2018年09月01日

新版エルタイルズ発売への御礼



本日、2018年8月31日(金)、待望の『新版エルタイルズ』が発売されました。
出版元の株式会社Asobition様、旧版時代から多大なお力添えを下さっている中津のボードゲームショップ、BOARDGAME Lab! DDT様、装いも新たにアートデザインをすべて手掛けて下さった別府さい様を始め、旧版時代から応援して下さっている、すべてのエルタイルズファンの皆様のおかげで、無事、この日を迎えることができました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

今日まで多くの方に支えて頂いたからこそ、実現した製品化です。
今後この作品で1人でも多くの方に楽しんで頂けたら幸いです。
この度は本当に有難うございました。

エルタイルズという作品は約6年間のゲーム製作の中で一番肉体的に辛くもやりがいがあったので、できることなら後世まで残したい、一番思い入れのある作品でした。

以前ある企画で書かせて頂いた記事です。
1つのアブストラクトゲームができるまで

この作品は2016年のゲムマ神戸を最後に絶版になりました。
その後、エルタイルズの再版にお力添えを頂けそうな話もなくはなかったのですが実現には至りませんでした。
そして昨年の秋に20年勤めた職場を退職した頃、新しいゲーム製作会社のAsobitionの代表の岡田様から、エルタイルズを記念すべき『第1作目』として出版したいと思いもよらない嬉しいお声掛けがありました。
しかし当時、半年前に駄目元で応募した、ゲームマーケットも主催されている大手ゲーム製作会社、アークライト様のA.I.P(アークライト・インディーズ・プロジェクト)という、過去に実績のあった同人(国産)ゲームをアークライト様で製品化して下さる企画の候補の1作に選んで頂いたという報告がありました。

悩んだ挙句、実際に東京で担当の方にも直接お会いし、条件等もお聞きした上で、数日後にAsobition様の方で製品化して頂く旨を双方にお伝えしました。
その後、ゲムマ会場でその担当の方にばったりお会いしたときに、「エルタイルズの製品化、おめでとうございます‼」と満面の笑顔でお声掛け下さったのがとても印象的でした。

アートワークを手掛けて下さった別府様とは、今年の1月に御自宅のゲーム会にお邪魔した際、メンバーが揃うまでのひと時に、エルタイルズの新デザインの依頼をさせて頂いたところ、即答で「是非、やらせて下さい‼」と嬉しいお言葉を頂けました。
それをAsobitionの岡田様に伝え、それ以降、エルタイルズの打ち合わせはできる限り3人で落ち合い、それ以外はメールでのやり取りが続きました。

旧版はノンテーマで無機質なデザイン」が売りでしたが、新版ではテーマも生まれ、黒を基調としたデザインから別府様のアイデアで白を基調としたデザインになりました。



入稿が一通り終わった後、Asobition様から新デザインの発表へのTwitterでの反響が凄かったのは今も鮮明に覚えています。





明日から新版エルタイルズイベント、第1弾として京都のボードゲームカフェ『comedy』様で開催されます。
お時間や興味のある方はぜひお越し下さい。
posted by かぶけん at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: