2020年08月01日

『昆虫ゲッチュ!』について

本作の原案は、元々500円というリーズナブルな価格帯で、意欲的に創作ゲームを出し続けておられる、ヲシダさん(をしだや)の「海賊と金塊」です。

海賊と金塊は過去に、あのすごろくや様でも取り扱われており、またゲームマーケット大賞第1次審査通過という、実績もある優秀な作品です。

ゲームNOWAでは昨年の秋から、他のサークル様(第1弾:ワーデミック、第2弾:ドッグタッグトリック)の作品をパブリッシングするようになりましたが、当初はこの海賊と金塊が第1弾になる予定でした。

同じ海賊のテーマでいくか、それとも別のテーマでいくか。

実は、中々結論が出ないこともあり、先延ばしになってしまったのですが、私自身が生き物、特に「虫取り」をテーマで、いつか作りたいという思いがずっとありました。

そして、この海賊と金塊が、各海賊チームがキャプテンとその手下で、埋めた金塊を奪い合うゲームなので、この金塊を虫に、海賊チームを虫取りチームにしてみたら良いかもという案が浮上し、このテーマが閃いてから数ヶ月後に「昆虫ゲッチュ!」という、拙作「宇宙逃げろ」(そらにげろ)以来の神タイトルが天から降りて来ました。

このタイトルに対して周りの反応も申し分のないものでしたので、イラストを含めたアートワークも、「ドッグタッグトリック」で全36種類のワンちゃんを描いて下さった、現在、話題のトリックテイキングゲームアナフラ騎士SHOCK!」でもお馴染みの、おーつぼじゅうじんJoynt Games Factory)さんにお願いしました

このおーつぼさんとのやり取りがとても楽しくて、最終的には、各虫取りチームのメンバーは全てユニーク、また得点となる虫カードも、オリジナルより増やしたのですが、おーつぼさんは快く引き受けて下さいました。

IG_box_front_02.jpg

IG_box_back_02.jpg

この昆虫ゲッチュ!では、特にオリジナルのルールで、後手番が有利だった部分にスポットを当てて、アイデアを練りまくった結果、完璧とまではいかないまでも、かなり緩和できたと思います。
それもあり、原案のヲシダさんからの御提案により、昆虫ゲッチュ!は2人の共作という形で、リリースさせて頂けることになりました

ゲーム中に出来るアクションはとても簡単で、以下の2つのうち、一つを行うだけです。

・3枚の手札からチームのメンバーを1枚、表向きで場に配置
・自分の山札の一番上の虫を表向きで場に配置


IG_member_01.jpg

IG_mushi_02.jpg

全員が手札と山札を出し切れば、ゲームは終了し、虫に隣接したメンバーの、腕前レベル(最大3)の合計の高い方(同じ場合は枚数)が対象の虫を獲得できます。

IG_play_01.jpg

それぞれの虫に対して、どのチームがゲットしたかを判定し、最終的に獲得した虫の得点の合計が最も高いチームの勝利します。

当初はゲームマーケット秋に合わせてリリースする予定でしたが、おーつぼさんのイラストの仕上がりが想像以上に早く、また印刷に関しても、この夏の間(虫取りと言えば、やっぱり夏ですよねー)に仕上げて頂けるルートを見つけることができました。

この「虫取り」をテーマにしてから、「虫嫌い」が一定層いることを知り、それならターゲットを絞って、虫に抵抗がない人向けに作る方が良いと判断しました。

ただそれでも、セットアップがとても簡単で遊び易く、それでいてジレンマたっぷりのミニマルな作品なので、今でも多くの方々に遊んで頂きたいと思いは強いですね〜

昆虫ゲッチュ!のマニュアルはこちら

発売日は8月中旬で、一般販売価格は1980円」(税込)に決まりました。

どうぞお楽しみに‼︎


posted by かぶけん at 11:35| Comment(0) | 昆虫ゲッチュ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。