2012年05月21日

ゲームマーケットから一夜明けて

GM2012春から一夜明け、今日はGM以上に楽しみにしていた「大友克洋GENGA展」を観に行きます。
事前に購入しておいたチケットは午前11時半から午後3時の間観賞出来るということで、前日、宮野さんからもらって冷やしておいた昆布おにぎりを今日の朝食にして、それまでどうするか部屋でTLを追いかけながら考え中。
結局、せっかく浅草に来たので、浅草寺と仲見世を見物することに決まり、チェックアウトしたホテルを後に、浅草寺へ。
ところが方向を間違えて歩き出したため、気付いて到着した頃にはいい時間になっていました。

二天門.jpg


二天門

雷門.jpg


雷門

残念ながら写真を取り忘れてしまったのですが、仲見世通りは色んな出店があるので、平日の朝早くから大勢の観光客で賑わっており、ワクワクしてきます。
朝飯がおにぎり1個だったので当然、小腹が空いており、まずは木村屋の人形焼きの餡なしというのを宮野さんと食べ、普通に美味しいという印象でした。
次は九重のあげまんじゅう。宮野さんはカスタード味、私はもんじゃ味で、どちらかというともんじゃ味の方が好みでした。
その次に寄ったのは、嫁から「浅草行くならせんべい買って来て」と言われていたのを思い出し、亀屋で、人気せんべい4種類16枚入りを2個買いました。帰って食べましたがとても美味しかったです。

この日は朝から気温が上がっており、さすがにのどが渇いたので、浅草ちょうちんもなかでざくろジュースというドリンクを買い、これでのどを潤しました。さっぱりした味で丁度良かったです。
ここは全国で唯一のもなか専門店だったのに、もなかを食べず少し後悔しています。

取り合えず仲見世通りを満喫出来たので、このまま浅草駅まで行き、宮野さんはオタクの聖地、中野ブロードウェイを目指して中野へ、私は「大友克洋GENGA展」を目指して末広町へ向かいました。

到着するともう腹ペコで何でもいいからと、カレーのココイチで「新潟たれかつカレー」を注文。
これが結構美味しくて、最近自宅でしかカレーを食べてなかったので、この味は格別でした。
これをぺろりと平らげ、店の外に出るとかなり日差しが強くなっていたので水分を補給しながら、統合により閉校した中学校の校舎を改装して作られた「大友克洋GENGA展」の会場「3331 Arts Chiyoda」へ向かい、そして到着。

 「大友克洋GENGA展」では、約2300枚にもおよぶ「AKIRA」の全原画のほか「童夢」「気分はもう戦争」「さよならにっぽん」など代表作や、画集「KABA」「KABA2」の原画約3000枚を展示。「AKIRA」のキャラクター・金田の“バイク”や「童夢」の一場面を再現した“へこんでいる壁”などの展示物も用意されていました。
過去に類を見ない膨大な数の原画に圧倒され、出版物では味わえない新たな感動も体験。
昔から大友先生が好きで、殆どの作品は保持しているのですが、特に自分が好きな作品の原画を真近で見れるなんて、こんな幸せなことは滅多にないです。

GENGA展.jpg


大友克洋GENGA展

穴ぼこ.jpg


童夢の「へこんでいる壁」

金田のバイク.jpg

金田のバイク

KABA2.jpg


画集「KABA2」

今年の初めに発売されて以来ずっと買いそびれていた画集「KABA2」がこちらの会場なら手に入ると楽しみにしていたのですが、既に売れ切れていたので会場を出た後、新宿の紀伊国屋書店に取り置きをお願いし、宮野さんと合流する前に立ち寄って手に入れることが出来ました。
ただ余りにも重く、自宅に戻ってからAmazonで買って楽しようと思えば出来たのですが…。
その後、中野で時間を潰し尽した宮野さんが三鷹にいるとのことで、そちらに向かいました。

そう三鷹と言えば、あの世界のボードゲーム・カードゲームの専門店、テンデイズゲームズさんのあるところで、三鷹駅から歩いて10分もかからなかったと思います。

テンデイズゲームズ.jpg


テンデイズゲームズ

写真を取らせてもらえば良かったと後悔するほど、店内は関西ではあまり目にしないゲームが所狭しと並べられ、店内の中心にある大きな木製の机上には前日のGMの戦利品や整理中の新作ゲームやらで埋まっていました。
丁度私たちが訪れた時はパートの女性のお隣でパソコンの前で作業されている、タナカマさんが笑顔で応対して頂きました。

タナカマさんとはGM大阪でお会いしており、おそらく宮野さんだけは覚えておられたと思います。
確か1時間半くらいはお邪魔していたでしょうか?
ゲームにまつわるいろんな楽しいお話を聞かせて下さいました。

あげ潮.jpg


あげ潮

その間、電池切れのiphoneを充電させて頂いたり、コーヒーまで御馳走になったので、お茶菓子に、前日のGMでcobinさんとハリマオさんにお土産として頂いた「あげ潮」という、生地にオレンジピールやくるみ、レーズンを混ぜて、手でコーンフレークをまぶし、天板に並べて焼いた、サクサクした食感が絶妙な和風クッキーをみんなで召し上がりました。
これがとても美味しかったので、また機会があれば食べてみたいですね。

cobinさん、ハリマオさん、どうも有難うございました。

フードファイト・クリ―チャーズ.jpg


フードファイト!とクリーチャーズ

店内で、前日のGMで売り切れていた「フードファイト!」の最後の1つを見つけたので、前から気になっていた「クリ―チャーズ」と一緒にこの2つのゲームを購入しました。
そのあと、宮野さんが御自分のゲーム「TURTLE&BUNNY」とその拡張セットをアピールして、タナカマさんに購入して頂いていました。
その時、私も「OSU」を見て頂こうと思ったのですが、既に、余った在庫をゆうパックで自宅に送っていたので、出来ませんでした。無念。

ここで、今頃思い出した前日のGM戦利品が1つ残っていました。

温故屋
温故屋.JPG


覇者の杖

書籍だったのですっかり忘れていましたが、これもれっきとしたゲームで、正しくはゲームブックというジャンルになります。
読者の選択によって ストーリーの展開と結末が変わるように作られた、ゲームとして遊ばれることを目的としている本で、80年代半ばにブームが来た頃に、私もこれにはハマりました。
この「覇者の杖」は同人とは思えないほどの出来栄えで、プロの方が描かれた挿絵がカッコ良過ぎです!!
予約なしでブースに行ったため、残り僅か5冊と、テーブルに置かれた大きいダイス目で表示されていて、良く買えたと喜んでいました。
久しぶりのゲームブックなので、じっくりと遊んでみたい一品です。


この後7時半過ぎに前日お世話になった長谷川登鯉さんとお会いすることになっており、これ以上長居は申し訳ないと思い、テンデイズゲームズさんをあとに、待ち合わせ場所の中野ブロードウェイに向かいました。

宮野さんが時間を潰し尽したという中野ブロードウェイに再び足を踏み入れ、お昼はお腹にものを入れていなかったという宮野さんと、韓国のソフトフードを扱っている明洞屋台いうお店で、宮野さんのは思い出せませんでしたが、私はホットドッグとチーズ巻ずしを食べてました。

この後、宮野さんは本日2回目だという4階にあるドロッセルマイヤーズさんへ行きました。
店内はこじんまりとしていましたが、かなりオシャレなお店で、定番ゲームや普段目にすることのない輸入ゲームの数々に驚きました。
店頭には二人用ゲームの「ガイスター」が置いてあり、宮野さんと3戦して1勝2敗。
目立つ所に置いてあるので、来られたお客さんがよく遊んで行かれるとか。
他にも気になるアブストラクトゲームもあり、もう少し時間があれば見たかったです。

そして、待ち合わせていた長谷川さんがお見えになり、我ら3人はボードゲーマーが良く集まるBar「フローチャート」さんというお店に向かいました。
店内は落ち着いた雰囲気で感じが良く、入口のすぐそばにボードゲームが遊べるテーブルがあり、そのそばに色んなゲームが並べられており、長谷川さんの「セブンスナイト」も置いてありました。
この二日間の出費が堪えて、ドリンクのオリジナル梅酒だけで済ませてしまいましたが、名古屋出身マスターの名古屋めしというのを食べてみたかったです。
結局、帰りの夜行バスの関係もあったので、ゲームは出来ませんでしたが、長谷川さんとゲームの話で盛り上がりました。
そのうちに私の帰りの夜行バスの時間が迫って来たので、ここでお開きにして急いで中野駅まで行き、そこから新宿へ向かいました。
方向音痴の私のためにバス停まで見送りに来てくれた長谷川さん、有難うございました。そして1時間遅れのバスで大阪へ帰る宮野さん、お疲れさまでした。
これで2日間の充実した休日が無事に終わり、大阪の堺に到着すれば、帰宅せずにそのまま職場へ。
またいつもの日々が始まります。

posted by かぶけん at 06:03| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: