2012年05月05日

創作ゲームプレゼン会@AKIKANでゲーム会

かぶけんです!
昨日は前日からこのブログを立ち上げたり 対戦型タイルゲーム『OSU』の説明書を作るのに貫徹してしまいました。少しは休息しないと身体が持たないのですが、最近、2時間くらいの睡眠時間が普通になってきて、そのうちこの反動が来ないかと気にはなっていますが…。

この日は、前から参加したいと思っていた、京都にある福井和也さん主催の『AKIKAN』でゲーム会に参加してきました。
いつもの方向音痴が災いして午後1時前の到着になってしまい、既に10名近くの方が来られていました。

『AKIKAN』は「コミュニティを育てる空間」というコンセプトのもと、各種会議(Work)、学術講座(School)、個展やグループ展(Art)、制作用アトリエ(Create)、発表や催事場(Event)などの、利用者が実現したい文化的創出の支援を目的としたレンタルスペースということで、この日も沢山の方の素敵な作品が壁一面に展示されており、時間があればゆっくり見たかったです。
また、ゲームを楽しむにも最適な環境で、癒しの空間としてこれからも機会があれば参加していきたいと思いました。

1時過ぎから、この日のメインである『創作ゲームプレゼン会』の打ち合わせがあり、その前にゲーム会ではおなじみの“クニツィアの狂信者”HIGEさんに声を掛けて頂き、以前から遊んでみたかった、1つの箱に14個もゲームが入っているという何とも豪華な『古代ローマの新しいゲーム』の中の『近衛兵』というゲームを遊びました。
1〜10までのカードがそれぞれ赤・紫・青・緑・黄の5色あり、それが1つの山札になっており、自分の手番になると好きなだけカードをめくります。
その数字がそのまま得点になるのですが、「赤・紫」と「青・緑」の2つのグループがあり、別のグループが出てしまったら、バーストで即アウト!今までにめくったカードは得点になりません。黄色は中立色になっており、どの色にもなります。
面白いのは、めくったカードが別のグループの色でも、数字が同じならバースト扱いにならず、その時点で得点になるというところで、だれかが99点まで達したらゲーム終了です。

HIGEさん、なかつさん、宮野さん、自分の4人で行い、序盤から堅実に得点を重ねた宮野さんが、終盤でバースしながらもなかつさんの追撃を交わして勝利しました。
HIGEさんは大胆に攻めすぎていいところでバースト、自分も中盤までは先頭集団にいたのですが、詰めが甘く最後は追いつけませんでした。

短時間で終わるゲームが好みの自分はとても気に入り、HIGEさんの話では、このシステムは名作『フロカティ・サーカス』に繋がっていったということらしいです。納得!!

創作ゲームプレゼン会以外で遊べたのはこの一つだけだったのですが、また一ついいゲームに巡り合うことが出来ました。残念ながら絶版になっていますが、ゲーム会などに参加すると遊べる機会もあると思います。

グダグダ感満載の創作ゲームプレゼン会については次回にゆっくりとご紹介したいと思います。


posted by かぶけん at 10:33| Comment(0) | 創作イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。