2016年07月06日

八人の魔術師の紹介記事

先日の名古屋ファミリーゲームフェスティバルで試遊して下さった方が、ボードゲームのコミュニティサイト、「ボドゲーマー」様に最新作『八人の魔術師』の紹介記事を寄稿して頂いていますが、新たに第一回グループSNEボード/カードゲームコンテストの選外佳作に選ばれ、今月末にリリースされる「アニマルマインド」の作者、ガーデンゲームズの樫尾様にも紹介して頂きました。


posted by かぶけん at 08:01| Comment(0) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

八人の魔術師の補足について

八人の魔術師の勝敗判定の中でいくつか間違いやすいケースがあります。
今回はその点についてお伝えします。

【1:逆転】
@相手が「0」→勝利
A相手が「1」または《相討ち》→引き分け
B相手が「2」〜「4」※ヒュドラ効果での「5」も含む→一旦敗北→《逆転》の効果が発動→そのターンに勝利
@かAの場合、カードの強さは通常のままです。

《逆転》が出た同ターンに相手が2枚目の《逆転》→引き分け
《逆転》が出た同ラウンドに相手が2枚目の《逆転》→こちらが「2」以上なら相手が勝つので、《逆転》の効果はそのまま持続。
《逆転》が出た同ラウンドに相手が2枚目の《逆転》→こちらが「0」なら、こちらが勝つので《逆転》の効果が発動し、結果、通常に戻り、そのターンに勝利します。

なので最終的に、
このカードが負けることはなく、引き分け以外なら必ずそのターンに勝利します。

【0:ドラゴン化】
このカードは自分と相手を含む場の中で、「1」が2枚以上あれば「4」として扱うことができます。
ただし、魔術効果やモンスターの特殊効果適用後の数字が対象となるため、場に【1:ダークエルフ】と【1:ゴブリン】が1枚ずつあっても、ゴブリンが先攻で出されていた場合、自身の特殊効果により「2」として扱われるため、《ドラゴン化》の効果は発動できません。

逆に相手の場に【1:ダークエルフ】(1ターン目)【2:ユニコーン】(2ターン目)が出された状態で、ユニコーンと同ターンに【2:コカトリス】を出した場合、「3」になったユニコーン(自身の効果)をコカトリスの効果で「1」にすることにより、ダークエルフとユニコーンが《ドラゴン化》の対象となります。

【追記:7/6(水)】
このゲームではラウンド中(最大5ターン)に3ターン分の勝利を得ることで、自分の賭けた魔石以外に相手の賭けた魔石も得点化できますが、これは3ターン「先取」という意味です。

つまり、1ターン目から連続で3ターン勝利すれば残り2ターン、4ターン目で3勝すれば残り1ターンは対戦せずにラウンドが終了します。


posted by かぶけん at 23:55| Comment(0) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする