で、非常にテンポが良く、また毎回違う展開になるので、リプレイ性のある作品となっています。

八人の魔術師のマニュアルはこちら

【特別割引】
今回「八人の魔術師」と「ロボめん」を一緒にご購入頂く場合、先着2015名の方には通常3700円のところを3200円にて提供致します。(2016.6.14 追記)
※手工業が間に合わず、申し訳ありません。

【お詫び】
取り置き予約につきましては、スタッフがいないため、当日販売のみとさせて頂きますことをご了承下さい。


posted by かぶけん at 09:04| Comment(0) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。