2016年06月25日

第六回ボードゲームフリーマーケットin住之江のお品書き

ゲームNOWAのかぶけんです。
第一回から参加しているボードゲームフリーマーケットに今回も参加します。

6_ポスター2_web.jpg
日程 2016/06/25(土)
時間 14:00-18:00 
出展者は13:15〜 
完全終了は19:00予定

Map6_20160524.jpg
ブース番号は【0607】になります。


【お品書き】
・三忍者(2-4人/10歳以上/15-30分)イベント価格:2000円
・ロボめん(2人/7歳以上/15分)イベント価格:2000円
・八人の魔術師(2人/10歳以上/20分)イベント価格:1700円
・中古ゲーム



三忍者
三忍者-01.JPG

三忍者-02.JPG

戦国の世に敵対する伊賀(徳川)と甲賀(豊臣)。この戦いを4つのモードで表現。
7枚の手札から3枚以上で手役(陣)を重ねてカードコンボ「超烈斬」!
相手に手裏剣ダメージを与え、陣営ポイントを「0」にすれば勝利という、30分程度で気軽に遊べるカードゲームです。

人気サイト、やおきんさんの「浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-」でもご紹介頂きました。

三忍者のマニュアルはこちら

ロボめん
ロボめん-01.JPG

カタログ.jpg

3×4マスの盤上でお互い3種類のロボットコマを、3すくみで対決させ、負けた方は決まった方向に1マス移動後に反転(オモテとウラがひっくり返える)。早く盤上の外へ相手のコマを2体押し出せば勝ちという、2人用のアブストラクトゲームです。

【手番に出来ること】
自分のコマ1体を、
1.前後左右の何れかの方向に1マス移動
2.コマのオモテとウラをひっくり返す。


【ロボットコマの3つの特性】
1.ハンパツ
隣接した相手のコマが自分のコマと同種類で同じ向きなら、お互いが反発して決まった方向に1マス移動後反転。

2.ヒキアイ
自分の同じ種類のコマ同士が隣接すると、同じ種類の相手のコマが同じ向きで隣接しても、相手のコマだけ1マス移動後反転。

3.逆境システム
残りのコマが2体になると、コマに内蔵された「逆境システム」が働き、斜め移動も可能になる。

プレイ動画




ロボめんのマニュアルはこちら

八人の魔術師
8wiz-01.JPG


ロゴ.jpg
この作品のタイトルロゴは、あのチューリップ・バブルやこっち屋さんとのコラボ作品「タロットストーリア」「ブタバベル」でおなじみ、ボードゲーム制作同人サークルぐうのねのことり寧子さんに手掛けて頂きました。

また、パッケージの背景素材はらむりて台本部さんからお借りしました。

「八人の魔術師」は1ラウンド=最大5ターン、1ゲーム=4ラウンドで構成されています。
お互い20枚の対称カードを山札にし、上から10枚引いて5枚を手札にし、残った5枚は戻して混ぜ直します。そして先攻から手持ちの1点×3個、2点×1個の魔石から1個を賭けます。

先攻から手札の1枚を出し、そのあと後攻も同様に出します。カードは魔術師8枚、モンスター12枚で、全てに0-4までの何れかの数学と効果(モンスターは初級ルールでは効果は使いません)があり、ターンに勝てば次のターンは先攻、引き分けなら前ターンの勝者が先攻になります。

最大5ターン中、3ターン勝てば自分+相手の賭けた魔石を得点化できますが、それ以外の勝利は自分のみ得点化。勝利ターン数が同じ場合、魔術師の使用枚数の少ない方が自分のみ得点化。それ以外はただの石コロ扱いです。

基本は数学比べですが、そこに魔術師の効果、更にはモンスターの効果を加えると、効果適用後の数字がそのカードの強さとなるため、色々絡み合って出す順番や引き時が重要になります。
プレイ時間は約20分(慣れるまでは25分くらい)で、非常にテンポが良く、また毎回違う展開になるので、リプレイ性のある作品となっています。

8wiz-03.jpg

8wiz-04.jpg

8wiz-05.jpg
1ラウンドはこんな感じです。

八人の魔術師のマニュアルはこちら

また、この作品は先日の名古屋ファミリーゲームフェスティバルで試遊&購入して下さった方が早速、コミュニティサイトに寄稿して下さいました。

ポスター.jpg
そしてなんと!人気WEB漫画 『ごいたのヨシフ』 の作者、中瀬麻衣さんがポスターのイラストを手掛けて下さいました。

【特別割引】
今回「八人の魔術師」と「ロボめん」を一緒にご購入頂く場合、先着2015名の方には通常3700円のところを3200円にて提供致します。
posted by かぶけん at 06:32| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

第3回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加して来ました!

明けましておめでとうございます!
本年もゲームNOWAをよろしくお願いします。
ということで昨年に引き続き、今年1発目のイベント、「第3回名古屋ボードゲームフリーマーケット」に参加してきました。

朝6時半くらいに出発し、途中でサザンクロスゲームズのN2さんとばったり遭遇。
同じ特急でしかも座席がほぼお隣でしたw

私の方は既に荷物は発送済みでしたが、N2さんは階段も登れるという、優れもののキャリーにそれなりの大きさの段ボールが2箱。
中身は大ヒット中のエイジオブクラフトシリーズとエイジオブサモナーだとか。

2時間ちょいで名古屋に到着。
ここから地下でそこそこ迷ってしまい、とりあえず地上へ出て、鍋野企画の鍋野さんのブログで会場となる、ウインクあいちの位置確認。
掲載されていた写真が参考になり、すぐに到着。

ウインクあいち.jpg
到着すると、液晶ビジョンにこの日のイベントの一覧が公開されており、ちょうどCOLON ARCのたなやんさんも眺められているところで、このイベントの主催者、人気ボードゲーム系Podcast番組「フランとアバンと仲間たち」のパーソナリティ、アバンさんこと牛谷さんから、もうすぐブース設営が可能になるとの一方が入り、しばらくすると入場できるようになりました。

会場内は昨年とは違い、出展サークル数が増えたことでフリースペースがなくなったものの、その分通路が広くなったのは良かったです。

到着済みの荷物置き場からは、3年近く使っているボロボロの大型段ボールが簡単に見つかり、腰を抜かさないように気を付けながら持ち上げ、無事自分のブース前に。

みさき工房.jpg
お隣は地元愛知のみさき工房さん。
御自分の作品がメインで、しかも大箱がそれなりにあり、所狭しと机に並べられていました。

トラハネレーコード.jpg
反対側にはトラハネレコードさん。先日のゲムマ秋で共同出展した、YbY GAMESさんもご一緒に出展される予定だったのですが、どうも来られない様子。お会いしたかったのですが…。

人気ボードゲーム系Podcastの「今夜もアナログゲームナイト」のパーソナリティ、太陽皇子こと新安さにはようやくお会いすることができました。
ミュージシャンのような細身でおしゃれな感じの良い方でした。

10時半の開始時間までに何とか設営も終え、会場を一周りしながら出展者さんのブース写真を撮らせていただきました。

ボードゲーム共和国.jpg
ボードゲーム共和国さん

AriAru.jpg
AriAruさん

中古屋.jpg
中古屋さん

緋色の兔亭-01.jpg

緋色の兔亭-02.jpg
緋色の兔亭さん

G-S.T.F.jpg
G-S.T.Fさん

IRorschach test.jpg
IRorschach testさん

をしだや-01.jpg

をしだや-02.jpg

をしだや-03.jpg

をしだや-04.jpg
をしだやさん

758ボードゲーム会-01.jpg

758ボードゲーム会-02.jpg
758ボードゲーム会さん

eggplant-01.jpg

eggplant-02.jpg
eggplantさん

株式会社リトルフューチャー.jpg
株式会社リトルフューチャーさん

東海連珠.jpg
東海連珠会さん

日本バックギャモン協会名古屋支部.jpg
日本バックギャモン協会さん

おぷとあうと.jpg
おぷとあうとさん

はむはむず-01.jpg

はむはむず-02.jpg
はむはむずさん

Studio GG.jpg
Studio GGさん

鍋野企画.jpg
鍋野企画さん

ミスボド.jpg
ミスボドさん

こっち屋.jpg
こっち屋っさん

プレイスペース広島.jpg
プレイスペース広島さん

COLON ARC.jpg
COLON ARCさん

HLKT工房.jpg
HLKT工房さん

Andrewzgamez.jpg
Andrewzgamezさん

トイドロップ.jpg
トイドロップさん

サザンクロスゲームズ.jpg
サザンクロスゲームズさん

Mワークス リアゲー作るぞプロジェクト.jpg
Mワークス/リアゲー作るぞプロジェクト
ein.jpg
einさん

昼夢堂.jpg
昼夢堂さん

大門さいころ倶楽部.jpg
大門さいころ倶楽部さん

そしていよいよスタート!


昨年ほどではなかったものの今回もありがたいことに大勢の来場者が。
うちのブースは人が集まるほどの目ぼしいものはないものの、新作「三忍者」は良い感じで売れていき、中古ゲームの方もじわじわ減っている様子。

1時間ばかり過ぎた頃に、前回ボードゲーム川柳のチャンピオン、あきたけさんとブースで合流。
大きなカバンから手放したい中古ゲームがぞろぞろ。
セールストークに長けておられる感じで、感心して見ていました。
お昼頃には朝から何も食べていないのでと、あきたけさんにお昼休憩に行って頂き、帰って来られると交替して、事前に太陽皇子さんに教えてもらったお店で昼食。

天丼.jpg
まるは食堂の天丼。衣がサクサクで美味しかったです。

昼食から戻ってくると、あきたけさんがゲームNOWA作品以外に中古ゲームも幾つか売ってもらえたようで助かりました。

きなボド!というゲーム会を北名古屋で主催されている、ナフタレンさんにようやくお会いすることができました。この方はボドゲ歴約4年で所有数1400個余り/消化率75%以上という、このボドゲ界隈では有名な方で、ゲムマの公認レポーターでもあります。
レンさんの自己紹介文を拝見したところ、とても感銘を受け、この方に拙作三忍者のレビューを書いて頂けたらと、酷評覚悟で試遊用のものをお渡ししました。

ゲームNOWA-02.jpg
あっ、自分のブースを忘れていましたw まず新作の三忍者は15セットと小部数でしたが、おかげさまで先日のゲムマ秋に続いて完売。

中古ゲームの方は、あきたけさんさんの持ち込んだものは完売。こちらの持ち込んだものも8割ほど売れたので、スペースを空けて試遊もできる状態に切り替えた効果があり、最終的にはVIVA!ココノッツが6セット、かに将棋2セット、ぴったりヤドカリ2セット、最後の手持ち分だったネラッタ/ナランダも試遊後にお買い上げ頂きました。

その後、あきたけさんが一足先にお帰りになったところに、現在名古屋在住であの「STEAM WARS」作者、戦闘員ディーさんから打ち上げのお誘いがあり、迷わずOK!

そして牛谷さんの閉会の挨拶が始まり、第3回名古屋ボードゲームフリーマーケットは終了。

持ち込んだ1/5のゲームと途中で購入した戦利品を一まとめにし、集配に渡せました。
予想以上売れたので気分はホクホク!

本イベントの運営スタッフの皆様、出展者の皆様、お疲れ様でした。
来場者の皆様、ゲームNOWAブースにお立ち寄り下さった方々、有難うございました。

来年もタイミングが合えば参加したいと思います。

チラシ.jpg
また、6/21(日)には名古屋国際会議場(白鳥ホール)にて「ファミリーボードゲームフェスティバル2016」というイベントが、Hemz Universal Games/ヘムズユニバーサルゲームズさん主催で開催されるそうなので、ぜひとも参加させて頂こうかと!

打ち上げは758ボードゲーム会のあおやさんの紹介で「てつまる」という、料理がめちゃくちゃ美味しくて居心地の良いお店になりました。

打ち上げ-01.jpg

打ち上げ-02.jpg

打ち上げ-04.jpg

打ち上げ-05.jpg

打ち上げ-03.jpg

打ち上げ-06.jpg
主催の戦闘員ディーさんを始め、758ボードゲーム会のあおいさん、いぬあきさん、緋色の兔亭のREIさん、ひょうやさん、こっち屋のyuoさん、ミスボドの秋山さん、ナフタレンさん、さすらいの道化師さん、カタン会のかわうそさん、鍋野企画の鍋野さん、人気ボードゲーム系Podcast番組、「ボードゲーム数寄語り」の円卓Pさん等(名前の漏れている方、ごめんなさい)という豪華メンバーで、ボドゲ話を中心に大盛り上がりでした。

【戦利品】戦利品-01.jpg
ミツド!(緋色の兔亭)、ケルベロス(鍋野企画)、海賊と金塊(をしだや)、ジュウシマツ(ねこまど)

戦利品-04.jpg
ドーナツの3目並べ&セットコレクション系ゲーム、ミツド!のコンポーネントが嬉しいです〜

【余談】
プレゼント-01.jpg

プレゼント-03.jpg

プレゼント-04.jpg

プレゼント-02.jpg
このイベントでの売上げは家内への誕生日プレゼント(シュタウファー日本語版とサンクトペテルブルグ第2版日本語版を犠牲にorz)と15年ぶりに入れた奥歯の治療代に消えましたw

posted by かぶけん at 03:49| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

第2回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加してきました!(当日編)

名古屋ボドゲフリマ当日。

ネカフェ.jpg
慣れないせいかあまり熟睡できずに朝を迎え、8時過ぎにはネットカフェを退出。

その後まだ肌寒い名古屋の街をぶらぶら徘徊しながら時間を潰し、身支度を終えたひかりんさんと合流。
そのまま会場のウインクあいちに向かうことに。

到着するとこのイベントの実行委員、人気Podcast番組、フランとアバンと仲間たちのアバンさんとほわっとぷれいさんを始めスタッフの方々が円陣を組んでの打ち合わせ中で、出展者の方も何名か到着済み。

まだ朝食を取っていなかったので、ひかりんさんと1Fのカフェで腹ごしらえしていると、大きなアタッシュケースを転がしながら、こっち屋のゆおさんも到着され、しばしボドゲ製作談義。
ゆおさんには名刺印刷でのカードゲーム製作について色々伺えました。

9時半には会場となる5Fの小ホールへ上がるエレベータで、みーと・きゃっちすぺーす・ぺっとしょっぷの作者、をしだやさんともバッタリお会い出来、新作の満足したいねずみたちも間に合ったとのことでした。

設営開始時間となるものの、自分のブースが荷物の受け取り場所になっていたので、それが片付くまで待つことに。

しばらくしてそれも終わり、現在も重宝している、2年前に購入したPCの入っていた大きな段ボール箱を開封、長机に敷く敷物を取り出し、ひかりんさんと半分ずつ分けての設営。

ブース-01.jpg
今回は中古ゲームと自作ゲームを陳列するものの、テーブル下に置かざるを得なくなった、デかに将棋とデカOSUMOは流石に目立ちませんw

お隣は地元名古屋のボードゲーム専門店、ゲームストア・バネストさん。昨年に話題の新作、MAYORを発表された、やおよろズのねいじまとーこさんも売り子として助っ人に。
テーブルを増設され、膨大なゲームの数々が所狭しと並んでいました。

他には遠目からも確認出来るくらい、I was gameのカレーさんのブースが、総量約100kgという中古ゲームが出展されるということで、このイベントの1番の目玉に。

10時半のスタートと同時に、予想通りお隣のバネストさんにはたくさんのお客さんが詰め寄り、ドンドン売れていきます。

今回ゲームNOWAのお品書きはこちら

スタート時は殆ど中古ゲーム以外動きはなかったのですが、しばらくしてじわじわとエルタイルズが減っていき、それに合わせて拡張セットも少しづつ無くなっていきます。

それぞれ持ち込んだ数が少なかったとはいえ、エルタイルズの基本セット、かに将棋は完売。エルタイルズの拡張セットも良く出ました。
また、約30点ほどの中古ゲームも8割くらい出てまずまず。

OSUMO-01.jpg
Tシャツもかに将棋が1つ嫁いでくれたり、ちびっ子たちがデカOSUMOを楽しんでくれて嬉しい限りです。

ひかりんさんのところは早々と午前中には完売しており、14時過ぎになるとテーブルに試遊スペースが確保出来るくらいになったので、ひかりんさんは、GM大阪用の新作のテスト版をセッテング。

自分のところも落ち着き始めたので、ひかりんさんにお願いして、会場を一回り。

今回自作ゲームを出展されているサークルさんの参加もが多く、既に完売されているところもありました。
特に初めてのイベント参加とは思えないくらい盛況だったはむはむずさんは今後も要チャックかと。

戦利品.jpg
お目当てのこっち屋さんで一早く新作のモリヤミクス、をしだやさんでは満足したいねずみたち、プレイスペース広島さんで木製ブランクダイスを購入。

そのあと、今年の年初めからハマりっ放しの、I was game 最新作「ドワーフの城塞」の話を伺いたく、また年初めのご挨拶も兼ねて、カレーさんのブースへ。

ドワーフの城塞の製作時間は何と構想から約1ヶ月で完成されたと聞いてビックリ!!
「1人用ゲームだから1人でずっと回せますし。」とのことでしたが、それにしても1ヶ月は早すぎます。
この作品をボードゲームで作られていたらと実際に分析された記事も公開されてます。

敵のボスが強くて聞くところによると、ほぼノーミスでないとクリア出来ないとのこと。
また、この作品には更なる実績の達成に挑戦することが出来るようになっており、こちらもまだボスが倒せない、今年入社した新人君と二人で、「これは長く遊べそう!!」とウンウン言いながら今も挑戦中です。

ブースに戻ると、ひかりんさんが戦国少女絵巻〜彩〜の2人戦の試遊中で、お昼前にココノッツを試遊したいという方がいらっしゃったので、こちらも準備に取り掛かることに。

その後何とか自分を含めて集まった4名でスタート。

全体の流れは以下の通り。

@16枚のヤシの実カードからランダムに選ばれた7枚+2枚(固定)のヤシの実カードを3×3の形に配置。
A配られた1-10のカードから2枚を見ずに脇によけ、8枚の山札から3枚を初期手札に。
Bスタートプレイヤーは中央を除く8つのヤシの実の1つを選ぶ。
※この時点で脇に避けた2枚はいつでも確認が可能。あるヤシの実が選ばれると、そのラウンドでのみ、手札の1枚と避けた2枚のうち1枚と交換後、新たな手札から1枚出すことになる。
C3枚の手札から1枚を選んで一斉に出し合う。(Aのつづき)
D選ばれたヤシの実の効果を確認した上で、単独で1番大きいカードを出した人がヤシの実を獲得(今回は1番大きいカードを出したプレイヤーと2番目に大きいカードを出したプレイヤーとの差が5以上なら、2番目に大きいカードを出したプレイヤーの勝ち、というルールは入れていませんが、2人でプレイする場合は必ず入れるルールで、3、4人でも通常ルールとして入れる予定です。)
Eこれを毎ラウンド時計回りに手番プレイヤーが変わり、誰かがタテ・ヨコ・ナナメのいずれか1列揃えて獲得出来れば勝ち。
※もし誰も揃わなかった場合、獲得したヤシの実の数の多いプレイヤーが勝ち。尚、中央のヤシの実のみ、2人プレイなら他のヤシの実と同じ1個分だが、3人プレイなら2個分、4人プレイなら3個分として計算する。
また、それでも同率になる場合は、対象となるプレイヤーの中で、中央のヤシの実の裏面に描かれている、1番小さな数字に対応するヤシの実を獲得したプレイヤーが勝ち。

2回遊んで貰えましたが、面白かったという言葉も頂いてホッとしました。

その後もフラアバリスナーのかぜさん、昨年のGMでブースを手伝って下さったUSKさん、人気Podcast番組、「ペガの屋根裏部屋」のペガさんにも加わって頂き、4人で2回遊んで頂きました。

1戦目はペガさんが1ラウンド目を取り、2ラウンド目は全員バッティングで次ラウンドに持ち越し、3ラウンド目も取ったのでのまま持ち越したヤシの実もペガさんのものになり、何と最短3ラウンドでの勝利!

ココノッツ-05.jpg
続けて2戦目は、8ラウンド目に《奇〜ナッツ》という、出したカードが奇数なら2を加えるという場面で、何と3人がバッティングしたため、最弱の@でUSKさんが勝って、見事ビンゴの大勝利!!

ここでも面白かったと嬉しいお言葉を頂けました。

時の経つのはあっという間で、気が付けば閉会時間となり、参加者、来場者全員での拍手の中、今回も大盛況で幕を閉じました。

実行委員のアバンさん、ほわっとぷれいさん、スタッフの方々を始め、来場者の皆様、出展者の方々、お疲れ様でした。
また、ゲームNOWAのブースに立ち寄って下さった方々、購入して下さった方々、試遊して下さった方々、本当に有難うございました。

お隣のバネストさんが1日での過去最高の売上を叩き出されたということで、恒例の儀式らしい札束ビンタを、ねいじまさんから受ける店長の中野さんが羨ましかったですw
バネストさんから出た大量の段ボール箱をゆうパックで自宅へ送るこちらの荷物のクッション代わりに頂き、中野さんも大喜び!

無事荷造りも終え、出展者の方々に挨拶をして会場を後に。

この後は昨年このイベントの翌日に夕食をご馳走になった、フラアバファミリーのプーさんと名古屋駅の新幹線地下街「エスカ」の元祖手羽先唐揚 風来坊で夕食をご一緒しました。

風来坊-01.jpg
定番の手羽先はクセになる美味しさ。しかも上手にに食べられると尚更です。

風来坊-03.jpg
このつくねも絶品でした。

風来坊-02.jpg
手羽の皮で包んだ手羽ギョーザもバクバクいけます。

他も料理も美味しくて全部平らげました。

プーさんとは最近ゲームが遊べていない話やコロンさんのリア充話で盛り上がったり、かに将棋を買って下さったのでまた友人と遊んでみたいとのことでした。

折角名古屋に来られたので美味しい物でもと、今回も食事に誘って頂いてとても有難かったです。


お土産-02.jpg
帰りの特急の中では、フリマ会場でハリマオさんから頂いた音の郷というケーキラスクをデザートに頂きましたが、これは今まで食べたラスクの中で一番美味しかったです。
ハリマオさん、いつもお土産有難うございます!!

posted by かぶけん at 03:51| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする