2019年10月04日

ワーデミックについて

wordemic_box_mi.jpg

このたびゲームNOWA【L01-02】は、ゲームマーケット2019大阪で初出展し、40分で完売したファーメント様の「ONE CARD OF THE DEAD」のリメイクとなる「ワーデミック」を、11月23日(土)24日(日)に東京ビッグサイトで開催される、国内最大のボードゲームイベント「ゲームマーケット2019秋」に両日で出展致します。

【ONE CARD OF THE DEADとは】
ONE CARD OF THE DEADはゾンビをテーマにした「しりとり」がベースのワードゲームです。各プレイヤーは1枚ずつ手札を持ち、場にある共通の条件と自分の手札の条件を満たす単語を思い付いた人から、先着順にしりとりを繋げ、毎回最後まで単語を思いつかなかった人は「ゾンビ」となり、ゲームから脱落。以後、最後の1人になるまで生き残ることが出来ればその人が勝者となります。
ただしゾンビには生存者より厳しい条件下による逆転勝ちがあります。

【ONE CARD OF THE DEADとの違い】

wordemic_box_huta.jpg

@プレイ人数
ONE CARD OF THE DEADではプレイ人数が3人〜18人でしたが、ワーデミックでは快適なプレイを体験して頂くために、4人〜8人に絞りました。

Aアートワーク
ONE CARD OF THE DEADではフリーの素材を元に作成したアートワークが、今回〈新版〉八人の魔術師も手掛けてくださった、たかみまこと様によって、ゾンビがテーマでありながら、誰でも親しみやすいPOPな感じに仕上げて頂いたことで、本当に素晴らしい作品に生まれ変わりました。

Aルール
・ゲーム中、「いつでも」手札を捨てて引き直せる(リセット)ようになりました。

・お題カードの枚数を36枚から48枚に増やして可能な限り山札切れを解消しました。

wordemic sample_01.jpg
・お題カードカテゴリーを7種類から6種類に減らし、すべて異なるお題にしたことで、ゾンビの2枚の手札が同じカテゴリー(色)なら配り直し、という手間がなくなりました。

・ONE CARD OF THE DEADでは、手札と場の色と同じなら手札の条件を満たすだけで出せたので、わざとゾンビ勝ちを狙うこともできたのですが、ワーデミックでは同じカテゴリー(色)による軽減ルールがなくなり、ゾンビ勝ちの難易度が上がりました。

・ 勝利条件がより明確になりました。
@【ラウンドの準備】のときに生存者が1人しかいない。
→その生存者が勝者となります。
Aラウンド終了までに、ゾンビが手札2枚と場札1枚(合計3つ)の条件をすべて満たした「しりとり」の単語を言ってカード2枚を出す。
→カードを出したゾンビと、そのラウンドでゾンビよりも 先にカードを出していた生存者が勝者となります。
※勝者が複数存在する場合は、そのなかで捨て札が最も少ないプレイヤーが勝者となります。

ワーデミックのマニュアルはこちら

【取り置き予約について】
10月8日(火)の21時頃から、「ワーデミック」「〈新版〉八人の魔術師」、及び準新作の「宇宙逃げろ第2版」「ワードミノ」の取り置き予約を予定しております。

◇予約フォームはこちら(2019.10.8 追記)
posted by かぶけん at 21:10| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: