2014年07月04日

夏だ!フリマだ!Tシャツだ!

いよいよ1ヶ月を切った、自身この夏最大のイベント、『北陸ボードゲームフリーマーケット』(以下北陸ボドゲフリマ)に参加する際、ボードゲームの新中古販売・オリジナルゲームの試遊・販売以外に何かできないものかと考えていたのですが、夏なので「オリジナルTシャツ」とか作りたいなぁとTwitterで呟いていたら、ある方から「良かったらデザインしますよ!」と嬉しいお言葉が…!!

先日ゲスト出演させて頂いた、人気ボードゲーム系Podcast 大門さいころ倶楽部通信:第7回 でもお話した、ゲームマーケット2014春でも話題になり、この北陸ボドゲフリマでも「ゲームストア・バネスト」さんで委託販売される、「MBUGA (ムブガ) 〜Survive on South Savanna〜」の作者、SPACE ELEVATOR GAME CREATES の雨宮さんからでした。


NOWA-T01.jpg

ゲームNOWAサークルTシャツ:まさかエルタイルズ×かに将棋がこんなにマッチするとはw


NOWA-T02.jpg

エルタイルズTシャツ:エルタイルズのイメージカラーである黒に白のラインが映える、テクノっぽさがイイ感じ!! 
【お詫び】印刷屋さんの都合でこの商品だけ販売出来なくなりました。
また別の機会に予定していますので今回はご了承下さい。



NOWA-T03.jpg

かに将棋Tシャツ:雨宮さん曰く、さえないカニw。やはりカニは赤ですね。思い切った構図がとても気に入っています。

Tシャツを作るのは今回が初めてなので、当初は1点だけに絞るつもりだったのですが、雨宮さんのデザインに惚れてしまい、すべて作ることにしました。
Tシャツのボディ色は自分のこだわりもあり、それぞれ上記の色のみになりますが、サイズについては下記のサイズ見本から好きなサイズを選んで頂けます。

サイズ見本.jpg


サイズ表.jpg



【販売価格】
ゲームNOWAサークルTシャツ、かに将棋Tシャツとも1700円になります。

【販売方法】
@平成26年7月27日(日)福井県越前市 ショッピングタウン「シピィ」2階シピィホール 催事スペースにて開催される「北陸ボードゲームフリーマーケット」(10時〜16時)で、13時からの開場となっている、ボードゲームフリーマーケット「ゲームNOWAブース」で販売致します。
なお、数に限りがありますので、当日来場されてTシャツをお求めになりたい方は取り置き予約をお勧めします。

A当日、北陸ボドゲフリマにお越しになれない方でお求めになりたい方も予約して頂けます。
その場合、商品代金+送料(300円)の指定口座への入金を確認次第、こちらから発送致します。

B当日、北陸ボドゲフリマにお越しになれない方で手渡し可能な方も予約して頂けます。
その場合、もちろん商品代金のみです。

【予約期間】
平成26年7月4日(金)〜7月6日(日)まで。

【予約方法】
お名前、希望商品名、サイズ、数量、受け渡し方法(会場で受け取り・郵送・手渡しのいずれか)を明記の上、
(例)かぶけん ゲームNOWAサークルTシャツ(M)×1 会場
こちらのTwitterアカウントにDMを送って頂く、
もしくは
kabuken215(あっとまーく)gmail.comまでご連絡下さい。
返信の際、予約番号をお伝え致します。
posted by かぶけん at 20:37| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

第1回名古屋ボードゲームフリーマーケットに行って来たりとか。

随分時間が経ってしまいましたが、さる1月11日(土)愛知県産業労働センター ウインクあいちで開催された、今年一発目の大イベント、第1回名古屋ボードゲームフリーマーケットに行って来た話とか、名古屋での2日間をいつものようにグダグダと。

【1日目】
3連休の初日開催ということで日帰りか1泊するかギリギリまで悩んだ挙句、久しぶりの名古屋だし他にも目的が出来たので一泊することに。

開催前夜は3月のGM2014大阪に出展予定の『L-TILES-エルタイルズ-』再販分の入稿のトラブルで一睡も出来ず、当日特急アーバンライナーで名古屋に向かい、途中睡魔に襲われるも歯を磨き忘れたことに気付き、せめて口臭だけでも消そうと、駅の売店で購入したBlackガムのその効き目で結局寝れずそのまま9時半前に名古屋に到着。

到着すると激しい腹痛に見舞われ、駅のトイレでしばらく悪戦苦闘。

腹痛が治まり地上に出ると、iPhoneのマップを使って目的地を探すも中々辿り着けず、着いた頃には開場の10時半数分前で、2列に分かれた待機列にはお知り合いの御顔もチラホラ。

この場内整理のお掛けで、今回のイベントを企画されたボードゲーム系人気Podcast、フランとアバンと仲間たち(通称:フラアバ)のパーソナリティ、アバンさんの開始案内ともにスムーズに入場出来たのはとても良かったと思います。

入場者の方々はそれぞれ目的のブースに流れてもしばらくはかなりの人の数でしたが、それでも一通りゆっくり見て回ることができました。

名古屋ボドゲフリマ-01.jpg
大盛況です!

ゲームストア・バネスト、すごろくや、プレイスペース広島、TANSANFABRIK、みさき工房、ProductArts、鍋野企画、YbY Games、MoBGAMESとか。、KEY商会、フレンドファクトリー、トラハネレコード、ein、名古屋でもカタンを楽しむ会、ボードゲーム共和国、ちんねん組、テーブルゲームほわっとぷれい、他個人ブース等。良くぞここまでの出展者が集結したものだと関係者と出展者の皆様に感謝☆彡

まずは個人ブースで小箱のカードゲーム「23」を購入。ここはかなりの人集り。設定価格が低いので飛ぶようにゲームが無くなっていき、平積みだったので中々底まで物色するのは困難でした。
次にTANSANFABRIKさんのブースで、今晩宿泊時に着る下着がなかったのでタンサンTシャツを1枚。以前ブログで見て欲しいなぁと思っていた柄が500円だったので迷わず購入!

戦利品-02.jpg
死神の御守りが決め手でした。

今回こちらにはあの長谷川登鯉さんご本人もお越しになられ、昨年末に発表された「月狼画集」や「詠み人知らず」を遊びやすくするために作られた「詠み人知らず便利帳」が置かれており、特に詠み人知らず便利帳は完売だったようです。

こちらのブースには再度お伺いし、今夜花札を教えてくれるという名古屋の友人への手土産にあの話題の「8bit花札」を購入しました。ちなみに自身は既に桐箱バージョンを購入済み。

その後は沢山のお知り合いの方々と顔を合わせては、ブースの端での立ち話に花が咲いてそちらに夢中になり過ぎ、午後からもこんな調子で結局全てのブースの方々とお話することが出来なかったのが残念です。

念願のフラアバメンバーの1人、コロンさんには初めてお会いできましたが、番組の中での印象とは少し違っていて、とても誠実そうな方でした。どうもお酒が入ると少し変わられるようです。(プーさん談)
お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢さんばりのあのハスキー声は健在でした。
また最近フラアバでよくお声を耳にする、名古屋市内にある「アミューズメントバー ケルベロス」のヘルやんさんにもお会いでき、名刺とお店のチラシを頂きました。

今回は直接お話出来なかった、中野さんのバネストのブースや、初めて御顔を拝見出来た、スリムなイケメン、丸田店長さんのすごろくやのブースも大盛況で、他にもProductArtsの坂上さんのブースでは久しぶりに再会する友人の手土産の一つに、最新作の戦略スゴロクゲーム「BIRTH」が残り僅かだったので迷わず購入。こちらも持ち込まれた作品は全て完売だったようです。

あと目に付いたのはガ○ダムの被り物を見にまとい、早い時間から自身の新作「メイクルール」の試遊をされていた、アバンさん一押しのサークル、YbY Gamesのお二人のブースにはずっと人集りが出来てましたね。

会場にはTable Games in the Worldの小野卓也さんや、膨大な数のゲームレビューをとても分かり易く書いておられる、ふうかのボードゲーム日記のふうかさんご夫妻の姿もお見かけしました。

あとein(アイン)というブースの方々のボードゲーム漫画も気になっていて、あとでゆっくり伺うつもりがタイミングを逃してしまいちょっぴり後悔。
その他、みさき工房さんのブースでかなりのレアゲームを目にしたのですが、一足先に手に取って購入されていてもう少し早ければと、これもまた後悔w

ちょうどお腹が空いて来た頃、お昼御飯に名古屋駅の新幹線地下街「エスカ」に行くということでご一緒させて頂きました。
どこのお店もいっぱいで、ぐるっと一通り回ってようやく入れたのが、元祖手羽先唐揚 風来坊

ボードゲーム研究室!のカワサキさん、長谷川登鯉さん、くまごろさん、ハリマオさん、わとさん、自分。注文したのは定番の手羽先定食。ただ手羽先は食べ慣れていないせいかなかなかきれいに食べられず、それなら隣りでハリマオさんが美味しそうに食べられていた櫃まぶしにすれば良かったとこれまた後悔。

手羽先定食.jpg
それでも美味しかったです。

食べている間、あまり知らなくてついていけなかったデジタルゲームの話題もようやく終わり、店を出たあと会場に戻ると少し落ち着いた様子で、テーブルのあちこちでゲームの試遊風景が多く見られ、この雰囲気がとても和やかで良かったです。名古屋だけにw

また地元ということでI was gameのカレーさんご夫妻も見えられ、ご親切にもエルタイルズの再販や次回作の悩みに耳を傾けて下さって本当に嬉しかったです。

名古屋と言えば鍋野企画さん。こちらも新作「犯人は踊る」や予約受付の告知があったことをギリギリまで気付かず、アバンさんに「まだ少しだけありましたよ!」と教えてもらい、あわてて購入した「コイン人狼」が予想を遥かに超える売れ行きだったようで、鍋野さん御自身も驚かれていました。

3時前には昨年、東京ボードゲームフリーマーケットを主催された薫風のしげさん、さらに篠原遊戯重工の篠原さんともお会い出来きました。篠原さんは彼女さんの実家にご挨拶に行かれる途中でこのイベントに立ち寄られたようで、スーツ姿にあの素敵な笑顔が印象的でした。

しげさんとはMoBGAMESとか。の宮野さんの次回作「ドンクラーべ(仮)」という、各自6種類の条件カードと1-4の数字でドングリの背比べをするバッティングゲームをハラキリサーカスの道化師さんやニコ動でおなじみの、ジークリボンPさんも交えて試遊しましたが、これが大盛り上がりで面白かったです。

手番プレイヤーが条件カードの1枚をオモテ向きに、数字カードを1枚裏向きに出します。
他のプレイヤーは順番に同じように出していき、バッティングしなかったプレイヤーの数字が場に出された他の数字と比較して、自分の出した条件を満たしていればその条件カードに描かれた得点が貰え、いずれかのプレイヤーが4枚条件カードを獲得すればゲーム終了で、得点を一番多く持っているプレイヤーが勝者というゲーム。

得点するとその条件カードは使えなくなり、得点出来なかった他のプレイヤーの条件カードは手札に戻ります。(宮野さん、間違っていたらごめんなさい。)
ほぼシステムは完成されてる感じなので、今から製品化されるのが楽しみです。

その後閉会時間まで、再び鍋野企画の鍋野さんと今回のイベントの感想やゲームの作り方について語り合いながら、今後はゲームブックのようなものも作ってみたいとおっしゃっており、挿絵に奥様のイラストが入ると思い浮かべただけで、楽しみがまた一つ出来ました。

トラブルもなく無事に幕を閉じた「第1回名古屋ボードゲームフリーマーケット」。初めての試みも、来場者数約400人という発表に次回開催も期待出来るイベントになって良かったです。
実行委員長のアバンさん、テーブルゲームほわっとぷれいさん、スタッフの皆さま、出展者の方々、本当にお疲れさでした。

戦利品-01.jpg
戦利品。

このあと予定されていた打ち上げには残念ながら参加出来ず、久しぶりに名古屋の友人と会うために会場をあとに。

名古屋駅から名鉄で約半時間の駅のターミナルに車の中で待っていてくれた友人。自分の結婚式に出席してくれた時以来実に15年ぶりの再会で、そのまま彼の自宅に向かいました。

彼の家は築120年以上になる大きな平屋で、玄関先で到着を出迎えて下さったお母様と彼の弟さんとは実に約25年ぶりくらいの再会。お母様は当時より少しふっくらされたものの今もお元気そうで、5年前にお亡くなりになったお父様には仏壇に線香をあげさせて頂きました。

事前に用意していた手土産のお菓子とフリマで買ったゲーム、そして自分の作品を幾つか友人に受け取って貰い、その後夕食にはお寿司をご馳走になりながら、当時良く遊んだ話や、友人が数ヶ月前から本格的に始めたという、竹筆を使った書道について熱く語ってくれました。また部屋には幾つか作品が飾ってあり、10セット近くある葉書ホルダーにはかなりの量の作品が。

風林火山.jpg
装飾用のアルミホイルを貼り付けたもの。

もう少し作品が溜まったら個展を開いてみたいという夢があるようです。
友人は携帯も持たずインターネットもしないので、その時がきたら少しでも力になりたいと思います。
友人がお風呂に入っている間も数ヶ月でここまで書けるものかと感心しながら、いつかゲームにも友人の文字を使ってみたいという願望も。

一期一会.jpg
ダンボールの切れ端で書いたという力作!

それから前回泊めて頂いた時にはまだあった五右衛門風呂が、さすがに今は使えなくなったようで数年前に新しくされた広い湯槽がこの日の疲れを癒やしてくれました。今の若い人はディアブロジャブローは知っていても五右衛門風呂なんて知らないでしょうね。

風呂上がり後は友人の作業場にもなっている離れに移動。
作品作りに欠かせない道具を見せて貰いました。

竹筆.jpg
拝借しても問題がないという竹やぶの竹を削って作った竹筆の数々。
一番右端がダンボールの切れ端筆。

ストロー筆他.jpg
他にも調整が可能なストロー筆やビニール紐で作ったというユニークな筆も。

一通り見せて貰った後は友人が教えてくれることになっていた花札で「こいこい」を初プレイ。

「龍が如く」というゲームソフトに花札が使われているようで、その攻略本の手役ページを開きながら遊んでいたのでテンポは良くなかったものの、こいこいの、

@2人用
A役を作る
B駆け引き(こいこいするか否か)
Cスピード感
Bラウンド制

という部分に惹かれました。
麻雀やクリベッジが好きな自分には合う気がするので早く役を覚えてまた遊んでみたいです。
ただ、絵柄自体は悪くないのにどれも似過ぎて紛らわしいのが、今まで敬遠していた理由かも知れません。
なので昨年のGM2013秋に出展されていたyacoさんのIROTORIが今、凄く欲しいんですよねぇー。

あとどなたか、こいこいが遊べるおすすめのサイトやアプリがあれば教えて下さーい!

エルタイルズ-01.jpg
このあと持参していた再販予定の「エルタイルズ」試作版を2人で遊び、初めてでしたが楽しんでもらえて良かったです。

それなりにいい時間になったので、自分は用意して頂いた暖かいお布団の中でスヤスヤ。

【2日目】
7時半まで熟睡。

おしるこ.jpg
離れから母屋に移動したあと、朝食に大好きなぜんざいを頂きました。

今日はアバンさんが近くまで車で迎えに来てくれることになっており、それまで友人と彼の作品についてあれこれ話していると、「何か好きな言葉あれば書かせて欲しい」と言ってくれたのに、すぐには思い浮かばず、「自分が良く書くのはこれ!」と道具を持ってきて書き始める友人。

活人剣.jpg
本来、人を殺傷する目的のための刀剣が、使い方によって人を生かすものとしてはたらくという意味で、この日は上手く書けたそうです。

待ち合わせの時間数分前にようやく浮かんだのこれ。

盤上の輪.jpg
我がサークル名。漢字でどう書けば良いか悩んでこれに。

これら2点と前日に書いてくれていた次回作の題字を5点ほど葉書ホルダーに入れてプレゼントしてくれました。

かに将棋題字.jpg
中でも一番気に入っているのがこれ。特に「かに」の部分と全体のバランスが絶妙!さすがです。

約束の時間が迫って来たのでお世話になったお母様にご挨拶し、待ち合わせ場所で友人と待っているとサングラス姿のアバンさんが到着。自宅から約30分くらいだったとか。

今回友人と再会出来たのもアバンさんが名古屋でボドゲフリマを企画して下さったからで、アバンさんに友人を紹介したあと彼に別れを告げ、アバンさんの車で次の目的地に向かうことに。

車の中では昨日のフリマの話になり、開催日前日は中々寝付けない状態だったり、Twitterで暫く情報を出さなかったのもアバンさんなりの考えがあったり、今回あれだけの出展者を集結出来たのも、フラアバメンバー内でそれぞれ担当を受け持って動けたからだそうです。

到着したのは昨日フリマが行われた、ウインクあいちで、ビルの前には昨日のフリマの戦利品らしい沢山の大箱ゲームを両手抱えている道化師さん、リスナーのかぜさん、USKさん、YbYさんのYさん1号(お二人の下の名前がYから始まる同じ名前で、それをサークル名にされたとかw)
Yさんは相方さん待ちということで、3人が同乗してすし詰め状態で昼食会場へ。

今日のお昼はフラアバで紹介散々紹介されていてずっと気になっていた、ルーマニア料理のサルマーレ

サルマーレ.jpg
入る前からワクワクです。

店内は母国の色んな装飾品が飾られたとてもいい雰囲気のお店で、運良くテーブルに空きがあり一安心。

フラアバで話題になっていたメリンダさんは噂どおりの綺麗な方で、その上日本語がとても御上手でご一緒にお店をされているメリンダさんのお父様はどっしりとなかなかの風貌の愉快なおじさんでした。

サルマーレランチ.jpg
食事の方はランチバイキング(土日20食限定)を頼んだのですが、1200円というリーズナブルなお値段でどれも美味しくて、全員何度もおかわりして大満足!! 次回来れた時は他のお料理も食べてみたいです。

全員が食べ終わった後、どうしてもメリンダさんと二人で写真を撮りたいと駄々をこねる道化師さん。公開しないという約束で何とか撮らせて貰えたようで、実は自分も撮って貰いたくて、

「スッピンダカラハズカシイw」

という赤ら顔のメリンダさんを隣に記念の一枚☆彡
公開出来ないのが残念orz

サルマーレを出たあとは昨日小野さんやふうかさんご夫妻も行かれたという「テーブルゲームほわっとぷれい」へ。

ほわっとぷれい.jpg
1階が取材も来られたというカレーうどん屋さんでその2階にあり、1階にはこのような立て看板も。

お店に入ると壁一面の専用棚には数え切れない数のゲームが!
いつもながら話に夢中になり過ぎて店内の写真を取り損なう始末ですw

フラアバでもお馴染み、スタッフのクロさんに会員手続きして頂いてお店のシステムも理解し、さぁ何を遊ぼうかと考えていると店長の謙ちゃんさんが、「かぶけんのネラッタ、何度か遊んだよ!」と思い掛けない言葉に、「あれは改訂ルールがあるんですよ」と返すと、「じゃあ、まずそれしよう!」と、ちょうどフラアバメンバーでネラッタ経験者のプーさんもおられ、ここに店長さんとプーさんの「ネラッタ改」対決が実現!!

ネラッタ改ルールでは基本ルールから

@手札5枚→手札6枚
A連続攻撃が可能に

の2点を変更。
手札の回転率が上がり、よりスピーディな展開と上位技が出しやすくなりましたので、「ネラッタ/ナランダ」をお持ちでありながら積んでらっしゃる方は一度お試しあれw

対戦の方は店長さんの連続攻撃に応戦するプーさんでしたが、最後まで衰えない勢いで体力3をポイント残して店長さんの勝利!

この後次回作の「かに将棋(仮)」にも店長さんが興味を持たれ、スタッフで将棋がお好きだというサトケンさんと自分で2戦し、辛くもインスト勝ちw

kani.jpg
これはいつもテストプレイに付き合ってくれる友人宅で撮ったものです。

かに将棋を簡単に説明すると変速はさみ将棋で、5×5マスの盤面にお互い5枚の持ち駒があり、左端のマスに縦に5枚並べ、真ん中が親ガニ、それ以外の4枚が子ガニ。親はタテまたはヨコ方向に何マスでも移動可。子はヨコ方向のみ何マスでも移動可。但しどちらも自分または相手の駒を飛び越えるのは不可。

《カニの群れ》という、自分の駒が2枚以上隣接した状態になると、その中から好きな駒を斜め方向に1マス移動出来る。但しカニの群れによる連鎖は不可。
駒の取り方は自分の駒でタテまたはヨコに相手の駒をはさむと取ることが出来、相手の駒が盤面の端にある場合、相手の動きを封じることで駒を取ることが出来るというルールです。
勝利条件は

@相手の親ガニを取る
A相手の子ガニを2枚取る


の2つで、Aの場合、子ガニには1〜4の印があり、2枚の合計値が高い方が、同点なら一番大きい印の駒を持っている方が、内容が全く同じなら相手の3枚目の駒を早く取った方の勝ちというルールで、他にもサイコロを使ったルールや川の流れを利用したルールで遊べる予定です。

ゲームシステムはほぼ出来ているのですが、将棋盤というか、ボードを何で作るか悩んでいるところで、駒の方は現在はんこ作家の方にお願いしており、先日1種類だけ完成画像を送って頂きました。

かにはんこ-01.jpg
コーナーの「●」の数が先程の1〜4に当てはまります。

ここまで来たら勢いでと、持参した再販予定のエルタイルズの試作版をこちらに置いて頂けないものかと店長さんにお聞きしたところ、「それじゃあ、アバンさんと3人で遊んでみて合格なら置くよ!」ということで、3人戦を遊んだ結果、店長さん19点、アバンさん20点、自分30点。
これまたインスト勝ちでしたが、お二人とも楽しんで頂けたようで、

「かぶけんさんからエルタイルズ頂いたからピンクのリボン掛けといて!」

と、有難く「初心者用ゲーム」としてお店のラインナップに加えて頂けることに。

それと、このエルタイルズ3人戦を始める前に、店長さん考案のトランプで出来る「トリックテイキングゲーム」(以下トリテ)を5人で遊んだのですが、これがなかなかの歯ごたえでよく出来ていました。

カードの構成はトランプ52枚から3と4を除く全てのカードにJOKERを1枚加えた、計45枚からなり、2のカードは切り札表示カードです。
「ナポレオン」や 「ゴニンカン」というトリテをご存知であればすぐにご理解出来るルールで、自分はトリテが好きな割に恥ずかしながらどちらも遊んだことがなかった上に記憶が曖昧なこともあり、ここで紹介するのはどうかと思ったのですが雰囲気だけでも伝わればと。

ナポレオンやゴニンカンと同じようにチーム戦で絵札を取り合うのですが、ここでいう絵札とはJ、Q、KにAとJOKERの計13枚からなり、1枚1点計算でチーム内で数多く絵札を取った方が勝ちになります。
スートの強さもほぼナポレオンと同じで、

JOKER⇒切り札のJ(正ジャック)⇒切り札と同じ色のもう1枚のJ(裏ジャック)⇒切り札(A, K, Q, 10, ..., 5の順に強い)⇒リードと同じスート(A, K, Q, J, 10, ..., 5の順に強い)

最後まで正体を明かさないので、初めは誰と誰がチームなのか分からず、徐々に自分が誰とチームなのか見えてくると戦略も立て易くなって面白いです。

説明不足でルールが間違っていましたら、ホントごめんなさい。
また遊んでみたいので、次回訪れた時に正しいルールを聞いておきます。

もう一日滞在できるならもう少しお店に居たかったのですが、そこは我慢して夕方6時頃にお店を出た後、プーさんがご親切にも名古屋駅まで送って下さり、構内で家に買って帰るお土産選び、更に「わざわざ名古屋まで来て頂いたので!」と夕食までご馳走になりました。

味噌煮込みうどん-02.jpg
名古屋名物の味噌煮込みうどんといえばここというくらいの有名店山本屋本店」で名古屋コーチン入り味噌煮込うどんと名古屋コーチンねぎまを頂きましたが、味噌が自分にはちょうど良い濃さでうどんもコシがあってめちゃくちゃ美味しかったです!!また名古屋に来た時は必ず食べたくなる味で、更に食べ放題の漬けものも美味しくてかなり食べました。

健康ジュース.jpg
一緒に頼んだ健康ジュースがリンゴベースでとても飲み易く、着物姿の女性店員さんがシェーカーで作ってくれるサービスも良かったです。

食事中はプーさんとフラアバメンバーの話や、プライベートな話等、色々お話出来てすごく楽しかったです。
名古屋を離れる最後の最後に、このような美味しい食事を堪能させて頂きました。

満腹状態でお店を出ると、一番早く帰れそうなアーバンライナーが後5分で出るということで、あわてて切符を買い、プーさんにご挨拶した後、何とか発車時刻に間に合って無事帰宅することが出来ました。

あっという間の名古屋での2日間でしたが、自分に関わって下さった皆さん、本当にお世話になりました。

posted by かぶけん at 03:30| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

第3回『ボードゲームフリーマーケット in 新大阪』に参加してきました!!

先日、新大阪の交流センターひがしよどがわ 講堂(体育館)で行われた 『第3回 ボードゲームフリーマーケット in 新大阪』 に前回に引き続いて参加して来ました。(残念ながら今回は殆ど写真が取れていません)

bf-01.jpg
ここまで来るともうすぐです。

今回は台風の接近もあって開催が危ぶまれましたが、聞くところによると来場者数は前回より多く、来場者の待機列は何と150人以上だった模様。

開始45分前頃に到着すると、主催の『高天原』さんのたなやんさんを始め、今回フリマ会場の隣りの建物で大きなゲーム会「大ボー研」を開催される『ボードゲーム研究室!』のカワサキさんやオークショニアのTTBさん、あとゲーム会でおなじみの方々や、来年の1月に名古屋でボードゲームフリーマーケットを開催される、人気ボードゲーム系Podcast 『フランとアバンと仲間たち』のアバンさんと名古屋にある1000点以上のボードゲームが遊べるゲームサロン「ほわっとぷれい」のクロさんが、勉強の意味も込めてスタッフとして参加されていました。

増えて来たゲームが部屋を圧迫し始めたのと、今まで家庭をおろそかにしてきたことへの反省の意味も込めて、一度ここでボドゲと距離を置こうと、大き目の段ボール2箱にぎっしり詰めた約80個の中古(新品も少し)ゲームを出品しました。
内容は3/4が同人ゲームだったので完売は諦めてましたが、蓋を開けてみると開始早々からうちのブースでも購入される方が後を絶たず、途中「もう一声!」と言う値段交渉にも快く応じ、最終的にはめでたく完売となりました。パチパチ!!

それから今回のフリマの目玉の1つである、手作りボードゲームチームの 『たなごころ』さん×『賽苑』さんによる、『でか!メイクンブレイク! 』 というイベントと『大ボー研』が四六時中大人気でした。

bf-02-2.jpg
3部構成で行われたタイムアタック大会。

bf-03.jpg
手作りのメダルまで用意されていました。

bf-04.jpg
記録集計の間、こんなパフォーマンスもw。

『大ボー研』は参加者が大人数で会場に収まりきれなくなったため、急遽もう1部屋確保された様子で無事フリマが終了したあと、少しの間お邪魔しました。
そこではTwitter問答セレクション銅賞を頂いた経験を生かし初めてリアル 『忍者問答』を5人で遊びましたが、これは本当に楽しかったです。
あとは『YAMINABE』でおなじみの『MoBGAMES』の宮野さんの5分〜10分くらいで終わる新作ブラフゲーム、『うそつき王国』のテストプレイにも参加し、個人的には調整次第ではかなり面白くなりそうな良ゲーの予感さえしました。

ゲーム会の閉会の後は打ち上げが予定されていましたが、今回は家族との食事を優先して不参加とさせて頂きました。

このたび当イベントを運営されたスタッフの方々、出展者の方々、一般来場者の方々、本当にお疲れ様でした。
次回もタイミングが合えば参加したいと思っております。

【戦利品】
bf-06.jpg
前回に引き続き「大人ガチャ」してしまった、賽苑さん×TANSANさんの夢コラボ、缶バッジで遊ぶ『Hoooooi!!』 今回は第3弾でゾンビが入っていました。
『操られ人形館』さんのブースではGM秋で箱入り版を頒布される『暗殺狂時代』と『The Majority2』の手作り缶バッジをGET!
フリマ中、お隣のブース『チキンダイスゲームズ』さんで購入した、チキンダイスゲームズのN2さん×高天原のぺけさんの『うそつきかわうそ』と、これまた前回に引き続いてハリマオさんより頂いた、一度口に入れるとあの「かっぱえびせん」よりやめられない静岡銘菓『あげ潮』。
そして『赤ずきんは眠らない』のサークル『薫風』さん(今後はサークル「Junias(ユニアス)」での取扱い)のしげさんから頂いた3DSのRED。
みなさん、有難うございました!!

最後になりますが、機会があれば遊んで頂きたかった新作、『L-TILES -エルタイルズ-』は左手の負傷及び作業効率の悪さから現在製作難航中ですが、「そろそろ情報を提供していかないと」とついに焦りモードに突入しましたw

LT-01.jpg
2-3人用の自分の色の陣地を広げて行くタイル配置ゲームですが、広げ過ぎると得点が得られないという嫌らしいシステムで、コンポ−ネントは72枚のL字タイル、3本のタイル立て、3枚の得点早見表&タイルパターン図とまだ未作成ですが説明書が入る予定です。

LT-02.jpg
専用ボードを必要としないので場所を取りません。

LT-03.jpg
上箱はこんな感じ。

ほぼ手作業なため、残り6週間を切った秋のゲームマーケットでは少部数の出展になると思われますが、1つでも多くご提供出来ればと思っております。

posted by かぶけん at 04:30| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする