2017年09月02日

『第七回ボードゲームフリーマーケット in 住之江』のお品書き

7_ポスター_web.jpg
昨年に引き続き、今回も9/2(土)に開催される『第七回ボードゲームフリーマーケット in 住之江』に参加します。
会場は昨年と同じ住之江区民ホールです。

ホールマップ.jpg


ゲームNOWAとしてのお品書きは以下の通りになります。

POP-01.jpg


■アニマルズのマニュアルはこちら

■TAWARA!-バッタとネズミ-のマニュアルはこちら

■VIVA!ココノッツのマニュアルはこちら

【最新作のアニマルズを遊んで頂いた方の感想】
















なお、既にアニマルズをお持ちの方、購入して下さった方には、こちらをお付けします。



それと現在ご好評を頂いているコプラス(数寄ゲームズ)ですが、モジュラーボードを変えて「フルーツジャンプ(仮)」というゲームを考案中(今のところ製品化の予定なし)で、現状での遊んだ感想を頂きたく、当日試遊も可能です。

ルールを簡単に説明しますと、

【フルーツジャンプ】
・お互い+凹のタイルを各6枚持ち、自分の担当する果物を収穫する(アクリルタイルを果物に重ねる)と1つにつき2点獲得します。
・但し相手が担当する果物を収穫してしまうと相手が1点獲得します。
・更に《イモムシ》に重ねてしまうと手番プレイヤーが−1点(上級ルールでは一緒に重なった他のプレイヤーも-1点)。
・尚、アクリルタイルは+凹交互に配置する必要は無く(既に配置済みのタイルに、少なくともタイルの1辺を隣接させるのはコプラスと同じ)、連続手番や最大グループボーナスもありません。

・一番の特徴は、同じ得点マスには1人しか入れないことです。言い換えれば、得点してマーカーを進めた先に、既に相手のマーカーがある場合、その1つ先まで進めます。

例えば4点を獲得し、マーカーを4点分進めた結果、そこに2人のマーカーが連続して置かれていた場合、その2つのマーカーを飛び越し、結果6点を獲得したことになる訳です。
なのでタイルを配置した際の得点は低くても、これを上手く利用すれば高得点も可能です。

全員がタイルを置けなくなったらゲームの終了で、最終的に最も高い得点を獲得したプレイヤーが勝者です。

IMG_5327.JPG

IMG_5325.JPG

IMG_5326.JPG


当日は広い試遊スペースもありますので、良ければ遊びに来て下さい。
ゲームNOWAブースにて皆様のお越しをお待ちしております。
posted by かぶけん at 10:05| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

名古屋ファミリーゲームフェスティバル2017のおしながき

ポスター-01.jpg
昨年に引き続き、今回も名古屋ファミリーゲームフェスティバルに参加します。
会場は昨年と同じ名古屋国際会議場 白鳥ホールになります。

ゲームNOWAとしての出展物は以下の通りになります。

POP-01.jpg


■TAWARA!-バッタとネズミ-のマニュアルはこちら

■アニマルズのマニュアルはこちら

ホールマップ-01.jpg
左下の赤丸印がゲームNOWAブースで試遊卓もあります。
右上の赤丸印は数寄ゲームズさん。

ホールマップ-02.jpg

ホールマップ-03.jpg




そして遂にあのコプラス(製作コードネームはネオン)が製品化され、本イベントが初お目見えとなります。

コプラス画像-01.jpg




そういうわけで、コプラスについては『数寄ゲームズ』様ブースのみでの販売になりますので、くれぐれもお間違いなく。

なお、新作『アニマルズ』ですが、入稿ミスによってカードの表裏が逆さまになってしまいました。
ただプレイ上は問題ないかと思いますので、価格を割り引いての出展とさせて頂きますことを御理解頂けると幸いです。

皆様のお越しをお待ちしております。



posted by かぶけん at 06:11| Comment(0) | 創作イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ゲームマーケット2017春に行ってきました。

ごいT-01.jpg
いつもながら随分遅い更新となります。
ゲーマーケットは2012年の大阪からずっと出展側で参加して来ました(昨年のGM2016春のみ委託参加)が、今回は初めて一般側になります。

【前日】
新宿バスタ.jpg
いつもお世話になっている夜行バスで新宿バスタへ朝7時過ぎに到着。

ヨドバシ.jpg
外は少し小雨模様。

ガンダムカフェ-01.jpg

ガンダムカフェ-02.jpg
こんなお店があるんですね〜

朝食-01.jpg
朝は基本的にパンしか受け付けないため、近くのカフェで朝飯。

ここでしばらく時間を潰していたら昼近くになってしまったのですが、以外にお腹が減っていなかったので昼飯抜きに。

イエサブ秋葉原-01.jpg
そして毎回イエサブ秋葉原店さんで開催されている、ゲームデザイナー中村誠さん主催のゲムマ前日ゲーム会へ。

恒例の自己紹介タイムで、愛媛のじろうさんの、

「戦闘力とかは無く、とにかく欲しいものは全部買う!」

が素晴らしかったですw

イエサブ秋葉原-02.jpg
ワンドローさんからはあの人気タイトル「ロストレガシー」がTANSANさん協力の元、「ニューロストレガシー」として発売されるそうでこれは期待したいですね〜

六次化農村-01.jpg
テンデイズゲームズさんとニューゲームズオーダーさんが主催されている、東京ドイツゲーム賞で審査員特別賞を受賞された「六次化農村」の作者、円卓Pさん(数寄ゲームズ)直々の紹介。存在感のある大箱に圧倒させました(重そうw)

それでは遊べたタイトルを幾つか。

■新版 神九(緋色の兔亭)
神九-01.jpg
2年前に発売された神九(KAMI NINE)のリメイク作品で、当時4人用だったのが3−5人まで対応されており、一番の話題はあの長谷川登鯉さんがアートワークを手掛けられたことでしょうか。

神九-02.jpg
9種類のお供え物カード等は色の区別だけでも大変そうですが、そこにアイコンを上手く取り入れられて視認性も全く問題なく遊べます。カードの黒枠が美しいイラストを引き締めており、実にカッコイイです!

神九-03.jpg


神九-04.jpg
場にリードスートとなる3人(2人のときもあり)の神様が登場し、その神様に対応するお供え物の数(カードの数字)が最も多い人に御利益があるという、変則トリックテイキングゲーム。大きい数字は勝ち易いものの得点が低くなっており、いかに小さい数字で大きな得点を得るか、このあたりが特に面白いです。

神九-05.jpg
かなり目を惹く、レーザーカッターで作られた親手番マーカー。インパクトのあるタイトル題字と同じデザインなのが良いですね〜

TAWARA!-バッタとねずみ-(ゲームNOWA)
TAWARA-01.jpg
拙作のゲムマ神戸向けの新作で、今回のゲムマで蒼猫の巣出張所様に委託させて頂けるということで持参しました。

毎ラウンド、米作りの指針となる2枚の公開場札を参考に、プレイヤーは農家の1人となり、全員共通の手札となる雨カードと田んぼカードをバランスよく出し合い、お米を誰よりも効率的に収穫することを目的とした、サークル初の多人数ゲームです。
カードの出し方は最初に1枚のカードを親から時計回りに公開後、2枚目のカードを裏向きでプロット。
このゲームにはお米の天敵である「ねずみ」と「バッタ」が登場し、特に予想外の数のバッタが大量発生した時は笑いが絶えませんw
またお米作りに欠かせない水(雨)に貢献したプレイヤーにはボーナスが与えられるのですが、雨不足でも雨が多すぎても収穫失敗となることが多々あるため、そのあたりのさじ加減も楽しんで頂けるかと。




■コレハヤ辞典(ピグフォン)
コレハヤ辞典-01.jpg
これ、ゲームなんですw

コレハヤ辞典-02.jpg
先程のパッケージを始め、コンポーネントがめちゃくちゃ凝ってます。

コレハヤ辞典-03.jpg
ランダムに配られた6枚のタイルの中から2枚を使って新しい言葉を作り、その意味を専用の用紙に書き込みます。

コレハヤ辞典-04.jpg
「もじもじ」「はらはら」のような、2文字を2回繰り返す、今までにない新しいコトバを作るのです。ちなみにじろうさんとペアでこんな感じに。

コレハヤ辞典-05.jpg
各ペアが作ったコトバから優秀作品を挙手で決めます。

コレハヤ辞典-06.jpg
そして残った作品から最優秀作品が決まり、

コレハヤ辞典-07.jpg
歴代の最優秀作品と直接対決!
アル隊長さんの作品がコレハヤ辞典のトップに載ることになりました。

プレイ人数が多い(今回は8人)とプレイ時間の長さが少し気になりましたが、それでもそれを補うゲームのアイデアが素晴らしいと思いました。

■戦国ブリッジ(サザンクロスゲームズ)
戦国ブリッジ-01.jpg
毎回驚かされる北条投了さんの新作で、基本はシンプルなトリックテイキングゲームですが、織田信長、本願寺顕如、毛利元就、長宗我部元親、伊達政宗など、おなじみの戦国大名たちにとんでもない特殊能力を持たせたことで、一癖も二癖もある作品に仕上がっています。さすが投了さんやw

戦国ブリッジ-02.jpg
また嬉しいことにコンポーネントにトランプ本体が丸々入っていますw

戦国ブリッジ-03.jpg
マストフォローや切り札あり、武将の能力次第でメイフォローにも。その他切り札のスートも変えられたり、ノートランプにもできる。何度も遊んでみたくなるゲームでした。

ここでいつもお世話になっているゲームNOWAの後援会長でもある中村さんが到着。久しぶりの東京らしく、もちろんこちらのゲムマは初めて。

■サクラダリセットカードゲーム(cosaic)
サクラダリセット-01.jpg
 ギャンブラー×ギャンブル!の作者、宮野華也さんのゲームデザインによる、あの『サクラダリセット』のカードゲームです。

サクラダリセット-02.jpg
プレイヤーは手札から様々な効果を発揮する異能者カードを出しながら、山札の底に眠る「マクガフィンカード」を誰よりも早く出すことが出来れば勝利できるかもしれないのですが、いつ「リセット」されるかわからないゲーム展開にほど良い緊張感があってとても楽しめました。

■おにぎりさん(デコクトデザイン)
おにぎりさん-01.jpg
ポケット&ビスケット、海賊の宝島 〜オクラコーク〜の作者、でじさん自らのインストが嬉しいですね。この最新作は3〜4人用の協力カードゲームになります。

おにぎりさん-02.jpg
ゲームの目的は全員が他人の前に「3種類の違うおにぎり」を作ることで、カードにはベースとなる「ごはん」「のり」が各20枚ずつあり、その中身となる具材には「こんぶ」「うめ」「しゃけ」が約7枚ずつ。
おにぎりを完成するには「ごはん→具材→のり」の順番で出さないとダメなのと、カードが出せない時に、自分の前にあるおにぎりを1つだけ「つまみぐい」できるというルールが秀逸でした。

おにぎりさん-03.jpg
今回は4人プレイでたまたま成功しましたが、後日にプレイしたら失敗しました。特に3人プレイは難易度が高くて良い感じでした。
とにかくデコクトデザインさん作品はシンプルなルールと美しいアートワークが魅力で、現在もコンプリート中です。

■ちきゅうのむかしばなし(米光と抜群のゲームデザイナーズ)
ちきゅうのむかしばなし.jpg
プレイヤーは地球の各地に住む語り部となり、地球を訪れた異星人の民俗学者に通じる「五十語しかない特殊な言語」を使ってもっとも正確に話ができる地球代表を決めるという、ようするに親が選んだ昔話がどれかを当てるゲーム。
5つの昔話のタイトルが書かれたカードがテーブルに並べられており、親はヒントとなる44枚のコトバカードから5枚のカードを選ぶのですが、これを全て味方の子が知っており、それに対し敵側は2枚だけ。そのあと子は一斉指し。子は当てると1点、親は宛てた子の人数分が得点。

昔話を思い出すだけでも楽しく、良く考えられたコミニュケーションゲームだと思います。

ラーメン-01.jpg
前日ゲーム会の帰りに中村さんと軽く何か食べようかぶらぶら歩いていて、秋葉原駅近くで偶然見つけたラーメン屋さんで食べたダブル排骨麺がかなり美味しく、また秋葉原に来た時に行こうと決めました。

【当日】

ごいT-02.jpg
昨夜はいつもの出展側でないこともあり、それなりに睡眠は取れたので体調は万全。

ビッグサイト-01.jpg
もう何度足を運んだことであろうか。

ビッグサイト-02.jpg
けっこういますね〜

行列-01.jpg
このあとスムーズに列を流すため、更に横方向に待機列が広がります。

行列-02.jpg
この待機列で待っている時間が中々楽しかったです。ごい牌職人のよち犬さんや更新ペースは世界最速のボドゲブロガー、うらまこさんとお話しできたり、偶然にも「番次郎の盤上万歳!!」というボードゲームブログを掲載されている番次郎さんにも、目印として身に着けておられたぬいぐるみのおかげでお会いできました。

シャッツィご夫妻.jpg
やはり一番乗りはこのご夫妻でしたw(ヒント:中古ボードゲームショップ シャッ○ィ)

待機中にトイレに行きたくなり、目印としてリュックを置いて行ってしまったため、戻ってくるとリュックが無くなっており、今までどのあたりにいたかも分からなくなったという、ちょっとした事件もありましたが、無事に開会時間となり、初の一般側でのゲムマがスタート!

初手はピクトロピコさんのドット絵チェスでした。




ノスゲム-01.jpg
次にダメもとで向かったのがのノスゲムさん。ウッドバーニングという手法で手間暇掛けて製作された、この春ゲムマの話題作の1つ「マムマムマーガレット」はほぼ瞬殺だったようですが、間近で製品版を拝見できて幸せです〜

ノスゲム-02.jpg
同じ製法で作られたチャームを購入させて頂きました。

タレるヤ.jpg
絶賛カードの丁合い中という場面に出くわした、タレるヤさんブース。新作のリトル☆オーダーにはパッケージが2種類あり、今となっては眼鏡っ娘バージョンも買っとけば良かったと後悔。

能登ごいた保存会東京支部.jpg
手前右にいらっしゃる強そうな方が、現在、ごいたの聖地の宇出津という漁港町の方々以外では最強といわれる、能登ごいた保存会東京支部の大内さん。この方が書かれた「大内流 ごいたの楽しみ方」というごいた本の購入が目的。

フリーキーデザイン-01.jpg
今回のゲムマが初出展という、フリーキーデザインさんのブース。あのSF超大作の人気キャラをステッカーでここまでコラージュされるあたりがもうヤバいw

フリーキーデザイン-02.jpg
事前に公開されていた紹介動画を拝見し、2作の新作のうち、大好きな忍者もの「シノビエンパイヤ」を購入。すべてユニークカードという美しいイラストとゲームシステムが気に入りました。

KITERETU-01.jpg
こちらもゲムマ初出展のKITERETSUさん。なんとあの人気の落ちゲー「ZOOKEEPER」を作られたメーカーさんの新作「TEXTILE -テキスタイル-」。
先攻(黒)と後攻(白)が交互にタイルを置いていき、自分の担当色の模様を作るゲームで、大きいほど得点が高いのですが、未完成に終わると得点が得られずというシンプルなルールで、二人用のアブストラクト好きとしては放っておけませんでした。

KITERETU-02.jpg
こちらもKITERETSUさんの新作「猫と死体と12人の容疑者」。ババ抜きの要領で進んでいく推理カードゲーム。とにかくイラストのクォリティが高く、それだけで購入。

luck movies.jpg
ボードゲーム会を開いたりプレイ動画を作ったりと勢力的に活動されている、滋賀のluck moviesさんのゲムマ初出展作品「Favorite Market」。あの名作「アンダーカーバー」をベースにしたゲームシステムに、女子高生を主役にSNSのタイムラインを表現されたという、イラストが超キュートで売り子さんも本日ベストワンな美人さんでした。

luck movies-02.jpg
初出展とは思えないくらい凝ったディスプレイも良かったです。

758ボードゲーム会-01.jpg
いきなり作者さんの名前にちなんだコスチュームカラーの戦隊ヒーローに遭遇w
近年は、TwoWei(トゥーヴァイ)、Chat Graf(チャットグラーフ)と意欲的にトリックテイキングゲームをリリースされている、758ボードゲーム会さんの新作「派遣戦隊マモルンジャー」の販促の力の入りようが素敵すぎます!

758ボードゲーム会-04.jpg
いつも綺麗に陳列されていて、とても見やすいディスプレイ。これ、中々できそうでできないんですよね〜

758ボードゲーム会-02.jpg
ヒロインさんは広報担当のあの方でした。
バックのポップは話題になったパッケージ事件の謝罪記事かとw
この作品は後日、ゲムマ大賞の第1次審査を見事通過されたようで、テーマとシステムが上手くかみ合い、周りの評判も良いとなれば、当然かもしれないですね。

緋色の兔亭-01.jpg
お隣は前日の記事で紹介させて頂いた、緋色の兔亭さんの「新版 神九(KAMI NINE)」。ホント美しいパッケージです。(当然中身もですが)

緋色の兔亭-02.jpg
九人の神様が描かれた販促ポップが目を惹きました。

オインクゲームズ-01.jpg
自社カラーの鮮やかなブルーにいつも引き込まれてしまう、オインクゲームズさん。最近は一番目立つこのポジションにいらっしゃるドイツ支社の女性の笑顔に癒されています。

オインクゲームズ-02.jpg
あのI was game の上杉真人さんのダンジョンオブマンダムが装いも新たにパワーアップ!
「ダンジョンオブマンダムエイト」遂にリリース!!

オインクゲームズ-03.jpg
角度を変えてもう1枚w

オインクゲームズ-04.jpg
最近の人気タイトルのパッケージの中でもこだわり抜いた、黒字に金の箔押しのゴージャス感と存在感は天晴れとしか言いようがないです。

オインクゲームズ-05.jpg
ここ最近は新作が出る度に無理行って撮影させて下さる代表の佐々木準さん。こちらも最高の笑顔を提供して頂けてました。

クリベッジ-01.jpg
最近は伝統ゲームコーナーが設けられている中、今回は2人用(3、4人でも可)のトランプゲーム「クリベッジ」でした。なにやら貴重そうなクリベッジボードの数々。

クリベッジ-05.jpg

クリベッジ-04.jpg

クリベッジ-03.jpg

クリベッジ-02.jpg

クリベッジ書籍.jpg
なお、クリベッジの遊び方については、
世界遊戯博物館さんの「世界の伝統ゲーム紹介」
やういちさんの「ゲームばっかりやっていないで」
が参考になるかと。
このゲームはアプリで一番遊んでいるゲームで、今回時間があれば是非久しぶりにリアルで体験したかったですね〜

どうぶつしょうぎ.jpg
別の体験コーナーではこんなどうぶつしょうぎまでw
リリース以来、長く愛されて続けている証拠ですね〜

ワンドロー.jpg
イエサブ秋葉原店さんでのゲムマ前日ゲーム会でもご紹介のあった「ニューロストレガシー」。アートワークが変わったことで、また新たな楽しみが増えました。

ドラタコ.jpg
実はそれなりにトランプゲームが好きなのですが、安価なものしか持っていなくて、1つくらいしっかりしたものが欲しいと思っていた矢先に、「MakePiayingCardscom.」さんのブースでこんな豪華仕様のトランプが!しばらくこの美しさに見惚れていました。

カワサキファクトリー.jpg
あの名作「ルールの達人」が装いも新たに、TANSANさんのアートワークで帰って来ました。この当日、かなりの数が出たとのことで、以前、Z-MAN版を遊ばせてもらったことがあるのですが、今まで体験したことのないルールが斬新でした。

畑さん.jpg
元保育士の経歴を持ち、現在は子どものためのボードゲーム輸入代理店を営まれている「Kleeblatt(クレーブラット)」の代表、畑直樹さんとばったり。以前、大阪東貝塚にある、遊べるボードゲーム屋「ファミーリエ」さんでの講演を聴かせて頂いて以来の再会で、御社で取り扱いたい作品の交渉に駆けずり回られていました。いつもおしゃれTシャツがお似合いの熱いおっちゃんですw

徳じろー商店.jpg
デビュー作の「スクエア×スクエア(Square x Square)」のリリース以来、特にTwitter上でお世話になっている徳じろー商店さん。



なんとこの日に新聞の取材があったようで、後日TL上でも話題になっていました。
徳じろーさんはゲームのインストでボードゲームを広める、ゲームインストラクターの資格もお持ちで、自分には欠けているスキルを発揮して日々頑張っておられるので、今後の作品作り共々、応援し続けたいです。

このあと昨年の春ゲムマで「ロボめん」の委託を快く受けて下さった「をしだやさん」ブースへ。
写真を撮り忘れてしまったのですが、後日4人で遊ばせて頂いた新作「ねこチーズをうばえ」が大盛り上がりでした。シンプルなバッティングゲームなんですが、毎回違った展開と魅力的4種類のねこ達が賑わせてくれます!






ご一緒した山路さんのコメント。




蒼猫の巣 主張所-01.jpg
あるご縁で拙作の「TAWARA!-バッタとねずみ-」を蒼猫の巣 出張所様ブースにて委託させて頂いております。

蒼猫の巣 主張所-02jpg.jpg
となりの「姫騎士逃ゲテ〜」のフィギュアの出来が凄いですね〜

さとーふぁみりあ.jpg
さとーふぁみりあさんの最新作「8ビットモックアップ」。テイクイットイージー式に、全員同内容の手札となるタイルから親の引いたタイルと同じものを定められたルールに従って配置していき、同タイプの地形が繋がると得点に。更にモニュメントと呼ばれるコマを上手く配置することで高得点が狙えるというゲームで、試遊卓も大賑わいでした。

Saashi&Saashi.jpg
ハイオリテイな製品が魅力のSaashi&Saashiさんブース。購入以来とても重宝している小物ゲームバックがおすすめで、しばらく品薄状態だった「コーヒ−ロースター」の重版も嬉しいですね〜

ショーナンロケッティアズ-01.jpg
コンスタントに作品を作り続けていらっしゃる、ショーナンロケティアズさんの新作は、嬉しい2人用の「奉天1905」と「ブラアウリア1356」。どちらのアートワークも力作で、後日に遊ばせてもらいましたが、遊びやすくてゲーム内容も良かったです〜

かぼへる-02.jpg
サークルデザインの弾幕がめちゃくちゃ目を惹くかぼへるさんブース

かぼへる-01.jpg
今回も用意した製品は完売されたようで、かぼへるさん人気は健在でした。
実は今回、ある案件のことで、どうしても代表の金子さんに直接御挨拶したかったのでした。







空理計画-01.jpg
中々真似のできない手法で素材にこだわりながら、オリジナリティ溢れるアブストラクトゲームを手作業で作られている空理計画さん。

空理計画-02.jpg
今回の新作は前回の「箱庭の国」(2人用)とは全く異なる、1人〜4人用の「ヘラティ」。

空理計画-03.jpg
タイルを配置しながら上手く模様をつなげ、特定のパターンを作るのが目的です。コマは自作されたゴム印で1つ1つ押印されており、これだけで頭が下がります。

インスタント・インスト.jpg
インスタント・インストさんの「トドメ騎士団」本イベントで行列が出来て完売されていたブースの1つ。まずタイトルが圧倒的にインパクトがあり、それに加えてファンタジーの世界を個性的なアートワークで描かれ、更に協力ゲーム的な要素の中に「俺がトドメを!」という、周りを出し抜く楽しさが盛り込まれた作品で、こちらも後日に遊んで盛り上がりました。

こぐま工房-01.jpg
昨年の秋ゲムマで彗星のごとく現れ、そのコンポーネントで多くの方に衝撃を与えた、こぐま工房さんの「BABEL」。その新版が登場!!
旧版との違いはこちら

こぐま工房-02.jpg
作者さんがペーパーアーチストだからこそ、この世に生まれた作品で、今後も長く遊び続けられて欲しいですね。

イマジンゲームズ-01.jpg
昨年秋にリリースされた、さかしんすがのさんの子供向け(大人も十分楽しめます)の動物メモリーゲーム「パクッとプリッと」も扱われていて、とても賑やかなイマジンゲームズさんのブース。今回の新作は「フタリマチ」と同じ二人用ゲームシリーズの第2弾「フタリシロ」。

イマジンゲームズ-02.jpg
人気作品「IKI」のポップも粋ですね〜

イマジンゲームズ-03.jpg
作品のサマリーが大きく掲示されているのはとても有難くて良いですね。

イマジンゲームズ-04.jpg
フタリマチより2回りほど大きくなったパッケージはタイトル題字が映えて良い感じです。

イマジンゲームズ-05.jpg
作者の山田空太さんはフタリシロのインストで大忙しでした。

L.A.WORKS.jpg
L.A.WORKSさんの「マギアルマ」。
美しいカード類、紹介漫画、カラフルなアクリルキューブ、予約特典のおまけ、それにこのパッケージ。凄く得した気分にさせられる作品で、展示されているグッズ類も豊富でした。
人気も上々だったようです。

十式ゲームワークス-01.jpg
デビュー作「れんけつ!」以来、十式ゲームワークスさんの作品は欠かさず購入しているくらい好きな作家さんで、今回の新作「ネコは上にのる」はすべてユニークカードという嬉しい仕様でした。

十式ゲームワークス-03.jpg
ゲームは実に不思議な、それ故に癖になる、あのリカーーーリングを初体験した時と同じ感覚を味わいました。



ご一緒したでんでんさんのコメントが実に的を得ていました。



ProtoCraft.jpg
Proto Craftさんの「コロウラ」。
とにかくこの造形キャラの可愛さだけでお腹一杯になれそうです。

ラブリー会.jpg
嬉しいような悲しいようなw
ラブリー会さんの新作「ラピッタカードゲーム」のことでした。

つかぽん-01.jpg
TUKAPONさんの最新作「ボブジテン」「CAPTURING CAGE」の両作はともに完売。特に持ち込み数が少なかったとはいえ、ボブジテンは瞬殺だったようで、この作品はインパクトのあるパッケージに目が行きがち(絶対に行きますw)ですが、カタカナ禁止の連想ゲームとあるように、このアイデアがもう素晴らしいの一言!お題一つで人それぞれの表現に抱腹絶倒ものです。

リリース後、とにかく売れ続けている「ハコオンナ」の後を追うのがこの作品だったら嬉しいなぁ〜

YbYゲームズ-01.jpg
1つのメッセージを残し、

YbYゲームズ-02.jpg
大事な自作品を放置w

YbYゲームズ-03.jpg
しばらくして再訪したら、内容物の内職シーンw

これが我らのYbYゲームズだ!!


BGM.jpg
実はここまで途轍もない荷物の量で、こちらのBGMさんブースにお邪魔しました。そしてこの光景を目にできたおかげでとても癒されたとともに、自社製品のサンプルを頂き、いつかこちらで製品化して頂きたいと心に誓いました。

itten-01.jpg
昨年の秋ゲムマで見事新作評価アンケート1位を獲得されたittenさんブースは「TOKYO HIGHWAY」が一回り大きくなった「TOKYO HIGHWAY 2nd EDITION」と拡張の「Hello! Expansion Package」、それにニューゲームズオーダーさん主催の「東京ドイツゲーム賞」で第2次通過され、ゆかいななふくろさんとの協力で製品化された2人用ゲーム「ハツデン」となんとも豪華なラインナップ。

itten-02.jpg
オリジナルTシャツや、

itten-03.jpg
特製バッチ等、グッズ販売も嬉しい今後のittenさんの動向から目が離せません。

六次化農村-02.jpg
一番最後に引き取った「六次化農村」。
やはり重いw

とにかく予約ゲームの引き取りに明け暮れたゲームマーケットでした。
おかげで次の新作資金が尽きましたw
それともう少し控えていれば試遊の1つや2つは出来たはずなんですが。

結論:やっぱり出展側が良いですね〜

ちゃがちゃがゲームズ-01.jpg
疲れ果てて閉会まで残る体力がなく、だだどうしてもご挨拶したくて、今回キッズコーナーブースだった「ちゃがちゃがゲームズ」さんへ。

ちゃがちゃがゲームズ-02.jpg
ボドゲ仕掛け人の異名を持つ、くだものあつめ、おさわり人狼の作者、jun1sさんの「駒ガチャ!」はやはり完売だったようで、ゲーム作家の端くれとしては、ここを初手に持って来るべきだったと後悔。

ちゃがちゃがゲームズ-03.jpg
このオリジナルTシャツが一番似合うjun1sさんとかたろーぐの作者、かわぐちさんからは○○加工についての情報も得られたので、今の状況(8月の名古屋ファミリーゲームフェスティバルの準備で大忙しw)が落ち着いたら、また詳しくお聞きしたいところ。

ちゃがちゃがゲームズ-04.jpg
あとお土産にかたろーぐの最新ポーチと「眼鏡堅パン」を頂きました〜

スパゲティ.jpg
会場を出た近くのお店で早い目の夕食でした。

ビッグサイト-05.jpg
また秋に〜

■今回の収穫品

収穫品1.jpg


収穫品2.jpg


収穫品4.jpg


収穫品01.jpg


収穫品6.jpg
posted by かぶけん at 18:02| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ゲームマーケット2017神戸に参加してきました。

いつもながらの遅い更新になります。(しかもゲムマ春まであと10日余りw)
今回はゲムマ前々日の段階で新作『TAWARA!』のマニュアルがまだ手元にないうえに前日も仕事だったので、当日までに間に合うのか冷や冷やものでした。

前日はお昼で仕事を上がれたので、帰りにイエサブなんば店さんとボドラボDDTさんで、ゲムマ当日用ココノッツの受け取りを済ませました。

IMG_2193.JPG
ちなみにボドラボDDTさんでは、伝説のPodcast、ボードゲーム研究室!のカワサキさん、人気サークルさんのアートワークも多く手掛けていらっしゃる、長谷川登鯉さんご夫妻、離脱後にお店の前ではあのふうかさんも目撃。

IMG_2171.JPG
そこからかわさきみなさんの個展を観に大阪北堀江のギャラリー、ART HOUSEさんへ。

IMG_2189.JPG

IMG_2179.JPG

IMG_2174.JPG

IMG_2172.JPG

IMG_2176.JPG

IMG_2184.JPG
そこでは、東京のゲムマでブースを手伝って頂いたカヲルさん、静岡から車で来られたやんまぁさん、鹿児島からは翻訳家のサイゴウさんとばったり。個展は見応えのある作品ばかりで徹夜の疲れもぶっ飛ぶくらい良かったです。

IMG_2203.JPG

IMG_2204.jpg

IMG_2205.JPG
その後、各自でみなっちょさんグッズを購入。

お店を出た後、サイゴウさんらはカワサキさん主催のゲムマ前日交流会に参加とのことで三宮の方へ、一方こちらはゲムマの準備があったため、急いで帰ることに。

IMG_2194.JPG
帰宅すると、玄関には心配だったマニュアルも届いており、とりあえず何とか70セット分ほど折って一安心。

IMG_2170.jpg

IMG_2169.jpg
ただカードの丁合いがまだかなり残っていたのと梱包作業やPOP作りでも手を取られ、結局前日に引き続き完徹。

そして久しぶりの体調不良で望むことになった当日、軽自動車に中くらいのダンボール4箱を積んで出発。
途中コンビニでメガシャキと即効元気ゼリーを購入し直ぐに摂取。

ゲムマ会場の神戸国際展示場には何とか9時前くらいに到着。

IMG_2212.JPG

IMG_2213.JPG
毎回設営プランを立てずに行うのは良くないと思うのですが今回もこんな感じ。

設営中には数奇ゲームズのホリケンさんが今進行中の案件で訪ねて下さったり、開始時間までほんの少し時間があったのである方のブースへご挨拶に行ったり。

IMG_2211.JPG
昨年は似顔絵探偵、今年は新作のコードゼクスで会場を賑わせてくれそうな、Joynt Game Factoryのおーつぼさん。

そのうちいつもお世話になりっ放しの助っ人、かえでさんも到着され、いよいよゲムマ神戸がスタート。

スタート直後から目の前のこっち屋さん、ぐうのねさんのブースには行列ができており、羨ましく眺めていました。

IMG_2216.JPG

IMG_2218.JPG
こちらは先日のゲムマ秋で好評だったネオンの試遊に力を注いでしまったため、情報出しが遅すぎたせいもあったりして、新作TAWARA!がかなり苦戦しそうな予感が。

IMG_2222.JPG

IMG_2223.JPG
それも覚悟で前日に購入した、みなっちょさんのブローチを身につけてブースに立っていました。

それでもちらほらと小部数の旧作が売れ始め、それに続いてTAWARA!もぽつぽつ動き出します。

お昼前には前回のゲムマ神戸でブースを手伝って下さった中村さんや、知り合いのツジイさんがブースに来られ、1時間半ほど売り子をして頂けるということで、その間に事前に予約していたものの引き取りにしばらくブースを離れることに。

今回もそれなりに予約してしまい、回収が大変だったので撮れたブースはごく僅か。

IMG_2233.JPG
ゲムマ名物、ボドラボDDTちむ店長さんのコスプレ。お忙しい中、申し訳なくブースの脇で撮らせて頂きました。

IMG_2236.JPG
Spieldisorder ハイライフさんの新作『星を渡る』。
このイベントで100セット以上を売りげたというプロット式の競りゲーム。
どこで勝ち、どこで負けるかが重要な、ほど良いプレイ時間とリプレイ性の高いゲームシステム、美しいアートワークに酔いしれる作品です。

IMG_2238.JPG
もんじろうシリーズやストリームス、競りゲー ブブカでおなじみ、サイ企画の居椿さんの新作『ワンナイト新郎』。
披露宴を終えた新婚カップルを中心に、夜のパーティ会場で巻き起こる人狼系コミュニケーションゲーム。
とにかくこの垂れ幕に引き寄せられてしまいましたw

IMG_2239.JPG
ラブリー会創作ゲーム研究室のYabeさんの新作『ラピッタカードゲーム』。
あのジブリの名作『天空の城ラ○ュタ』を彷彿させる世界観を存分に楽しめる競りゲーム。
こちらは予約の締切日に間に合わず、当日のワンチャンに賭けたのですがやはり完売でした。
(その後、唯一ショップ委託が行なわれていた、大阪のヒカリゲームズ堺さんの店頭にて運良くGET!)

IMG_2241.JPG
自分のブースの目の前だったぐうのねさんブース。ものすごい行列で次々に無くなっていくチューリップ・バブル第3版は当然の完売。
初版にも対応して下さった『チューリップ・バブル アップデートキット』を購入。

IMG_2242.JPG
さらにお隣のこっち屋さんでは、ぐうのねさんとのあのコラボ作品『タロットストーリア』の海外版の見本が‼

IMG_2244.JPG
ぐうのねのことりさんの美しいイラストがカードからタイルになったことでプレイアビリティの向上は間違いなし!是非この仕様で遊んでみたいものです。

IMG_2257.JPG

IMG_2256.JPG

IMG_2253.JPG

IMG_2255.JPG
手作りボードゲームチームたなごころ&MeepRing!!さん
昨年は渾身の手作りコンポーネントで度肝を抜かれた『たたらばと森』(その後ホビージャパン様から製品化)、今回は以前ツムテンカクEX.という、大阪新世界界隈で開催されたイベントに出展された『串かつ名人』の試遊が大人気!本物以上に美味しそうなコンポーネントに目を奪われました。

その後は足早に予約品の回収も終わり、ブースに戻るとネオンの試遊が途切れなく行なわれており、嬉しいツイートも頂きました。



















【お知らせ】
昨年のゲームマーケットに出展して以来、好評で多くの方に遊んで頂いているネオンですが、この秋のゲームマーケットにて、あるパブリッシャー様から『コプラス』というタイトルでリリースされる予定です。
どうかお楽しみに〜

またこの神戸では新作『TAWARA-ねずみとバッタ-』の告知不足と試遊を一度も行なえなかったことが大きな反省点です。
現在この作品は以下のショップ様にて委託させて頂いています。

イエローサブマリンなんば様 
大阪長堀橋ボードゲームショップDDT
大阪中津BOARDGAME.Lab DDT
大阪鶴橋ディスカバリーゲームズ

またゲームマーケット2017春では【C31-32】蒼猫の巣出張所様のブースで委託出展させて頂けることになりました。

最後になりましたが今回のゲームマーケットにて、ゲームNOWAブースにお越し下さった方、試遊して下さった方、作品をご購入頂いた方、本当に有難うございました。

【今回の収穫もの】

IMG_2336.JPG

ボードゲームデザインガイドライン、正気度ゼロから始めるボードゲーム製作、創造的な習慣 第1集、OSAMU BOX、犯人は踊る 小説版、しりとりむし、YOMEN、小箱ゲームバッグ 紺、ひよこ日和、クイズワーカープレイスメント、The Dice Road Race+拡張、スタータップス、菊花賽、チューリップ・バブル旧版用アップデートキット、コードゼクス、そんな顔してどうしたの?陰陽遣い、ぽんこつペイント、星を渡る、サルトリイヌイ、 ワイルドゴールド、娘は誰にもやらん!、みんなんカードゲーム、ジョゼことばカードB、ニデロク、積みゲークエスト〜罪と罰〜、スモガメ 東西対抗戦、ヌイグルミ野球カウントスリーツー、ワンナイト新郎、ラミネートラミー、ガガリオ。
posted by かぶけん at 14:44| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

ゲームマーケット2016秋に参加して来ました。

いつもながら遅い更新(まさかの大晦日w)となりましたが、先日の12月11日(日)に東京ビッグサイトで開催された、今回で12回目の出展となるゲームマーケットに参加して来ましたので、その報告になります。

おしながきはこちら

【前々日】
前々日の金曜日は何とか18時に仕事を上らせてもらって直帰すると、真っ先にシャワーを浴びたあと夕食。その後忘れ物がないか確認していたら、荷物が意外とあることに気付き、急遽息子のベッドの下に転がっていたキャリーケースを借りて、荷物の詰め直し。
そんなことをしていると結構いい時間なってしまい、慌てて家を出ます。

いつもより少しだけ余裕があったので高速バス乗り場のある天王寺に到着後、キャリーケースの駒の調子や中身の様子が気になって開けていたところに、偶然、ぐうのねのことりさんと紅陽さんにばったり!
あちらの方がバス(別会社)の時間が早かったので、おしゃべりもそこそこに。

IMG_1302.JPG
こちらもコンビニに寄ってドリンクやスイーツを買い込み、無事乗車&出発。

【前日】
7時半頃に2ヶ月前に参加した、東京ボードゲームコレクション(TBC)の時と同じ新宿バスターミナルに到着。

IMG_1303.JPG
まずは珈琲、珈琲、ということで、たまたま見つけたお店で朝食。

こちらで時間を潰し、その後近くのあった高島屋のおもちゃ売り場にて、ミニフィギュアとPOP立てに使えそうなスタンドを購入。(購入してから不安定で使えないことに気付くorz)

IMG_1310.JPG
ちなみに購入したミニフィギュア。

IMG_1307.JPG
次に秋葉原へ移動し、久しぶりのゴーゴーカレー美味し☆彡

腹ごしらえも済み、ここから歩いてすぐのイエサブ秋葉原店へ。

IMG_1312.JPG
今回で10回目の開催となる、ゲームマーケット前日ゲーム会に到着すると既に参加者による自己紹介が始まっており、最後の方でこちらも自己紹介に間に合いました。

IMG_1333.JPG
なんとかテーブルにもありつけたので私のインストの元、近くにミスみすラジオのミスターさん、タロ吉さん、じろうさんの御三方で次回作(とりあえずw)のネオン3人戦。







続いて東京ボードゲームコレクションで息子さんと八人の魔術師を試遊して下さった、いっちさんとサシネオン。




そして明日のゲムマの頼もしい助っ人、かえでさんが到着。

IMG_1316.JPG
続いてバハムートゲートのかぼへるさんを招いて。





ハッピーゲームズのRYOさんとサシネオン。




IMG_1327.JPG
同じくRYOさんのリクエストで八人の魔術師。




その他私の周りでは、するめデイズのチカールさんの「モンスカート」、Power9gamesのナインさんの「龍と政略(仮)」、俺専用ゲームズのぼーずさんの「クイズ ワーカープレイスメント」サザンクロスゲームズさんのエイジオブワーカー〜大工匠時代〜が大盛況でした。

IMG_1320.JPG
モンスカート

IMG_1325.JPG龍と政略

IMG_1335.JPG
ワーカープレイスメントクイズ

IMG_1329.JPG
エイジオブワーカー〜大工匠時代〜

IMG_1315.JPG
とにかく前日ゲーム会は大盛況!

IMG_1338.JPG
この後、かえでさんと飯田橋にある、ゲームバー グリュックさんへ。

お酒は殆ど飲めないため、バーに行く機会はなかったのでここに来れたのは良かったです。

IMG_1339.JPG

IMG_1340.JPG

IMG_1346.JPG

IMG_1348.JPG
店内の雰囲気がとても良く、勿論ボードゲームも沢山。

IMG_1341.JPG
お店専用コインがめちゃめちゃカッコイイ‼︎

IMG_1343.JPG

IMG_1349.JPG
グリーンアーチャーというカクテルとピザトーストを注文。

IMG_1344.JPG

IMG_1345.JPG
ボードゲームにちなんだメニューが目を惹きます。

しばらくしてバネストの中野さんが来られ、あるテーブルへ。その後キウイゲームズの山崎さんも到着。

どうやらボドゲ業界の会合に出くわした模様。

この後高田馬場に行く予定があったため、ゲームプレイは次回にお預け、業界の方々に一言ご挨拶した後、お店を出ることに。

7時過ぎに先日の東京ボードゲームコレクションの前日に参加させて頂いた、ゲーム研究家の草場純さんが約30年間開催されている、高田馬場ブリッジセンターの「なかよし村とゲームの木」に到着。

セルフサービスでコーヒーを頂きながら、何を遊ぼうかかえでさんと考えていると、ちょうどそこに賽苑さんの中西さんと灰原さん、クニツィアマニアのけがわさんが到着。

解禁後速攻予約させて頂いた、あのリカーーーリングが遊べるかもと、もうプレイ前からテンションMAX状態‼︎

IMG_1351.JPG
テストプレイにも参加されていたけがわさんのインストで初リカーーーリング。

IMG_1233.JPG

【リカーーーリング】
・ゲームはカード構成はペアーズ。そこに「R」カードが12枚加わります。

※カードの強弱は、
1>2>3>4>5>6>7>8>9>R

・プレイ人数によって「8」「9」「R」の中で枚数調整します。

・「1」を持っているプレイヤーがスタピーになり、必ず1枚だけ場に出します。

・出せるカードは場札より強いカード、もしくは「場札+1枚」(全て同じなら何を出してもOK)。

・出せたら場札を全て引き取り、自分の手札に加えます。

・出したカードと場札を交換後、他のプレイヤーが全員パス(誰も出せない、もしくは出さなかった)をすれば、その場札は出したプレイヤーの得点(1枚1点)として、場にさらしておきます。

・ゲームの終了は誰かが自分の手札を全て場に出し(その時に交換した場札は得点にならず、裏向きで場にさらします)、この後誰かが得点したら終了です。

・また最初に手札を無くした(0にした)プレイヤーのみ獲得した「R」カードは1枚1点になります。

詳しいルールについてはこちらを。

1回目のプレイではカードを場に出した後の場札引き取りを良く忘れてしまったり、ハンドコントロールが思うようにいかなくて、無得点という散々な結果orz

IMG_1354.JPG
ただ2回目はコツも掴めてリベンジ勝利☆彡

久しぶりに中毒性の高いカードゲームに巡り会えた気がします。

自分的には中西さんのキレキレのゲームシステムと、うずまきばかり描いて大変だったという、灰原さんのアートワークがとても素晴らしい、一生手放したくない作品になりそうです。


IMG_1359.JPG
この後、明日のゲムマで使用する試遊用のネオンを初の4人でプレイさせて頂きました。

おかげでラス手番の不利さえ解消出来れば、元々2人専用だったのが2-4人まで遊べるものに出来る可能性も見えました。

遊べたのはこの2種類のみでしたが、楽しいひと時を過ごせました。
草場さん、賽苑さん、けがわさん、ネオンに付き合って下さった方々、ありがとうございます。

ブリッジセンターを離脱後は帰りのドンキホーテで明日の朝食を購入後、別のホテルを取られているかえでさんと別れ、自分は格安のカプセルホテルへ。

ホテルに到着後、お風呂に入ってから2時前には寝ることが出来ました。

いよいよ明日本番‼︎


【当日】

昨年までは新橋に宿を取っていたので、ゆりかもめでの会場入りでしたが、今回は上野だったので別ルートで。

IMG_1363.JPG
乗り場まで結構距離があったのですが無事ビッグサイトに到着。

しかし到着後、今までに見たことがない光景が…。

IMG_1364.JPG

IMG_1365.JPG

IMG_1367.JPG

IMG_1368.JPG

IMG_1369.JPG

IMG_1370.JPG
なんと長蛇の列、列、列。
そのトップは5年ぶりの返り咲きという、我らがキャロルさん&わとさんご夫妻でした。

IMG_1250.JPG

IMG_1249.JPG

IMG_1248.JPG
そのキャロルさんですが、来年1月にボードゲームショップをオープンされるそうで今から楽しみです。

会場入りの到着がいつもより遅れるも、急いで設営を済ませ、目に着いた方々のブース写真を取らせて頂く余裕w

■ペンとサイコロさん
IMG_1371.JPG

IMG_1374.JPG

IMG_1377.JPG


■ノスゲムさん
IMG_1381.JPG

IMG_1380.JPG


■YACOさん
IMG_1385.JPG

IMG_1386.JPG


■Saashi&Saashiさん
IMG_1383.JPG

IMG_1384.JPG


■かぼへるさん
IMG_1387.JPG

IMG_1388.JPG

IMG_1389.JPG


■オインクゲームズさん
IMG_1390.JPG

IMG_1391.JPG


■ゲームNOWA(忘れる前にw)
IMG_1392.JPG

IMG_1393.JPG

IMG_1394.JPG


既に助っ人のかえでさんも到着し、準備万端。

そして開始時間の10時になり、ゲームマーケット2016秋がスタート‼

予想通り、新作『八人の魔術師』は既に3つのイベントに出展済みで、ゲムマ初とはいえ、新鮮味に欠けるのかかなりの大苦戦。
本業が忙しすぎて、宣伝や公式サイトへの更新も殆ど出来なかったのですが、今までで一番厳しいイベントになりそうな予感。

IMG_1397.JPG

IMG_1398.JPG

IMG_1399.JPG
おとなりの山猫ゲームズさんは初参加ではありながら、インパクトのあるパッケージとチャーミングな売り子さんが配られていた、おすもうさんの背中が映えるチラシ(パッケージと同じ)作戦が成功し(勿論ゲームの中身もGOOD!)、次々と売れていく光景が凄かったです。

しばらくして八人の魔術師を買い求めるお客さんもチラホラと。

IMG_1400.JPG試遊を希望される方々も来られ、かえでさんがインスト。

IMG_1402.JPG
1ラウンド目が終わった時点で購入して頂けたのは嬉しかったですね〜

IMG_1403.JPG
しばらくしてTTP(トリックテイキングパーティ)の代表者、ひげくまごろうさんファミリーとご対面。奥さまとお子様可愛すぎ☆彡勿論ひげくまごろうさんご本人もw

そしてまさかお会い出来ると思いもよらなかった、八人の魔術師ロボめんの魅力をご本人のブログで紹介して下さった、きゅんさんが立ち寄られ、拙作VIVA!ココノッツをGETして頂きました‼

IMG_1404.JPG

IMG_1405.JPG
その後、第2の助っ人を導入したのはいうまでもありません。

IMG_1407.JPG
それから早々と当日分が完売。Imagine GAMESの山田空太さんまで来て下さいました。
(実はこの後悲劇が…。)

他にもTwitter上で仲良くさせて頂いている同世代のすぎさんやボドゲブログの更新が楽しみなうらまこさんとも初めてお会い出来ました。

ここで一旦予約品の回収に行かせてもらえることに。

IMG_1409.JPG
毎回新作が楽しみな有限浪漫さん。新作ダブルピックスはプレイ人数の幅が広く、ルールも簡単ながらジレンマが効いていて、かなり盛り上がりそうです。お土産にお洒落なコースターを5枚も頂きました。

IMG_1411.JPG

IMG_1412.JPG

IMG_1413.JPG

IMG_1414.JPG
会場内で一番目を惹き、人だかりが絶えなかったオインクゲームズさん。展示方法の一つ一つが美しくて、ずっとここにいたい気持ちに。
新作『死ぬまでにピラミッド』を手に、代表の佐々木さんスマイルも素敵でした☆彡

IMG_1415.JPG
昨日お世話になった賽苑さん。
新作リカーーーリングが目に映えます‼

IMG_1416.JPG
個人的に大好きなショーナンロケッティアさん。

IMG_1421.JPG
今回は新作スイーツスタックを引き下げての参加、操られ人形館さんの常時さんインスト中。ハロウィンの被りものが良くお似合いでしたw

IMG_1417.JPG

IMG_1418.JPG
ほらボド!さんのノイ限定生産ホラー版、四等星さんのファイナルバーガーと並び、ゲムマでの争奪戦が予想された、こぐま工房さんのBABEL。分かっていたとはいえ購入できず残念。

IMG_1431.JPG
二人用アブストラクト、しかも手作り!更にクオリティが高いとくれば、絶対に見逃せない空理計画さんの箱庭の国。

IMG_1432.JPG
美しい(美味しそうw)駒とお洒落なボード、フライヤーのデザインがたまりません☆彡

IMG_1438.JPG
新作『星を渡る』(今回は試遊のみ)のSpieldisorderさん。

IMG_1439.JPG

IMG_1437.JPG

IMG_1440.JPG
この作品はあのルール読みでおなじみ、シミーズさんのシミーズチェック☆☆(ダブルスター)という高評価。(ちなみに☆☆☆はImagineGAMESさんのエンデの建国者のみ)

来年のゲムマ神戸で製品版がリリースされるそうで、これは楽しみですね。

IMG_1422.JPG
北の大地、北海道からの参戦、ボドゲアクセサリー製作の第一人者、Cygnus_gamesさん。売り子はCygnusさんとツイキャス仲間でもあるプーさん。

IMG_1423.JPG
新作の『ダイスタワー サンクチュアリ』が目に映えてとても美しいです☆彡ぐうのねのことり寧子さんとの夢コラボ作品。

IMG_1425.JPG
アグリコラ・オーガナイザー

IMG_1426.JPG
カタン・カードトレイ

IMG_1427.JPG
カタン・カードトレイは完売。

IMG_1471.JPG
ちなみにCygnusさんに頂いたキーホルダーがカッコイイんですよ!

IMG_1436.JPG
ようやく自分のブースに戻ると、ネオンの試遊を希望される方々がお待ちになっていたので早速遊んで頂きました。

IMG_1442.JPG
こちらは余り相手を干渉せずに配置していった感じですが、盤面はとても綺麗です。

IMG_1433.JPG
この後なんとあの日本好きで有名な、ジョン・パワー氏と翻訳家のサイゴウさんが立ち寄って下さいました。

ちなみにお隣の山猫ゲームズさんはペンとサイコロのろいさんと一緒にジョン・パワー氏と食事をされたらしく、君たちは○○で満足していてはダメだ的なお話もあったりと、とにかく参加出来て良かったらしいです。(仕事でなければ参加したかったです。)

IMG_1434.JPG
間違いなくご本人。

IMG_1444.JPG
今度はネオン3人戦。なんと昨日のゲムマ前日ゲームで私とサシネオンをされた、いっちさんが今日は息子さんと参戦。そしてもうひと方は俺専用ゲームズさんのワーカープレイスメントクイズのアートワークを手掛けられた、別府さいさん。

IMG_1446.JPG

IMG_1448.JPG

IMG_1450.JPG
最後は息子さんが後続を引き離し見事勝利!!







この後、まだ回収しきれていない予約品の引き取りに。

IMG_1451.JPG
こちらも個人的に大好きなサークルさんのをしだやさん。ブースが『東8ホール』だったことをすっかり忘れていたのですが、見つけられて良かったです。

IMG_1452.JPG
新作のどーぶつ・すとらぐる。今回も500円パワーが炸裂しそう!

IMG_1453.JPG
いつ見てもヲシダさんのイラストには癒させますわ〜

IMG_1456.JPG
Imagine GAMESさんにて委託出展された、さかしんすがのさんの『パクッとプリッと』。

IMG_1455.JPG
すがのしょうへいさんのイラストに惚れ込んだ、さかしんさん(Imagine GAMESさんのスタッフさん)の子供向けに作られたデビュー作で、まず素敵なすがのさんのイラストで楽しんで貰えたらということですが、大人も楽しめる作品に仕上がっています。
現在、すごろくやさんでも取り扱いが始まったようですので、気になる方は是非☆彡

そしてここで悲劇が。
ImagineGAMESさんの新作『エンデの建国者』の私の取り置き分が無いとのこと。
手違いで当日分に回ってしまったらしく、とりあえずパクッとプリッとを受け取ってブースに戻りました。

IMG_1454.JPG
The Game Galleryさんのブース。中古ゲームを扱われていたようですが、おそらく大人気だったことでしょう。

IMG_1460.JPG
ブースに戻ると嬉しいことにまたまたネオン2人戦。

IMG_1462.JPG
オレンジ&レモンといった感じでしょうか。この色の組み合わせも悪くないですね。

IMG_1464.JPG
閉会後、ヘムズユニバーサルゲームズのシゲさんこと、内藤さんから嬉しいお知らせ☆彡

2017年夏 ファミリーゲームフェスティバル、第2回開催決定!!

2017年8月6日(日)11:30〜18:00(予定)
名古屋国際会議場 白鳥ホール


【お詫びとお礼】
今年3月のGM2016神戸開催後に突然の引退表明で、一部の方々に心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
ゲムマ春ではをしだや様での委託出展という形で参加させて頂きましたので、恥ずかしながら実質は、GM2012大阪から継続中ということになります。

ゲームマーケット事務局様、出展者の皆様、来場者の皆様、お疲れ様でした。

そして1番の功労者でもある、助っ人のかえでさん、本当にお疲れ様&有難うございました。

おそらくいつかどこかのタイミングで休むことになると思いますが、今回ブースに立ち寄って下さった方々、試遊して下さった方々、作品を購入して下さった方々、有難うございました。

セールス的には振るわなかったものの、とりあえず次回作のネオンの試遊が大盛況でしたので、コスト面でのハードルが高く、簡単には実現出来ないのですが、何とか製品化に向けて精進していきたいと思います。

IMG_1609.JPG

IMG_1644.JPG

IMG_1612.JPG

IMG_1662.JPG

IMG_1665.JPG
現状はプレイ人数や好みによって4×4、3×3、3×4、2×2、2×3、の計5パターンで楽しめる可変ボードを開発中です。

IMG_1465.JPG

IMG_1467.JPG

IMG_1466.JPG

IMG_1468.JPG
ゲムマ終了後はかえでさんと品川駅近くの牛タン屋さんで打ち上げ。
美味しかっただけに、新幹線の時間が迫って余りゆっくり出来なくて残念でしたが、東京で満喫したこの2日間は良い思い出と次回以降の活力になりそうです。

【収穫した品々】

IMG_1499.JPG
DOSUKOI、ジャングリラ、スイーツスタック、老師敬服、メツボウキングダム、TOKYO HIGHWAY、モンスカート、タワーチェス、ALTER、大どろぼうとズルい騎士、箱庭の国、バハムートゲート拡張、寄生木の夜、Tri、-ノイ 限定生産ホラー版-、Trick Taking City、ことりファイト!、ダブルピックス、フィルムを巻いて!、リカーーーリング、パクッとプリッと、カルガモ☆マーチ、トリックオブスパイ(ボードのみ)、人喰い屋敷、似顔絵探偵ガール、死ぬまでにピラミッド、聖杯サクセション、オキドキ、トルトラレル、マルチの頂点、ウサギの政略結婚、国連ペンギン、どーぶつ・すとらぐる×2、ぽいひと、ノラネコ小隊、ArmA

IMG_1500.JPG
ボドつい☆、メビウスのゲーム頒布会 22年の軌跡

IMG_1502.JPG
きんしゃちゲームズsachiさんからのお土産。大変美味しゅうございました!

IMG_1476.JPG
COLON ARCたなやんさんから激安で木駒を譲って頂きました。

IMG_1655.JPG
四等星さんのブースに取り置きを受け取りに行った際、代金だけお支払いしてそのまま起き忘れるという大失態w
その後、ラミネートラミーの作者のりかちさんから送って頂きました。

りかちさん、その節は有難うございました。

IMG_1641.JPG
ちょうど12月25日クリスマスの日。
私用での目的地がImagine GAMESの山田さんの最寄り駅に近いこともあり、失礼を承知で連絡したところ、お会い出来ることになり、運良く手元に残っていたエンデの建国者を譲って頂けました。ちなみににクリスマスリースは奥様のお心遣いらしいです☆彡

【最後に】
本年は特に色々ありましたが、本当にお世話になりました。
ボドゲ好きな方もそうでない方もどうか良いお年をお迎え下さい☆彡
posted by かぶけん at 22:19| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

ロボめんのマニュアルのエラッタについて

【お詫び】
ロボめんのマニュアル内容に誤りがありました。

・P2、3の例図において、反転した際のロボコマの表記が実際のロボコマ、表裏対照表カードと異なっていました。

・P2【コマの対決】
誤:負けたコマは相手のコマと反対の方向に1マス押されます。
正:負けたコマは相手のコマと反対の方向に1マス押されて反転します。

・追記
【千日手について】
プレイ中に同一局面が4回現れた場合、先手有利緩和のため、後手勝利とします。

新マニュアルはこちら

印刷される際はこちらを。
オモテ面
ウラ面
posted by かぶけん at 11:44| Comment(0) | ロボめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

『第1回新将棋まつり』に参加して来ました。

さる10月8日(土)、名古屋のウインクあいち(11階小会議室1109号室)にて開催された、『第1回新将棋まつり』に参加して来ました。

おそらく変則将棋ということで『かに将棋』の存在をお知りになり、声を掛けて下さったのでしょう。主催者のあんちっくさんから7月の下旬に当イベントへのお誘いがあり、こちらとしてもゲームマーケットやフリーマーケット以外でアプローチ出来ればと、少し時間を頂いた後に参加表明させて頂きました。

しかし、その時点でかに将棋の在庫はなく、今までのバージョンでは再販出来ない状況から、僅かに残っていた部材と新たに見つけた部材で、イベント日に併せて作り始め、何とか約22セット(通常版7セット、廉価版15セット)、ロボめん10セットをリュックとキャリーケースに入れての持ち込みのプランが立ちました。




そして当日。

IMG_0721.JPG
9時半スタートということで、最寄り駅から始発での名古屋行きの予定が、勘違いから反対方向の列車に乗り込んでしまったことに気付き、何とかアーバンライナーで大きな遅れもなく、無事名古屋に到着。

IMG_0722.JPG
ちなみに本日の戦闘服はもちろん、かに将棋Tシャツ。

自宅で朝食を取る余裕がなかったので、シャポーブラン サンロード店(中村区 名古屋駅地下)でモーニングバイキング。いろんな種類のパンが一口サイズにカットされていたので、とても食べやすくてまた美味しかったです。また追加で小倉トーストも注文。

IMG_0723.JPG
お店を出てから目的地のウインクあいちへはぎりぎり開始時間に間に合い、急いで設営を済ませました。

出展団体は全部で6団体。

IMG_0724.JPG
集大成将棋(あんちっく)

IMG_0738.JPG
京将棋(京将棋連合)

IMG_0750.JPG
かに将棋ゲームNOWA

IMG_0730.JPG
四人将棋(一般社団法人 日本四人将棋連盟

IMG_0749.JPG
歌い手将棋(歌い手将棋

IMG_0740.JPG
ベクトル将棋ヒラメキ工房

9時半になり開場。
しばらくの間は来場者がなかったものの、最後の出展者の方も到着され、設営が済み次第、展示スペースにてプログラム通り、常時開催の「新将棋ふれあい大会」、「ベクトル将棋8人トーナメント大会」が始まり、午後からは来場者も増え、「京将棋トーナメントフェス」「四人将棋大会」「グーチョキパーゲームトーナメント大会」も無事開催されました。

■京将棋



■ベクトル将棋



IMG_0764.JPG
ちなみにお昼に土師プロとご一緒した、チカマチにある「赤い鳥」の鶏つけそば、マジ美味しかったです!

■グーチョキパーゲーム(ベクトル将棋の裏面)



■四人将棋



八王子四人将棋



■歌い手将棋



■かに将棋
IMG_0766.JPG
基本は横にしか動けない「かに駒」で、盤上中央に流れる川マス、斜め移動ができる「かにの絆」を駆使し、相手の駒を味方駒同士ではさんで取る、変則はさみ将棋。

ロボめん
IMG_0765.JPG
じゃんけんと磁石の要素を盛り込んだ、ロボット相撲相手の駒と隣接すると「対決」。対決に勝てば相手のロボ駒を1マス押し出して反転させる。先に相手のロボ駒2体を場外に押し出せば勝ち。

ハチの巣囲碁
IMG_0771.JPG
囲碁経験が全くなくても楽しめました。裏面はサークルリバーシーというゲームになっています。ちなみに対戦相手は、連珠(競技五目並べ)世界ランキング24位という輝かしい経歴の福井暢宏さん。

■新将棋ふれあい大会
IMG_0774.JPG


大会結果はこちら

実は本将棋のルールは知っているだけで腕前は全くの初心者レベル。そんな自分がこのようなイベントに出展者として参加しても良いものか、主催者のあんちっくさんに参加表明した後、少し悩みました。
将棋への知識が少な過ぎるのと、変則はさみ将棋のかに将棋やロボめんはちょっと場違いな気がしてしまっていたので。

しかし実際には変則将棋の1つとして楽しんで頂けたようで、このイベントに参加出来て良かったです。
他の団体さんの作品レベルがとても高く、今後も「競技」として、また「遊戯」としても広がっていくと思っていますので、次大会開催の際には一人でも多くの方に体験して頂きたいです。

なお、この新将棋まつりはNAVERまとめサイトでも紹介されました。

【購入品】
IMG_0794.JPG
グーチョキパーゲーム(裏面がベクトル将棋)

IMG_0795.JPG
ベクトル将棋(裏面がグーチョキパーゲーム)

IMG_0793.JPG
カード将棋、集大成将棋



閉会後、桑名囲碁将棋サロン庵様にかに将棋を寄贈させて頂きました。


IMG_0783.JPG

IMG_0785.JPG

IMG_0786.JPG

IMG_0790.JPG
このあと、お昼に名古屋のお知り合いの方から夕食のお誘いがあったので、名古屋駅方面の鳥料理屋さんへ。(名前忘れw)

そこになんとエッセンの準備等でお忙しいはずの、ゲームストア・バネストの中野店長が合流!

最近のボドゲ事情(ここでしか聞けない話もw)について熱く語って頂き、美味しい料理も含め、とても有意義な時間が過ごせました。
また、行きとほとんど変わらない量のゲームを全て委託用に引き取って下さったりと、中野さんからの熱いエールをひしひしと感じました。

現在、名古屋のゲームストア・バネスト様にて
「かに将棋 通常版
「かに将棋 廉価版
「ロボめん」
の三作品を取り扱って頂いています。

【探しています】



現在、名古屋駅の忘れものセンター、名古屋の中村警察署には届け出も提出しているのですが、残念ながら未だに見つかっていません。
posted by かぶけん at 14:00| Comment(0) | かに将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

東京ボードゲームコレクションに参加して来ました。

【前々日】
この日はほぼ定時上がりで真っ直ぐ帰宅。
明後日の東京ボードゲームコレクション(以下、TBC)用のPOP作成後、お風呂に入ってマッタリ。
忘れ物を確認し、準備万端。
今回は慌てることなく夜行バスに。

IMG_0635.JPG
これは大助かり!
4列シートだったものの、到着場所の新宿まで隣りが空席でいつもの窮屈感はなく、おそらく4、5時間は寝れたかも。

【前日】
IMG_0643.JPG
到着後、新宿のバスターミナル付近のカフェに入り、パンと珈琲を注文。

IMG_0636.JPG
これが中々美味しかったです。

IMG_0637.JPG
今回の前日入りはほぼノープランだったので、外も雨だし、ここでTBCの公式サイトへ最後の情報出しでもしようかと、スマホで入力し始めたもののスムーズに事が進まず、結局UP出来たのはお昼前orz

ここから購入したい物があったので秋葉原へ。
まずはイエサブ秋葉原店。

FullSizeRender.jpg
店内がとにかく広くて品揃えが半端ないです。目的の幻影探偵団でお馴染み、ハッピーゲームズRYOさんの迷家-マヨイガ-を見つけるのにも一苦労w
あと、ずっと探していたバンパイヤクィーンを。

IMG_0644.JPG
拙作の三忍者!

IMG_0650.JPG
VIVA!ココノッツも取り扱って頂いています。

店内を見て回っていると「かぶけんさん!」と、トイレに向かう途中のうぃりあむさんからお声が。
お仲間とフードチェーンマグネイトをプレイされているところで、プレイスペースはほぼ満席でした。

その後も店内をうろうろ。

さすがにお腹が空いてきたのと、100円ショップにも行きたかったので、このあたりでお店をあとに。

ここからが大変でした。
以前にあった100円ショップは無くなり、新たに見つけたお店に目的の物は取り扱っておらず。またお昼のメニューが中々決まらず、ある方からのおすすめのお店に向かうことに決定。

IMG_0659.JPG
秋葉原から上野へ向かい、そこから神田の予定が

IMG_0660.JPG
どうやら道に迷ってしまい、ようやく駅らしき場所に到着。

IMG_0665.JPG
そこから神田に移動するもまたそこで30分以上迷ってしまい、到着した時は既に17時半でお昼御飯と晩御飯が兼用に。

IMG_0666.JPG
それなりに並んでようやくここまで。

IMG_0668.JPG

IMG_0667.JPGそして店内に入ると、咳き込むお客さんが多数。
想像以上に辛くてサイドメニューの焼き飯を頼まなければ完食は無理でした。
同じお店の名前の台湾ラーメン屋があり、そちらは食べやすかったのですが…。
辛党には良いかと。

IMG_0671.JPG
食べ終わるとちょうど良い時間になっており、19時から本日唯一予定があった高田馬場ブリッジセンターへ。

トランプやドミノにお詳しい、マサイキリンさんからのお誘いで参加させてもらったのですが、会場の扉をあけると受付にはなんとあのゲーム研究家の草場純さんが!

実はここ、もう30年以上ほぼ毎週土曜日に開催されている「なかよし村とゲームの木」というゲーム会で、

IMG_0674.JPG
今回は「トランプ大全」の著者、赤桐裕二さんによる「デュラック」や、ブラジルでプレイされている「トルッコ」というゲームの一種、「ブラジリアン・トルッコ」(4枚の特別に強いカードが「クラブの4」「ハートの7」「スペードのA」「ダイヤの4」)の講座があり、実際にプレイさせて頂きました。

その際、シャッフル中の草場さんを激写w


そのあと遊ばせて頂いた、「スポコーネ」という、4人用ゲームが中毒性のある面白いゲームで、大阪に帰ったらすぐにでも遊んでみたいです。

結果、19時から22時半近くまでトランプを堪能しました。
今度は12月のゲムマ秋前日に参加させて頂くことに。(スマホのバッテリーを忘れて来たこともありw)

【頂きもの】
IMG_0918.jpg
マサイキリンさんから頂いた、トランプゲームのルールが収まっているという、優れもののポストカード(8枚組)。

IMG_0672.JPG
なかよし村で行なわれるゲーム大会紙幣。

IMG_0673.JPG
明日のTBCにも出展される予定のトランプ本。

高田馬場ブリッジセンターを離脱後は、明日のTBCの会場、浅草橋のヒューリックホールへのアクセスも良い上野へ戻り、午前中に予約しておいた、Oh!ばかばかしかっ〜!の徳じろー商店さんの徳じろーさんおすすめの格安宿へ。

IMG_0678.JPG
前日のバスで飲むはずだったこれを飲んで今日はぐっすりの予定。

【当日】

IMG_0679.JPG
今日の戦闘服はかわさきみなさんデザイン。これでゲームNOWAブースの閑古鳥も怖くないw

IMG_0680.JPG
チェックアウト後、近くのドトールコーヒーで朝食を済ませ、いざ浅草橋へ!

IMG_0684.JPG


IMG_0685.JPG


IMG_0686.JPG
ところが会場へは開場1時間前に到着してしまい、ちょうどTBCの主催者のリトルフューチャー江見さんや声優の田邊さんが搬入荷物を運ばれているところに遭遇。お手伝いをと思ったのですが、「大丈夫ですよ」と時間を持て余すことになるかと思いきや、ちょうどTBCでお芝居と人狼をミックスした公演を上演される、「pika☆Kika」さんの女優さんのお一人が入り口付近でお暇されていたので、話相手になって頂きました。

そのうち京都からトイドロップのはちさんが到着し、その後お知り合いの方が次々と。

そして設営可能時間となり、区分けされていた自分のブースの荷物を取りに行くと、をしだやさんのヲシダさんとバッタリ!
今回は徳じろー商店さんとの合同ブースのようで、二サークルとも応援し続けているサークルさんなので、実りのあるイベントになればいいなぁ〜

我がブースはシロップゲームズのしろうさんとお隣で、今回は助っ人がいないため、しろうさんのご友人のハニーさんとハンニムさんが交替で売り子をして下さるようなので、おそらく1日中、試遊卓に貼りつくことになりそうです。(実際そうなりまして、自分のブース写真も撮り忘れる始末orz)
あと、しろうさんの「双子の王子」のアートワークを手掛けられた、ママダ・ユースケさんも応援に来られていて、先日テンデイズゲームズで注文してしまったため、(もう届いているであろう)「四人の容疑者」にサインして頂き損ねましたw

なのでここからは、ほぼ試遊卓回りだけしか撮れておらず。

IMG_0689.JPG
ヴァンパイヤレーダー、バハムートゲートの作者、かぼへるさんとロボめん対決。
かぼへるさんは拙作かに将棋もよく遊んで下さっている、将棋好きの方ですがここでは秒殺w




IMG_0691.JPG続いて八人の魔術師を。

IMG_0690.JPG
完勝ボーナス頂き‼




実に楽しいかぼへるさんとの一戦でこんな嬉しい会話も飛び出しました。




IMG_0693.JPG
おかげさまでロボめんも

IMG_0700.JPG
八人の魔術師も沢山の方に遊んで頂けて良かったです。

IMG_0692.JPG
試遊卓を共有させて下さったしろうさんの双子の王子(2人用)も大人気で、こちらの2作(2人用)と併せて「夢の3作同時稼働」も実現出来ました。
ずっとしろうさんと試遊させて頂けたことはきっと良い思い出に。

夕方に少し出来たわずかな隙にお買い物でもと。

IMG_0696.JPG
操られ人形館さんのゲムマ秋の新作「スイーツスタック」。アートワークはあのダンゴーダンジョン!やもぐらのすごもり、モーモートレトレ!も手掛けられた、井上磨さん。テトリス系パズルっぽくて今から楽しみです〜

IMG_0694.JPG
個人的にこのイベント一番の注目サークル、JUGAME STUDIOさんの「真打」と「ワインレーティング」。もしどちらかでも買えたらと思っていましたが、予想どうりでしたorz
でもこのクオリティなら仕方ないですね〜

このあと、ほらボド!のmomiさんからインタビューも♪(1:51:22から)

ビデオ撮影が趣味という、幻影探偵団の作者ハッピーゲームズのRYOさんのサイトでも、素晴らしいこのイベントの動画が公開されています♪

IMG_0699.JPG
美女と野獣w(かんちょーさん、ごめんなさいorz)

初めてのイベントということでしたが、来場者数700人以上は大成功だったのではなでしょうか。
主催されたリトルフューチャー様、ディアシュピール様を始め、運営スタッフの皆様、出展者の方々、来場者の方々、お疲れ様でした。
また次回開催(絶対あると断言!)には参加させて頂きたいと思います。

IMG_0834.jpg
閉会後は息子のから頼まれていた用事があったため、ゆうパック手続きを済ませたあと、徳じろーさんと東京駅構内でお茶しながら、徳じろーさんのリクエストで永遠の次回作「neon-ネオン-」をプレイ。(写真を撮り損なったので、先日仕事帰りに立ち寄らせて頂いた、ボードゲーム・カフェー「賽翁」さんでの1枚)
徳じろーさんからも最高の手応えでしたが、簡単に量産出来ないのが悔やまれます。

徳じろーさん、東京駅までわざわざお見送り頂き有難うございました。

【収穫もの】
IMG_0712.JPG
かっぱたん、カルロ(ASOBI.dept)、Oh!ばかばかしかっ〜!新生ルールマニュアル(徳じろー商店)、松永久秀トリック(トイドロップ)、オシリスの棺の化粧箱(ボドゲシオ)、イッチャエッテ(てぃ〜くらぶ



posted by かぶけん at 11:35| Comment(1) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

八人の魔術師の紹介記事

先日の名古屋ファミリーゲームフェスティバルで試遊して下さった方が、ボードゲームのコミュニティサイト、「ボドゲーマー」様に最新作『八人の魔術師』の紹介記事を寄稿して頂いていますが、新たに第一回グループSNEボード/カードゲームコンテストの選外佳作に選ばれ、今月末にリリースされる「アニマルマインド」の作者、ガーデンゲームズの樫尾様にも紹介して頂きました。


posted by かぶけん at 08:01| Comment(0) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

八人の魔術師の補足について

八人の魔術師の勝敗判定の中でいくつか間違いやすいケースがあります。
今回はその点についてお伝えします。

【1:逆転】
@相手が「0」→勝利
A相手が「1」または《相討ち》→引き分け
B相手が「2」〜「4」※ヒュドラ効果での「5」も含む→一旦敗北→《逆転》の効果が発動→そのターンに勝利
@かAの場合、カードの強さは通常のままです。

《逆転》が出た同ターンに相手が2枚目の《逆転》→引き分け
《逆転》が出た同ラウンドに相手が2枚目の《逆転》→こちらが「2」以上なら相手が勝つので、《逆転》の効果はそのまま持続。
《逆転》が出た同ラウンドに相手が2枚目の《逆転》→こちらが「0」なら、こちらが勝つので《逆転》の効果が発動し、結果、通常に戻り、そのターンに勝利します。

なので最終的に、
このカードが負けることはなく、引き分け以外なら必ずそのターンに勝利します。

【0:ドラゴン化】
このカードは自分と相手を含む場の中で、「1」が2枚以上あれば「4」として扱うことができます。
ただし、魔術効果やモンスターの特殊効果適用後の数字が対象となるため、場に【1:ダークエルフ】と【1:ゴブリン】が1枚ずつあっても、ゴブリンが先攻で出されていた場合、自身の特殊効果により「2」として扱われるため、《ドラゴン化》の効果は発動できません。

逆に相手の場に【1:ダークエルフ】(1ターン目)【2:ユニコーン】(2ターン目)が出された状態で、ユニコーンと同ターンに【2:コカトリス】を出した場合、「3」になったユニコーン(自身の効果)をコカトリスの効果で「1」にすることにより、ダークエルフとユニコーンが《ドラゴン化》の対象となります。

【追記:7/6(水)】
このゲームではラウンド中(最大5ターン)に3ターン分の勝利を得ることで、自分の賭けた魔石以外に相手の賭けた魔石も得点化できますが、これは3ターン「先取」という意味です。

つまり、1ターン目から連続で3ターン勝利すれば残り2ターン、4ターン目で3勝すれば残り1ターンは対戦せずにラウンドが終了します。


posted by かぶけん at 23:55| Comment(0) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

第六回ボードゲームフリーマーケットin住之江に参加してきました。

先日開催された『第六回ボードゲームフリーマーケットin住之江』に、今回も出展側(第一回から参加)で参加してきました。

間に合わなくても構いませんので、と一応締め切りをイベント前日にお願いしていた、最新作『八人の魔術師』の宣伝用ポスターのイラストデータが時間内に届き、それを目の当たりに。

素晴らしい出来栄えに興奮が冷めやらないまま、
ポスター.jpg
当初考えていたレイアウトに当てはめていき、完成。

その後、寝ようと思えば眠れたのですが、このイラストでの製品化を夢見てしまうと中々眠れず、気がつけばもう朝。

あっ、そうだ!印刷しなくては。
家庭用のプリンターでは印刷できないサイズだったので、とりあえずUSBメモリにデータをコピーし、どこかにしまっていた、ポスターを入れるアジャスタブルケースを引っ張り出すこと15分。

印刷屋さんまでは片道約1時間なので、戻ってきたらすぐに出発する必要が。
予想通りの時間に帰宅し、印刷されたポスターをA2サイズの額縁に入れ、ある一文をシール印刷して貼り付けて完成。

そして出発後、いきなり渋滞。

しかししばらくしてスムーズに流れ出し、お昼御飯まで食べれる余裕も。

思ったより早く会場の駐車場に到着し、ボー研のカワサキさん案内のもと、無事に駐車。
ちょうど同じ頃に中野さん&プーさんのバネストさん組、おーつぼさん&前田部長&神宮寺さんのジョイントゲームファクトリー組、トリックプレイさん、DDTのちむさんらも到着。

さぁ、ここからが台車を忘れてしまったため、複数回に分けて何とか荷物を運び終わる。さすがに疲れました。

マスクマン&ちむさん.JPG
会場の準備まで少し間があり、みんなしばし休憩の中、持ち込み段ボール数25箱オーバーのDDTちむ店長と謎のマスクマン(今話題のボ育て本の発行人という噂もw)も運良く激写!

会場準備は完徹が響いて辞退させてもらっている間に、助っ人のかえでさん(先週の名古屋ファミリーゲームフェスティバルからの連チャン)も到着。

会場.JPG
ちなみに会場はかなり広そう。

そして13時くらいから各自ブース設営開始。

我がブースは舞台前ながら床出展で2ブース。
これが今回良い選択で、バックヤードは最悪舞台上も使えそうな(実際使いましたw)感じ。

ブース-01.JPG


ブース-03.JPG


ブース-02.JPG
色々悩んだ挙句、設営完了。
お隣は榎コロでおなじみのあおきのこGAMESさんと、

お隣.JPG
もう一方は中古ゲームを出されていた方々(お名前は確認できず)で、

トリックプレイ.JPG
目の前はトリックプレイさん。

そして14時となり、ボドゲフリマがスタート!
やはりトリックプレイさんのブースが人気で、新作を求めて多くの人達が集まって来ます。

こちらは先日の名古屋ファミリーゲームフェスティバルと同様、かなりのスロースタート。
それでもポツポツと最新作『八人の魔術師』は売れていきます。

ギリギリ間に合った宣伝用ポスターの効果も大きかったようで、これについては「実際のカードのイラストはポスターのイラストとは異なります。」的な一文を入れ、購入時にもその旨は伝えました。
それでも購入される際に、ぜひこのイラストで出して欲しいという、有難いお言葉も。

試遊.JPG
しばらくしてから試遊卓も回し始め、八人の魔術師とロボめんがフル回転。ロボめんは八人の魔術師との割引買い、三忍者はコンポーネント買いが多かったです。
途中からはブルーシート上でも試遊を始めたので最大3卓回っていたことに。

最終結果は以下の通り。

八人の魔術師:41/65
ロボめん:15/22
三忍者:15/18
中古ゲーム:8/13

中古ゲームや人気ショップさんのセールがメインなイベントで中で、自分的には良く健闘できたかと。
あと助っ人のかえでさんが試遊卓で頑張って下さったことが大きかったです。

どこ?どこ?オッタ!.JPG
閉会間際にジョイントゲームファクトリーのおーつぼさんから新作『どこ?どこ?オッタ!』。

稲馬屋-03.JPG
近くのブース、稲馬屋さんからペーパークラフト2種を。

稲馬屋.JPG


稲馬屋-01.JPG


稲馬屋-04.JPG


稲馬屋-05.JPG


稲馬屋-00.JPG
ちなみにこの稲馬屋さんの出展物が一際目を引き、

稲馬屋-02.JPG
ミニチュアフィギュアまで頂きました。

ミープルストラップ.JPG
それからMeepRingさんでミープルストラップを購入。

アクアレット.JPG
またイベント中に豚小屋のアタックさんから、お願いしていたアクアレットを受け取り、

わらび餅.JPG
八人の魔術師のタイトルロゴを手掛けて下さった、ぐうのねのことりさんからは差し入れを頂きました。

なお、アタックさんは8月上旬に兵庫県姫路市でオープンされる、ドイツゲーム喫茶『B-CAFE』のマスターとして新たな人生のスタートを切られるそうです。オーナーはもちろん、知ったか映画研究家の作者、酢豚さん。(黒田尚吾さん)

それと嬉しいことに『新生!ミスターのミスみすなんでもやってみるラジオ』のミスターさんと久しぶりにお会いでき、インタビューにも出させて頂きました。
沢山の著名人の方々のインタビューや大事な告知が、今晩半年ぶりに更新されています♪

最後に体感ではありますが、今回のボドゲフリマは大盛況だったように思います。

出展者の方々、来場者の皆様、お疲れ様でした。
ゲームNOWAブースに立ち寄って下さった方、試遊して下さった方、作品を購入して下さった方、有難うございました。

イベント終了後は近くの鳥貴族での打ち上げにも参加し、美味しい料理と楽しい会話を満喫して帰路に着きました。

【お知らせ】
最新作『八人の魔術師』のゲームショップでの取り扱いが始まりました。

イエローサブマリン様
ひがっちゲームズ様

現在、プレイ可能店は以下の通りです。

・ひがっちゲームズ様
DDT様
ディスカバリーゲームズ様
ヘクスインゲームズ様
ボードゲーム・カフェー賽翁様
駒の時間様
posted by かぶけん at 22:42| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

第六回ボードゲームフリーマーケットin住之江のお品書き

ゲームNOWAのかぶけんです。
第一回から参加しているボードゲームフリーマーケットに今回も参加します。

6_ポスター2_web.jpg
日程 2016/06/25(土)
時間 14:00-18:00 
出展者は13:15〜 
完全終了は19:00予定

Map6_20160524.jpg
ブース番号は【0607】になります。


【お品書き】
・三忍者(2-4人/10歳以上/15-30分)イベント価格:2000円
・ロボめん(2人/7歳以上/15分)イベント価格:2000円
・八人の魔術師(2人/10歳以上/20分)イベント価格:1700円
・中古ゲーム



三忍者
三忍者-01.JPG

三忍者-02.JPG

戦国の世に敵対する伊賀(徳川)と甲賀(豊臣)。この戦いを4つのモードで表現。
7枚の手札から3枚以上で手役(陣)を重ねてカードコンボ「超烈斬」!
相手に手裏剣ダメージを与え、陣営ポイントを「0」にすれば勝利という、30分程度で気軽に遊べるカードゲームです。

人気サイト、やおきんさんの「浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-」でもご紹介頂きました。

三忍者のマニュアルはこちら

ロボめん
ロボめん-01.JPG

カタログ.jpg

3×4マスの盤上でお互い3種類のロボットコマを、3すくみで対決させ、負けた方は決まった方向に1マス移動後に反転(オモテとウラがひっくり返える)。早く盤上の外へ相手のコマを2体押し出せば勝ちという、2人用のアブストラクトゲームです。

【手番に出来ること】
自分のコマ1体を、
1.前後左右の何れかの方向に1マス移動
2.コマのオモテとウラをひっくり返す。


【ロボットコマの3つの特性】
1.ハンパツ
隣接した相手のコマが自分のコマと同種類で同じ向きなら、お互いが反発して決まった方向に1マス移動後反転。

2.ヒキアイ
自分の同じ種類のコマ同士が隣接すると、同じ種類の相手のコマが同じ向きで隣接しても、相手のコマだけ1マス移動後反転。

3.逆境システム
残りのコマが2体になると、コマに内蔵された「逆境システム」が働き、斜め移動も可能になる。

プレイ動画




ロボめんのマニュアルはこちら

八人の魔術師
8wiz-01.JPG


ロゴ.jpg
この作品のタイトルロゴは、あのチューリップ・バブルやこっち屋さんとのコラボ作品「タロットストーリア」「ブタバベル」でおなじみ、ボードゲーム制作同人サークルぐうのねのことり寧子さんに手掛けて頂きました。

また、パッケージの背景素材はらむりて台本部さんからお借りしました。

「八人の魔術師」は1ラウンド=最大5ターン、1ゲーム=4ラウンドで構成されています。
お互い20枚の対称カードを山札にし、上から10枚引いて5枚を手札にし、残った5枚は戻して混ぜ直します。そして先攻から手持ちの1点×3個、2点×1個の魔石から1個を賭けます。

先攻から手札の1枚を出し、そのあと後攻も同様に出します。カードは魔術師8枚、モンスター12枚で、全てに0-4までの何れかの数学と効果(モンスターは初級ルールでは効果は使いません)があり、ターンに勝てば次のターンは先攻、引き分けなら前ターンの勝者が先攻になります。

最大5ターン中、3ターン勝てば自分+相手の賭けた魔石を得点化できますが、それ以外の勝利は自分のみ得点化。勝利ターン数が同じ場合、魔術師の使用枚数の少ない方が自分のみ得点化。それ以外はただの石コロ扱いです。

基本は数学比べですが、そこに魔術師の効果、更にはモンスターの効果を加えると、効果適用後の数字がそのカードの強さとなるため、色々絡み合って出す順番や引き時が重要になります。
プレイ時間は約20分(慣れるまでは25分くらい)で、非常にテンポが良く、また毎回違う展開になるので、リプレイ性のある作品となっています。

8wiz-03.jpg

8wiz-04.jpg

8wiz-05.jpg
1ラウンドはこんな感じです。

八人の魔術師のマニュアルはこちら

また、この作品は先日の名古屋ファミリーゲームフェスティバルで試遊&購入して下さった方が早速、コミュニティサイトに寄稿して下さいました。

ポスター.jpg
そしてなんと!人気WEB漫画 『ごいたのヨシフ』 の作者、中瀬麻衣さんがポスターのイラストを手掛けて下さいました。

【特別割引】
今回「八人の魔術師」と「ロボめん」を一緒にご購入頂く場合、先着2015名の方には通常3700円のところを3200円にて提供致します。
posted by かぶけん at 06:32| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

名古屋ファミリーゲームフェスティバルに参加してきました。

チラシ.jpg
6月19日(日)、名古屋国際会議場 白鳥ホールにて開催された、名古屋ファミリーゲームフェスティバル2016(11:00〜18:00)に参加して来ました。

休憩.jpg
当初は列車で向かう予定で、開催3日前には既に荷物も全て発送済みだったのですが、それでも前日には再び増えたことで、結局車になり、間に一度休憩。

約3時間近くかけて名古屋に到着するも、目的地を勘違いしていたこともあり、会場入りしたのは開場時間の約1時間前。

会場内は広々としており、早速荷物の引き取りに向かうと、実行委員会のシゲさんこと内藤さんと山本さんにまずご挨拶、それから先日の春のゲームマーケットで、新作の「ロボめん」を委託を受けて下さった、をしだやのヲシダさんとの嬉しい再会。その他お知り合いの出展者の方々とも。

ブース-01.jpg
開場までまだ少し余裕があるとはいえ、急いで設営準備にかかるも、持参する寸法を誤ったテーブルクロスは試遊卓に使ったため、作品自体は販売スペースの机上に直置き。

見本展示.jpg
このイベントでは事前に申し込みしたサークルに付き1エリア(50×50cm)の展示スペースを頂けるのが良かったです。ただ、うっかり持参するのを忘れてしまったカードスタンドがないのが悔やまれます。
ひかりん.jpg
ちょうどこちらの展示中に、大門さいころ倶楽部のひかりんさんが私と同じTシャツを着ているのに気付き、近くにいた758ボードゲーム会のあおや・ゆいさんに記念写真を撮って頂きました。

我がブースのお隣はアスタリスク*ラボさん。
大阪鶴橋のディスカバリーゲームズさんのスタッフ、中瀬さんが連載中のごいた漫画、「ごいたのヨシフ」の主人公のモデルでいらっしゃる、ヨシフさん他4名によるサークルさんで、3Dプリンターで作られたコマ等を用いた作品、ごいたのサポートグッズ「ごい手」や「ねこごいた」も出展されていました。

少し離れたブースには、福井から参戦の人気サークル、ちゃがちゃがゲームズさんや遠く北海道から参戦の、モモンガジャンプでおなじみ、eggplantさん、そして、こちらで話題の「ボ育て本」を委託販売される、大人のボードゲーム部のまえだ部長の姿も。

そして11時になり、イベントがスタート。
すでに150名以上が並ばれていたらしく、広い会場内も体験卓等から埋まっていく感じでした。
しかし自分たちの周りではなかなかお客さんに寄ってもらえず、これはヤバいと感じていたら、ようやく30分ほどしてから、新作を中心にポツポツとお客さんが増えてきました。

8wiz-08.jpg
最新作の八人の魔術師。

ロボめん-03.jpg
新作のロボめん。

試遊卓が回り始めると途端に忙しくなり、しばらく休憩はあきらめることに。
自分の周りでは試遊卓は盛況に感じました。

午後2時くらいに大阪からの助っ人、かえでさんが到着。
何故かかえでさんが助っ人に入ってもらうと、先日のゲムマ神戸と同じように三忍者がポツポツ売れ出しますw

今回初めて作ったチラシや、展示スペースに展示させてもらった作品見本の効果もあったようで、この企画は良かったですね。

このあと、人気ボードゲーム系Podcast番組、今夜もアナログゲームナイトのパーソナリティー、太陽皇子さん司会の生配信インタビューにも出させて頂きました♪

ちゃがちゃが-01.jpg
人気のちゃがちゃがゲームズさん。

ちゃがちゃが-02.jpg
くだものあつめも大人気!

ちゃがちゃが-04.jpg
かたろーぐの作者、かわぐちさん。

ちゃがちゃが-05.jpg
欲しかった木製ダイスローラーは8分で完売だったとか。

ボ育て-01.jpg
eggplantさんのブースでは話題のボ育て本も大人気!

ドコドコ-01.jpg
大ヒット作「似顔絵探偵」でおなじみ、ジョイントゲームファクトリーさんの最新作「どこどこオッタ!」の試遊もできるようでした。

鍋野企画-01.jpg
名古屋の人気サークル、鍋野企画さん。

時間があれば色々回りたかったのですが、結局自分のブースの試遊と販売で手一杯。
成果的には最新作が持ち込みの1/5、新作、準新作が片手程度の売れ行き、中古は持ち込みの1/3にとどまりました。
ただ良い出会いがあり、特に最新作に関しては気に入って下さったも多く、中にはボードゲームのコミュニティサイトに寄稿して下った方もいて、とても嬉しかったです!

売れた数は確かに大事かもしれませんが、それが次にもつながるとは限りません。
それよりも遊んで頂いたレビューを一つ一つ大切に、また励みにしたいと思います。

このイベントに関してTwitterのTL上では色々な意見が出ていましたが、自分的には良い経験になりましたし、出展できて良かったです。

矢場とん-02.jpg
イベント終了後は、大雨に合いながらも名古屋市内で、かえでさんのリクエストの名古屋名物のみそカツを食べて帰りました。

【収穫もの】戦利品.jpg
我流功夫極めロード、双子の王子、インサイダーゲーム、Twinz、ボ育て本×3、くだものあつめデラックス

ロボめん-01.JPG
サイン.jpg
ロボめんのキャラクターデザインを手掛けて下さった、をしだやさんのイラスト入り直筆サイン

posted by かぶけん at 07:00| Comment(2) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

名古屋ファミリゲームフェスティバル2016に出展します。

チラシ.jpg

6月19日(日)に名古屋国際会議場 白鳥ホールにて開催される
名古屋ファミリーゲームフェスティバル2016(11:00〜18:00)に参加します。

ホール図.jpg
ゲームNOWAは【一般ブースB-02】になります。

【出展作品】
・三忍者(2-4人/10歳以上/15-30分)イベント価格:2000円
・ロボめん(2人/7歳以上/15分)イベント価格:2000円
・八人の魔術師(2人/10歳以上/20分)イベント価格:1700円
・中古ゲーム

三忍者
三忍者-01.JPG

三忍者-02.JPG

戦国の世に敵対する伊賀(徳川)と甲賀(豊臣)。この戦いを4つのモードで表現。
7枚の手札から3枚以上で手役(陣)を重ねてカードコンボ「超烈斬」!
相手に手裏剣ダメージを与え、陣営ポイントを「0」にすれば勝利という、30分程度で気軽に遊べるカードゲームです。

人気サイト、やおきんさんの「浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-」でもご紹介頂きました。

三忍者のマニュアルはこちら

ロボめん
ロボめん-01.JPG

カタログ.jpg

3×4マスの盤上でお互い3種類のロボットコマを、3すくみで対決させ、負けた方は決まった方向に1マス移動後に反転(オモテとウラがひっくり返える)。早く盤上の外へ相手のコマを2体押し出せば勝ちという、2人用のアブストラクトゲームです。

【手番に出来ること】
自分のコマ1体を、
1.前後左右の何れかの方向に1マス移動
2.コマのオモテとウラをひっくり返す。


【ロボットコマの3つの特性】
1.ハンパツ
隣接した相手のコマが自分のコマと同種類で同じ向きなら、お互いが反発して決まった方向に1マス移動後反転。

2.ヒキアイ
自分の同じ種類のコマ同士が隣接すると、同じ種類の相手のコマが同じ向きで隣接しても、相手のコマだけ1マス移動後反転。

3.逆境システム
残りのコマが2体になると、コマに内蔵された「逆境システム」が働き、斜め移動も可能になる。

プレイ動画




ロボめんのマニュアルはこちら


八人の魔術師
8wiz-01.JPG


ロゴ.jpg
この作品のタイトルロゴは、あのチューリップ・バブルやこっち屋さんとのコラボ作品「タロットストーリア」「ブタバベル」でおなじみ、ボードゲーム制作同人サークルぐうのねのことり寧子さんに手掛けて頂きました。

また、パッケージの背景素材はらむりて台本部さんからお借りしました。

「八人の魔術師」は1ラウンド=最大5ターン、1ゲーム=4ラウンドで構成されています。
お互い20枚の対称カードを山札にし、上から10枚引いて5枚を手札にし、残った5枚は戻して混ぜ直します。そして先攻から手持ちの1点×3個、2点×1個の魔石から1個を賭けます。

先攻から手札の1枚を出し、そのあと後攻も同様に出します。カードは魔術師8枚、モンスター12枚で、全てに0-4までの何れかの数学と効果(モンスターは初級ルールでは効果は使いません)があり、ターンに勝てば次のターンは先攻、引き分けなら前ターンの勝者が先攻になります。

最大5ターン中、3ターン勝てば自分+相手の賭けた魔石を得点化できますが、それ以外の勝利は自分のみ得点化。勝利ターン数が同じ場合、魔術師の使用枚数の少ない方が自分のみ得点化。それ以外はただの石コロ扱いです。

基本は数学比べですが、そこに魔術師の効果、更にはモンスターの効果を加えると、効果適用後の数字がそのカードの強さとなるため、色々絡み合って出す順番や引き時が重要になります。
プレイ時間は約20分(慣れるまでは25分くらい)で、非常にテンポが良く、また毎回違う展開になるので、リプレイ性のある作品となっています。

八人の魔術師のマニュアルはこちら

【特別割引】
今回「八人の魔術師」と「ロボめん」を一緒にご購入頂く場合、先着2015名の方には通常3700円のところを3200円にて提供致します。(2016.6.14 追記)
※手工業が間に合わず、申し訳ありません。

【お詫び】
取り置き予約につきましては、スタッフがいないため、当日販売のみとさせて頂きますことをご了承下さい。


posted by かぶけん at 09:04| Comment(0) | 八人の魔術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

ゲームマーケット2016春に委託出展します。

ギリギリになってしまいましたが、明日5/5(祝)に東京ビッグサイトにて開催される「ゲームマーケット2016春」に、【F31/をしだや】さんのブースで2012春以来となる、新作「ロボめん」を委託出展をさせて頂くことになりました。

GM価格2000円にて24セットのみ(手作業が追いつかず申し訳ありません)の出展となります。

ROBO-01.jpg
パッケージ

ROBO-04.jpg
ロボットコマとボード

この作品を簡単に説明します。

【ロボめん】
2人用/15分/7歳以上

3×4マスの盤上でお互い3種類のロボットコマを、3すくみで対決させ、負けた方は決まった方向に1マス移動後に反転(オモテとウラがひっくり返える)。早く盤上の外へ相手のコマを2体押し出せば勝ち!

■手番に出来ること
自分のコマ1体を、
1.前後左右の何れかの方向に1マス移動
2.コマのオモテとウラをひっくり返す。

■ロボットコマの3つの特性
1.ハンパツ
隣接した相手のコマが自分のコマと同種類で同じ向きなら、お互いが反発して決まった方向に1マス移動後反転。

2.ヒキアイ
自分の同じ種類のロボットコマ同士が隣接すると、同じ種類の相手のロボットコマが同じ向きで隣接しても、相手のコマだけ1マス移動後反転。

3.逆境システム
残りのコマが2体になると、ロボットコマに内蔵された「逆境システム」が働き、斜め移動も可能になる。

■コンポーネント
プレイアビリティを重視した木駒とマウスパッド製のボードとの相性もバッチリ!

■プレイ感
・プレイ時間が短いので、あともう1回と言いたくなります。
・簡単ルールもあるので、小学生でも楽しめます。
・ゲーム中、ひっくり返すたびに奏でるコマの響きが心地良いですよ。
・数手先が読めるようになると更に楽しくなります。

■プレイ動画



■デザイナーズノート的なもの
あるアブストラクト好きの方(かに将棋がお好きだとか)からある日、
「かぶけんさんは、将棋やチェスが面白いのは、盤面のマス数の半分=コマ数だからというのを知っていて、かに将棋を作ったのですか?」と聞かれ、「いや、全く知りませんでした」「かに将棋は5×5の盤面に10枚のコマですが」と返したところ、
「あの特徴的な川マスを含まなければ、盤面のマス数の半分=コマ数になりますよ」と納得させられましたw

これはあの草場純さんがまとめられた考察記事です。

かに将棋の場合はたまたまだったのですが、面白くなるかならないかはあまり深く考えず、ロボめんはこれを意識して作りました。

ロボめんのキャラクターデザインとパッケージイラストと手掛けて下さった、サークルをしだやのヲシダさんとは2013年のゲムマ秋でブースが御隣だったことから、それ以来良くして頂いています。
あのシュールなイラストと切れのあるゲームデザインが好きで、いつかヲシダさんの描かれたイラストで作品を作りたいと願っていたところ、システムと並行ですぐにロボットというテーマが決まり、真っ先にヲシダさんの絵が浮かび、迷わず打診したところ、すぐにOKして頂けました。

ゲームシステムはデビュー作の「OSU」を継承しながらも、いつもお世話になっているディスカバリーゲームズさんでテストプレイをさせて頂いている際、ある方から「ロボットがテーマなら金属だし、磁石のようにS極とN極を利用しても面白いかも」という意見を頂き、そこから「ハンパツ」「ヒキアイ」、更には1枚失うと不利になるところから、「逆境システム」という、残り2枚になると斜め移動可能という発想に発展。そこからテストプレイを繰り返し、現在の初期配置(先手の並びは自由→後手は先手と対照)に決まりました。

コンポーネントに関しては、当初は「紙製のタイルコマ」「ラミネートした紙製の手作り折りたたみボード」「ジップロック袋」という、安価での出展にするつもりでした。

木コマ-02.jpg

木コマ-03.jpg
しかし、OSUやかに将棋と違い、プレイ中、頻繁にコマを反転する(ひっくり返す)ため、厚みが欲しくて、木製の直方体を紙やすりで面取りすることに。

木コマ-01.jpg
木製コマに貼るシールもコストを抑えるために、1枚1枚カッティングして角丸化工。

マウスパッド.jpg

木コマ.jpg
化粧箱はコンポーネントが少ないものの、プレイ中にコマを移動させる際、滑らせてもボードに引っ掛けないように、ボードはA5サイズでしかもマウスパッド製。
なので木製コマとの相性もばっちりなのと、木製コマがガサガサ移動しないように仕切り付きです。

長くなりましたが、明日のゲームマーケット2016春は【F31 をしだや】さんブースにお立ち寄り頂き、をしだやさんの最新作「トリトレ・レース」人気作「海賊と金塊」、そしてついでにゲームNOWAの最新作「ロボめん」も手に取って頂けると嬉しいです。

posted by かぶけん at 17:52| Comment(0) | ゲームマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

ゲームマーケット2016神戸に参加して来ました。

お久しぶりです。
かぶけんです。
気がつけば随分時間が経ってしまい、今回も今頃感満載ですが…

【前日】
この日は前日がいつも通りの完徹作業でそのまま朝を迎え、お昼までノンストップ。
午後から大阪鶴橋のディスカバリーゲームズさんの常連さんたち5名で、大阪長堀橋のボードゲーム&フィギュアショップ、DDTさんの常連さんである、神大生のゆうさん、オトさんら数名で企画された『謎解き演習』という謎解きイベントに参加して来ました。

謎解きイベントに参加するのは初めてだったのですが、事前に頂いたポストカード型の問題集がとても楽しめたので、不安よりも興味が先行し、現地会場でみんなと落ち合うことに。
生まれつき地図を読むのが苦手なため、タクシーまで使って開始ギリギリに到着すると、会場となる会議室内は超満員!

謎解き-01.jpg
6名が1チームになり、「実地調査」「中間レポート」「期末レポート」という、三段階のステップの中で、部屋の壁一面に貼られたヒントを元に、用意された幾多の難問を解いていくのですが、これがかなり難しく、手分けして各自、解ける問題から片付けていくことに。

最初の講師さんからの講義説明等を除くと、問題を解く時間は約1時間半。
最終結果はうっかり提出し忘れたレポート等があり、チームは最下位orz

結果は残念でしたが、イベント内容はとても良く出来ていたし、想像以上に楽しめたのでまた機会があれば参加したいと思っています。

イベント終了後、私以外はガルパンを観に、私は神戸三宮のボードゲームショップ、トリックプレイさんにて開催中の「ゲムマ神戸前日ゲーム会」に。

到着した時点で、完徹+風邪の症状での疲労は最高潮。お店の近くで午後7時から行なわれる、伝説のボードゲーム系Podcast番組ボードゲーム研究室!の第一研究員、カワサキさん主催の「ゲームマーケット神戸前日交流会」の参加も危ぶまれる状態。

お店の中はボードゲームを遊んでいる方々で超満員!ちょうどドアの前に俺専用ゲームズのぼーずさんやたけのこ攻防のDEEさんらがレーザーカッター談義で盛り上がっているところで、興味があったので話を聞いているうちに、何故か体調がみるみる良くなっていきます。

ゲームNOWA.jpg
おそらくDEEさんからこれを頂いたお陰かとw

その後、余りにも身体が冷えて来たので、店内に入ると、ボドゲアクセサリーデザイナーのCygnusさんがどなたかと盛り上がっておられ、中々話し掛けられずにいると、

雨宮さん-01.jpg後ろから、先ほどまで大人のボードゲームの前田部長と一緒だったという、ムブガの作者、雨宮さんが話し掛けて下さって、その時はめられていたカッコイイ腕時計を見せて頂いたり、声優の古川登志夫さん似の声で気付いた、人気ボードゲーム系Podcastモテゲー男子更衣室のノザクニさんらとしばし雑談TIME。

SW-01.jpg
周りではDEEさんの「STEAMWARS」同時2卓稼動とか凄い光景も☆彡

おのさん.jpg
その後、Table Games in the Worldの管理人、小野卓也さんにもお会いすることが出来たり、

ロボめん-01.jpg
「もんじろう」シリーズ、「ストリームス」「テンガロン」「競ゲー ブブカ」等でおなじみ、サイ企画の居椿さんも既に到着されていて、現在完成間近の新作「ロボめん」のテストプレイもして頂きました。

実はこのテストプレイ中、既に交流会が始まっていたようで、キリの良いところで終了し、慌てて交流会のお店へ。

到着すると既にほぼ全員が立食中。
入り口付近に道化師さんがいたので、とりあえず上着と鞄の置き場は確保。幹事のカワサキさんに参加費を支払い、適当にテーブルへ。

参加メンバーが豪華過ぎてビビりながらも、沢山の方々とお話させて頂きました。
特にOKAZU brandのOKAZUさんとにゃもさんにはお二人の出会いやゲーム製作秘話等、初めてお会い出来た、東中野のボードゲーム「プレイ&イベントスポット」ディアシュピールのかんちょーさんとはレアゲーや今の売れ筋ゲーのお話等。

三バカ.jpg
沖縄のアナログゲームショップサイコロ堂の店長さんとは作品を送るだけで、プレイレビューを書いて頂けるという、作り手にはとても有り難い「ノンオブラートレビュー」についてお話出来たことが収穫でした。なぜか隣にはほらボド!のmomiさんもw

4バカ.jpg
閉会間際には、ボードゲーム研究室!のカワサキさん、ペガの屋根裏部屋のペガさん、豚の鳴き声の酢豚さんとアタックさんを偶然激写♪

交流会はあっと言う間にお開きとなり、明日の本番に備えて帰りはSaashi & Saashiのお二人と翻訳家のサイゴウさんらと三宮駅付近で解散。

【当日】
前日の帰宅後、風邪気味だったので少しでも早く寝るつもりが、結局いつも通り遅くなり、また睡眠不足のまま、神戸へ向かうことに。

会場-01.jpg
初めてのポートライナーの乗り継ぎは無事上手くいくも、最寄駅に着いてから少し迷ってしまい、あたふたしながら待ち合わせ場所に到着。
今回ブースのお手伝いをして下さる、とりさんと初対面。
かなりお若い女性で、ハツラツとして感じの良い方でした。
その後、とりさんと同じくブースを手伝って下さる、先日の「第2回DDT★エルタイルズ大会」のチャンピオン、あきたけさんも。

カードトレイ.jpg会場を待つ間、出展者のCygnusさんからビタミン補給物資を頂いたり、特別に見せて頂いた、自身のブースで購入された方に抽選で当たる「カードトレイ」がカッコ良かったです。

また近くにはEJIN研究所、「ヌシも悪よのぅ」の作者、江神さんの御姿も。

そしてようやく出展者だけ入場できる時間に。

会場-02.jpg
初めての会場ですがなかなの広さです。

ブース-02.jpg
毎回余裕がないブース設営もとりさんのおかげでスムーズに進み、良い感じに出来上がりました。

ひとじゃらし&するめデイズ.jpg
でもお隣の、ひとじゃらしするめデイズさんのブースには敵いません。

ブース-01.jpg
しばらくしてゲームNOWA作品を心から応援して下さっている中村さんが到着。
ディスカバリーゲームズさんにて定期的に「ディスカバリーゲームズ同人ゲームフェステイバル」、略して「DDF」という、その日終日中、同人ゲーム卓を立てるイベントも開催されている中村さんから忍者グッズの差し入れを頂きました。
それを装着し終えたところで豚小屋のアタックさんと記念写真♪

そしていよいよ開会!

スタート時からブースに3人いることなど今までなかったので、今回は心強いメンバーのおかげでいつも以上に楽しいイベントになりそうな気が。

出足はスローペースではありましたが、今回で最後の出展となる、初出展が約3年半前のエルタイルズが、昨年秋に完売の新作、三忍者の再販分を上回るペースで購入して頂けるのは嬉しかったですね〜

でんでんさん.jpg
それでも徐々にではありますが、三忍者も嫁いでくれました。

三忍者.jpg
やはりこれが良かったのでしょうかw(写真は前田部長から拝借)

試遊卓の稼働予定時間まで少しあったので、先に1回目の予約分の引き取りに行かせてもらえることに。

ぐうのね-01.jpg
Saashi & Saashiさんと同期の、こちらも見事なアートワークで作品のクオリテイの高さに定評がある、ぐうのねさんのタロットストーリア画集を購入。

こっち屋-01.jpg
こっち屋さんではぐうのねさんとのコラボ第2弾「ブタバベル」を。

高天原-01.jpg

高天原-02.jpg
高天原さんでは、産休後、復期されたぺけさんの最新作「ちんあなごっこ」。
事前にあるイベントで遊ばせて頂きました。新作評価アンケート結果が楽しみな作品です。

JGF-01.jpg
ジョイントゲームズファクトリーさんでは、新作は1人用「魂落っち!」。こちらも同イベントで遊びましたが、面白かったので2個購入させて頂きました。

あおきのこGAMES.jpg
あおきのこGAMESさんでは、周りでも非常に評価の高い、あの榎コロの拡張を。

麻雀拡張カード.jpg麻雀拡張ゲームさんでは、残念ながら予約受付がなかったので間に合わず。

ちゃがちゃがゲームズ.jpg
差し入れを届けにちゃがちゃがゲームズさんへ。かたろーぐのかわぐちさんとくだものあつめのjun1sさん。この時点でダンゴーダンジョン!のえのきさんは未到着とのこと。

ちむさん-01.jpg
いつもお世話になりっ放しの、DDTちむ店長。本気モードのちむさん、とても素敵でした♪

LT-01.jpg
ブースに戻るとあきたけさんがエルタイルズの試遊卓を回して頂いていて、ちょうど終了間際のところ。

そしてついに、三忍者のテストでお世話になった、エルタイルズと三忍者を唯一インスト出来る貴重な人材、かえでさん(偶然にもくの一っぽいw)も到着。

三忍者-01.jpg
ホント頼りになります。

また今回、涙出来るくらい嬉しかったのは、会場内に響き渡る元気な声で売り子をして下さった、とりさんのお客さんとの対応でした。ご縁があれば是非またお願いしたいです。北の雄、Cygnusさんに引き抜かれる前にw

残りの予約分の受け取りで驚いたのは、「8bitトリック」の作者が、あの長谷川登鯉さんで、「Nokosu Dice」の作者が、あの「卓上遊戯の快楽」のパーソナリティのお一人、yskさんだったこと。
しかも偶然にもどちらもトリテ。 前日に交流会でお会いしていたのにまんまとw

COLON ARCのたなやんさんのブースでワーカープレスメントハンドブックを引き取りに行くと、背後から美味しそうないい匂いがプンプン。
ブースのお手伝いをされていた、くまごろさんにフードワゴンの存在を聞き、お昼を食べていなかったのでそちらに向かうことに。

ワゴン.jpg
どこもまだ人が並んでいたので比較的空いていたこちらでトルティーヤを注文。

食べ終わってブースに戻ろうとしたとき、身に覚えのある一匹の犬とバッタリ。
ボ育てのさと(いぬ)さんで、トリテ好き」のさとさんもあのお二人にまんまとしてやられたようでしたw

たなごころ.jpg
ブースに戻る途中で凄いものを発見!今のところ関西でしかお目にかかれない、たなごころさんの新作「たたらばと森」(試遊のみ)作者のお一人、かえるさんに製作話をお聞きしましたが、さすがに量産は大変そうです。でもこれを間近で見るといつか製品化を!と願いたくなります。

たけのこ攻防-01.jpg
そしてブースに戻る直前にDEEさんのブースで最後の引き取り。

758ボードゲーム会.jpg最新作の「Two-Wei」も好調の758ボードゲーム会さんの広報担当、いぬあきさん。御隣のDEEさんが不在だったのでいぬあきさんからドミノ牌を受け取ることに。


たけのこ攻防-02.jpg
レーザーカッターで作られた見事な出来栄えのドミノ牌。

たけのこ攻防-03.jpg
人気作のSTEAMWARS。

LT-02.jpg
ブースに戻るとエルタイルズの試遊卓に入り初めての方2名と対戦。楽しんで頂けました。

そして初の神戸でのゲームマーケットも閉会時間となり、ブースのお片付けタイムに。
ブースに遊びに来て下さった方、作品を試遊して下さった方、購入して下さった方、ありがとうございました。今回ブースを手伝って下さった、中村さん、あきたけさん、とりさん、かえでさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

【戦利品その1】
戦利品-01.jpg

【戦利品その2】
戦利品-02.jpg

【戦利品その3】
戦利品-03.jpg

【戦利品その4】
戦利品-04.jpg

【お土産その1】
お土産-01.jpg

【お土産その2】
お土産-02.jpg

今回、良いご縁があり、急遽ブースを手伝って下さった4名の助っ人さんたちとの別れを惜しみつつ、あおきのこGAMESさん主催の「ゲムマ神戸打ち上げに。

打ち上げのお店には既に多くの方々が各テーブルに分かれて席に着かれており、以前ボー研カワサキのゲーム会「ボードゲーム研究会」でご一緒させて頂いた、さかたさんや地元神戸のもぐさんと同席に。
さかさんとは2年くらいお会いしていなかったので、久しぶりにお話できて楽しかったです。まるで「ボードゲームダンジョン」と呼びたくくらい、多くのボドゲを保管されているご自宅の様子を収めた動画も拝見させて頂きましたw

ゲームを購入する際に参考にさせてしている「ふうかのボードゲーム日記」のふうかさんも来られており、私も購入させて頂いた、ふうかさんの著書「ボードゲームって本当におもしろいの? 〜ボードゲーム クロスレビュー〜 」を持参された方が、ふうかさんにサインを書いて頂いている方が何名かおられました。
持参すれば良かったと後悔。

交流会-01.jpg

交流会-02.jpg
前日会同様、参加者が豪華で食べ物も最高に美味しく頂きました。

このような場を作って下さった、あおきのこさんここるさんご夫妻、ありがとうございました。


【お詫び】
このゲームマーケット神戸が終了後、Twitter上で、今まで家族に迷惑を掛けながらも、続けてきてしまったゲーム製作をやめると公言致しましたが、その後想像もしていなかったくらい、多くの方から温かいリプライを頂きました。
そしてこのまま引退するか、時間を空けるためにボードゲームのことを一旦リセットしようか、しばらく考えていたのですが、その後何度か家族内で話し合った結果、今まで通りのペースという訳にはいきませんが、ゲーム製作を続けていけることになりました。
尚、ゲームマーケット2016春は辞退しております。

これからもゲームNOWAをよろしくお願い致します。
posted by かぶけん at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

大盛況!第2回★DDT エルタイルズ大会

エルタイルズ大会開催当日は、数日前から寒波の影響で雪になる心配もあったものの、何とか開催出来そうな様子だったので、朝からゲームマーケット神戸用に準備中のタイルの予備を使い、ソリティアセットも作成完了。

タイルの山.jpg
時間のあるときに抜いていたタイル群。

ソリティアセット.jpg
大会参加者で欲しい人に配る予定。

看板.jpg
設営準備のため、開始1時間前の予定が10分遅れで到着。

店前.jpg
ドキドキ!

到着するとちょうど店長のちむさんと前回も参加して下さったあきたけさんが、世界の七不思議:デュエルの対戦中。

飾り付け.jpg
お店の窓際にはなんと嬉しい飾り付け。

トイレ.jpg
トイレにもw

ちむさん、ありがとう!!

参加者状況によると予定していた16名には達しなかったものの、店長のちむさんとスタッフ要員の職場の新人くんが加わり、総勢12名で開催できることに。

エルタイルズ集合.jpg
有志の方からもお借りして揃えました。

インスト中.jpg
エルタイルズをプレイするのが初めてという方が数名いらっしゃったので、前回同様マグネット版を使ってゲームのインスト&大会形式等の説明。

前回は15名による【3人戦×3回戦】という構成でしたが、今回は12名(2回戦から2名が交替となるため、実質上は14名)による【2人戦×4回戦】。
果たしてどんな熱い戦いが繰り広げられるのでしょうか!
そして優勝の栄冠は誰の手に!

第1回戦-01.jpg
12名の内訳は前回参加者が3名、それ以外に経験者6名、初心者4名(2回戦から1名交替)。12名中4名(2回戦から1名交替)が女性でした。

第1回戦-03.jpg
店長ちむさん(ヒント:セクシーセーター)と新人くん(ヒント:ボーダー柄セーター)も参戦!

■第1回戦

【A卓】番茶(赤)VSかえで(青)
終了-02.jpg
今回が初プレイの番茶さん。お笑い界に詳しいあきたけさんから「あの人、芸人さんですよ!」と紹介されてびっくりwそういえば始終にこやかな表情をされていていました。
6点エリア(10ブロック)、最大+最多エリアボーナスまで獲得するものの、かえでさんのガンガン攻めるスタイルに屈し敗北。

【B卓】すねあーず(赤)VSいかまい(青)
終了-01.jpg
いろんなイベントでお見かけしているのにお名前が覚えられなかった、すねあーずさん。一方現在中学2年生のいかまいさんは、たるさんさんのお嬢さんで、なんとも微笑ましい父娘での参加です。

この対戦が凄かった!いかまいさんはお父様と良く遊んで下さっているらしく、少ないエリア数で高得点を目指す打ち方。すねあーずさんは出来るだけエリア数を増やす打ち方で、お互い通常のエリア点は同点。シンボルボーナス4つも痛み分け。しかもバーストエリアの分で最大ボーナスはいかまいさん。最多ボーナスはすねあーずさんが獲得し、なんと1回戦目からタイブレーク!

ルール上、1番最初に判定の対象になるのがエリア数で、少ない方が勝者となるため、すねあーずさんの8エリアに対し、いかまいさんは6エリア。
結果、軍配はいかまいさんに。

【C卓】紅(黄)VSごう(赤)
終了-03.jpg
DDTでは特にトリテを教えてもらって良くして頂いている紅さんと、今回初プレイとなるごうさん。6点エリアも取ったりと、通常のエリア点では紅さんを大きく上回るものの、シンボルボーナスを逃し、最大・最多ボーナスを紅さんに取られたため、大きく差が開く結果に。
実はシンボルボーナスは3つ以上隣接(実際は4つ以上)で達成だと思い込んでいたというごうさん。
次は勘違いしないでくださいねw

【D卓】K(黄)VSちむ(赤)
計算中-01.jpg
前回に続いてエントリーして下さったKさん。望んでいた参加人数に達しなかったため、店長のちむさんに入って頂くことに。初版時代からこの作品を応援して下さっているちむさんが1枚上手だったようで、Kさんがバーストさせたエリアで最大ボーナスを獲得し、シンボルボーナス×2と6点エリアで勝利を決定付けたちむさん。

【E卓】神代(黄)VS新人(青)
計算中-02.jpg
以前、お店でエルタイルズを猛PUSHしてお越しになったお客様に勧めて下さった神代さん。そしてちむさん同様、大会スタッフとしてではなく、プレイヤーとして入ってくれた同じ職場の新人くん。小刻みにエリア数を増やしていく神代さんに対し、上手く立ち回って3点エリアを量産。
最終的に最大・最多ボーナスを神代さんに与えたものの、効率良くまとめた新人くんに軍配。

【F卓】(赤)あきたけVSたるさん(黄)
対戦中-06.jpg
最終写真撮り忘れorz
前回大会経験者同士の一戦。
あきたけさんは先程の新人くん同様、3点エリアを量産して6つまで伸ばし、1点エリアと併せて計8エリア。一方、第1戦をタイブレークの末、勝ち取ったお嬢さんのいかまいさんに続きたい、たるさんさんも1点エリアと3点エリアを同数伸ばし、こちらも8エリアとお互い高得点が期待できそうな展開。しかしシングルボーナスを4つまで完成させたあきたけさんが、最後に最大・最多ボーナスをものにした、たるさんさんの追撃を退け、最終的には大量得点で勝利!

第1回戦の対戦結果表

■第2回戦

【A卓】あきたけ(青)VS紅(赤)
終了-08.jpg
初戦突破した者同士の1戦は力が入りました!1点エリアは4つずつ、6点エリアは1つずつ。3点エリアのみ紅さんが上回り、最多ボーナスまで獲得するも、シンボルボーナスでその差を帳消しにし、最大ボーナスを獲得したあきたけさんがエリア数の少なさで接戦をものに。

【B卓】かすみん(赤)VSいとう(青)
終了-09.jpg
ちょうど1回戦終了直後に来店された、かすみんさんといとうさん。経験者かすみんさんの要望で、ちむさん→かすみんさん、新人くん→いとうさん、という形でバトンタッチ!いとうさんにインストした後、さっそく対戦。初プレイながら6点エリア×2はお見事!しかしかすみんさんのシングルボーナスの獲得数による9点差が痛かったいとうさんの敗北。

【C卓】いかまい(黄)VSかえで(赤)
終了-06.jpg
こちらも初戦突破同士の1戦。お互いほぼノーガードを思わせる得点の取り合いで、いかまいさんのシンボルボーナス×5は大会最多。一方、3点エリア×5で応戦するかえでさん。最大・最多ボーナスはそれぞれ分け合い、最後はなんと1点差でかえださんの勝利。善戦空しく1敗を屈したいかまいさん。

【D卓】すねあーず(黄)VS番茶(赤)
終了-07.jpg
エリア数を増やしてボーナスまで確定させたすねあーずさんに対し、少ないエリアでシンボルボーナスを絡ませた番茶さん。バーストさせられたおかげで最大ボーナスを獲得して同点に追いつき、エリア数の少なさで嬉しい初勝利。惜しくも勝利を逃したすねあーずさん。
※後日提出して頂いたスコアシートと最終形の写真を照らし合わせた結果、得点計算に誤りがあり順位こそ変わるものの、幸い大会を左右するものではなかったので訂正。

【E卓】たるさんVSごう
※写真撮り忘れorz
プレイ経験の差がで出た1戦。2回バーストさせられ、エリア数が大きく下回ってしまったごうさん。1回戦で落とした星を取り返したたるさんさん。

【F卓】K VS神代
※最終形撮影が間に合わずorz
1点エリア(4〜6ブロック)を量産して最多ボーナス、12ブロック(1点)で最大ボーナス、更に6点エリアの獲得で勝利し、1種1敗の五分に戻した神代さん。Kさんは痛い連敗。

第2回戦の対戦結果表

第2回戦の終了時点で2勝はあきたけさん、かすみんさん(ちむさん)、かえでさんの3名。
このあとの後半戦でぶつかり合う3名の結末はいかに!

■第3回戦

3回戦-01.jpg

【A卓】あきたけ(青)VSかえで(赤)
両者同士のハイスコアの伸ばし合いは、あきたけさんが第2回戦C卓のいかまいさんと同じくシンボルボーナス×5が効いて、かえでさんとの差を広げることに。これであきたけさんは決勝進出!

【B卓】たるさん(青)VSかすみん(赤)
前回の3人戦では全3戦して7/15位ながら、総得点では第2位のたるさんさん。そんなたるさんさん相手に最大・最多ボーナスをかっさらい、大差で勝利。ちむさんからのバトンを受けたかすみんさんも決勝進出!

【C卓】番茶(青)VSいとう(赤)
第2回戦に続いてせっかくの20点越えも、番茶さんに6点エリアを3つも与えてしまったいとうさん。同じく第2回戦でタイブレークをものにし、嬉しい2連勝の番茶さん。

【D卓】K(青)VSごう(赤)
まずは1勝をあげたい連敗同士の1戦。残念ながらこの3回戦は最終形の写真をほとんど残せず、この1戦の結果から、一体何が起こったのかとても興味深いwおそらく分断されまくったのではと予想。詳しくは下記の対戦結果表で。

【E卓】紅(青)VSいかまい(黄)
終了-11.jpg
今大会屈指の名勝負!1点エリアは1つずつ。シンボルボーナスも2つずつ。全く無駄のない攻め方で3点エリアを増やす紅さんに対し、3点エリアの数は紅さんに劣るものの、6点エリアの獲得で1点リードのいかまいさん。しかし最大エリアはお互い分けるも、エリア数が1つ勝った紅さんに最多エリアボーナスが渡り、これが決め手に。もしタイブレークならいかまいさんの勝利でした。ベストを尽くしたお二人に拍手‼‼

【F卓】神代(青)VSすねあーず(赤)
終了-12.jpg
本来の神代さんを垣間見た1戦。前2戦ともタイブレーク負けという悲運のダルタニアン(大の三銃士好きw)すねあーずさん。今回も神代さんの最大・最多ボーナスの前に沈み、2点差ながら悔しい3連敗。

第3回戦の対戦結果表

いよいよ最終の第4回戦!
決勝戦はお互い全勝のあきたけさんVSかすみんさん(第1回戦のみちむさん)。
3位争いは2勝1敗のかえでさん、番茶さん、紅さん、神代さんの4名。

■第4回戦

【B卓】ごう(青)VSいとう(赤)
4回戦B卓.jpg
未だ初勝利が遠いもの同士の対戦(いとうさんは第2回戦から参戦)。決勝卓のお隣だったため、新人くんの収録映像にお二人の会話が。

ごうさん「今日一番面白かった!」「1点差で勝った!」
いとうさん「1点がorz」「歴史に残すときはこっちでいいんじゃないですか」

たしかにお二人はこの試合が1番ベストといえるほど白熱した戦いでした(始終賑やかでしたがw)。
ごうさんの1点エリア×1、3点エリア×3に足し、いとうさんは3点エリア×2、6点エリア×1。バースト、シンボルボーナスは全く同数。最多ボーナスはお互い取るも、今大会最多ブロック数19という嬉しいやら悲しいやらwで最大エリアも取ったごうさんが1点差で勝利!

スコア.jpg
といきたいところですが、お二人のスコアシートへの記入に大きな計算ミスがあり、後日計算し直した結果、
なんと!いとうさんが8点差を付けての勝利でしたw
なかでも、1つのエリア内で複数のシンボルボーナスは獲得できないというルールをお忘れだったようで、それ以外にも数カ所計算間違いが。ごうさん、初勝利ならず。

【C卓】すねあーず(黄)VSかえで(赤)
4回戦C卓.jpg
惜しい試合が続くすねあーずさん。対するかえでさんはここを勝てば3勝目。ほとんど互角の勝負だったのですが、シンボルボーナス1つ差でかえでさんの勝利。
最後も神は味方せず。残念ながらすねあーずさんの初勝利は次回以降にお預け。

【D卓】番茶(黄)VSいかまい(赤)
4回戦D卓.jpg
こちらも獲得したエリア数、ボーナス等の構成は違えどほぼ互角。3点エリア1を1つ分上回ったいかまいさんの勝利。仲良くどちらも2勝2敗で終了。

【E卓】K(黄)VSたるさん(青)
4回戦E卓.jpg
3点と6点エリアの数で上回ったたるさんさん。バーストによって最大ボーナスを得たKさんを寄せつけず。
たるさんさんは嬉しい2勝目!

【F卓】神代(赤)VS紅(黄)
4回戦F卓.jpg
勝てば3位の可能性もある両者の戦い。エリア数を次々と増やす戦法の神代さん。しかし、一貫して効率よくエリアの大きさを広げて点数を伸ばした紅さんは3勝目。3位確定となるか!

【A卓/決勝卓】かすみん(青)VSあきたけ(赤)



決勝戦-02.jpg
この決勝卓だけは別次元の戦いで、新人くんの実況通り、お互いシンボルボーナスを絶対に取らせない打ち方を意識した結果、最後まで気を抜けない展開で、まさにがっぷり四つ!
あきたけさんが最後の1手を打つ瞬間は本当にドキドキです。
第2回戦から参戦して下さったかすみんさんの勢いは目を見張るものがあり、大会を大いに盛り上げて下さいました。
結果は18対18でタイブレーク時の判定により、かすみんさんの8エリアに対し、2つ少ない6エリアでまとめたあきたけさんの勝利!

栄えある「第2回★DDT エルタイルズ大会」の優勝者は、あきたけさんに決まりました。

第4回戦の対戦結果表

他の卓は既に試合を終えていたので、急いで集計作業に移り、約5分後に結果発表。

順位表

まず、参加者全員の順位を読み上げたあと、店長のちむさんよりお店で用意して下さった賞品の中から1位のあきたけさんが選んだものは。

あきたけさん.jpg
キャット&チョコレートの秋口ぎぐる先生×MoBGAMES宮野さんの「ゾンビタワー3D」でした。
そして残った賞品に私が用意した賞品を加え、それらを賭けてあきたけさんが20面ダイスを振り、半数以上の方が何らかの賞品をGET!

最後に急遽用意したエルタイルズのソリティアキットも欲しい方の手に渡り一安心。

【総評】
エルタイルズは3人戦でのバランスが良い、という評価を周りから頂いている中で、2人戦の大会を開催するというのは一つの冒険でした。
ただ元々は2人専用としてテストを重ねて来ましたので、2人の方が人数の調整も容易で大会向きではあったと思います。
実はこのゲームは後手が最後に得点を決定できるため、後手がかなり有利ではという意見も多々あり、今大会では、先手に何らかのハンデを付けるべきか、随分悩みました。
しかし、参加者の1/4が初心者であったこと、ハンデを付けることにした場合、データ不足で最適なハンデポイントを算出できないため、ハンデ無しにしました。

数試合の再判定前は全24戦中、先手12勝、後手12勝と全く差がなく、再判定後、先手14勝、後手10勝という結果になりました。、もう少しデータを取ってから、果たしてハンデを付けるべきか否かを決めたいと思います。

また今大会は専用のスコアシートを各卓毎に配り、勝敗判定は各プレイヤーに委ねたため、提出されたスコアシートに得点計算を誤った結果が記入されていたケースも幾つかあり、後日、改めて再計算後順位変更を行いました。
幸い優勝を左右することにはなりませんでしたが、今後は間違いのない計算方法の説明をしっかり行い、改めてジャッジ等の必要性も感じました。

例えば、正確な最終形を残すためには、試合終了後、得点計算前に写真を取り、次の対戦の組み合わせが決定するまでに、提出されたスコアシートと照らし合わせ、間違いが無いかジャッジ役が再確認する、というようなことです。ただ余りこればかりに時間を取られてしまうのも問題ですが。

今大会では前回の3人戦よりも真剣味の溢れる様子が伺えました。
初心者の方は最初は得点するのにかなり苦労されていたようでしたが、後半戦では上達されていたのが良く分かりました。
タイブレークも数試合あり、特に決勝戦でのタイブレークは熱戦でした。

大会終了後は各々お店にあるプレイスペース用のゲームを遊ばれており、特にたるさんさん&いかまいさん父娘がテーブルいっぱいにコンポーネントを広げ、アルルの丘を楽しんでおられたのが印象的というか、これもボ育てというのでしょうかw 

長々とお付き合い頂きありがとうございます。
上記の反省点も踏まえて、今大会で経験したことは、次回大会への糧とさせて頂きます。

開催において御協力下さったDDT様、ちむ店長様、悪天候の中、ご参加頂いた皆様、スタッフとして頑張ってくれた職場の新人くん。

ありがとうございました。

あとここからは宣伝になります。

2/21(日)に神戸国際展示場(3号館)で開催される、ゲームマーケット2016神戸では、先日のゲームマーケット2016秋の新作「三忍者」以外に、少部数ではありますが「エルタイルズ基本セット」&「拡張セット」を【E40】ゲームNOWAブースにて出展します。
もし良ければお立ち寄り下さい。
お待ちしております。

posted by かぶけん at 22:10| Comment(0) | エルタイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

「第2回★DDT エルタイルズ大会」について。

先月あたりからTwitter等では呟いていたのですが、告知が遅くなり申し訳ありません。
昨年6月下旬に開催しました『第1回★DDT エルタイルズ大会』から早7ヶ月。
今回も大阪長堀橋のボードゲーム&フィギュアショップ『DDT』様の協力を得て、第2回大会の開催が決定しております。

2回戦01.jpg

【第2回★DDT エルタイルズ大会】
開催日時:1月23日(土)午後2時〜5時まで
開催場所:大阪長堀橋のボードゲーム&フィギュアショップDDT(地下鉄長堀橋駅からの道順
参加費:プレイルーム料金のみ
定員:16名
大会形式:スイスドロー方式による2人戦×4回戦(大会の詳細についてはこちら)。
※豪華賞品あり!
※ゲームのルール説明も行ないますので初心者の方も大歓迎です。
安心してご参加ください。

只今参加者募集中!!

ちむさん-01.jpg
大会参加を希望される方は、店長のちむさんまでご連絡ください。

前回の様子はこちら
エルタイルズの遊び方、ルール等につきましてはこちらをご覧ください。

posted by かぶけん at 19:20| Comment(0) | エルタイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回名古屋ボードゲームフリーマーケットに参加して来ました!

明けましておめでとうございます!
本年もゲームNOWAをよろしくお願いします。
ということで昨年に引き続き、今年1発目のイベント、「第3回名古屋ボードゲームフリーマーケット」に参加してきました。

朝6時半くらいに出発し、途中でサザンクロスゲームズのN2さんとばったり遭遇。
同じ特急でしかも座席がほぼお隣でしたw

私の方は既に荷物は発送済みでしたが、N2さんは階段も登れるという、優れもののキャリーにそれなりの大きさの段ボールが2箱。
中身は大ヒット中のエイジオブクラフトシリーズとエイジオブサモナーだとか。

2時間ちょいで名古屋に到着。
ここから地下でそこそこ迷ってしまい、とりあえず地上へ出て、鍋野企画の鍋野さんのブログで会場となる、ウインクあいちの位置確認。
掲載されていた写真が参考になり、すぐに到着。

ウインクあいち.jpg
到着すると、液晶ビジョンにこの日のイベントの一覧が公開されており、ちょうどCOLON ARCのたなやんさんも眺められているところで、このイベントの主催者、人気ボードゲーム系Podcast番組「フランとアバンと仲間たち」のパーソナリティ、アバンさんこと牛谷さんから、もうすぐブース設営が可能になるとの一方が入り、しばらくすると入場できるようになりました。

会場内は昨年とは違い、出展サークル数が増えたことでフリースペースがなくなったものの、その分通路が広くなったのは良かったです。

到着済みの荷物置き場からは、3年近く使っているボロボロの大型段ボールが簡単に見つかり、腰を抜かさないように気を付けながら持ち上げ、無事自分のブース前に。

みさき工房.jpg
お隣は地元愛知のみさき工房さん。
御自分の作品がメインで、しかも大箱がそれなりにあり、所狭しと机に並べられていました。

トラハネレーコード.jpg
反対側にはトラハネレコードさん。先日のゲムマ秋で共同出展した、YbY GAMESさんもご一緒に出展される予定だったのですが、どうも来られない様子。お会いしたかったのですが…。

人気ボードゲーム系Podcastの「今夜もアナログゲームナイト」のパーソナリティ、太陽皇子こと新安さにはようやくお会いすることができました。
ミュージシャンのような細身でおしゃれな感じの良い方でした。

10時半の開始時間までに何とか設営も終え、会場を一周りしながら出展者さんのブース写真を撮らせていただきました。

ボードゲーム共和国.jpg
ボードゲーム共和国さん

AriAru.jpg
AriAruさん

中古屋.jpg
中古屋さん

緋色の兔亭-01.jpg

緋色の兔亭-02.jpg
緋色の兔亭さん

G-S.T.F.jpg
G-S.T.Fさん

IRorschach test.jpg
IRorschach testさん

をしだや-01.jpg

をしだや-02.jpg

をしだや-03.jpg

をしだや-04.jpg
をしだやさん

758ボードゲーム会-01.jpg

758ボードゲーム会-02.jpg
758ボードゲーム会さん

eggplant-01.jpg

eggplant-02.jpg
eggplantさん

株式会社リトルフューチャー.jpg
株式会社リトルフューチャーさん

東海連珠.jpg
東海連珠会さん

日本バックギャモン協会名古屋支部.jpg
日本バックギャモン協会さん

おぷとあうと.jpg
おぷとあうとさん

はむはむず-01.jpg

はむはむず-02.jpg
はむはむずさん

Studio GG.jpg
Studio GGさん

鍋野企画.jpg
鍋野企画さん

ミスボド.jpg
ミスボドさん

こっち屋.jpg
こっち屋っさん

プレイスペース広島.jpg
プレイスペース広島さん

COLON ARC.jpg
COLON ARCさん

HLKT工房.jpg
HLKT工房さん

Andrewzgamez.jpg
Andrewzgamezさん

トイドロップ.jpg
トイドロップさん

サザンクロスゲームズ.jpg
サザンクロスゲームズさん

Mワークス リアゲー作るぞプロジェクト.jpg
Mワークス/リアゲー作るぞプロジェクト
ein.jpg
einさん

昼夢堂.jpg
昼夢堂さん

大門さいころ倶楽部.jpg
大門さいころ倶楽部さん

そしていよいよスタート!


昨年ほどではなかったものの今回もありがたいことに大勢の来場者が。
うちのブースは人が集まるほどの目ぼしいものはないものの、新作「三忍者」は良い感じで売れていき、中古ゲームの方もじわじわ減っている様子。

1時間ばかり過ぎた頃に、前回ボードゲーム川柳のチャンピオン、あきたけさんとブースで合流。
大きなカバンから手放したい中古ゲームがぞろぞろ。
セールストークに長けておられる感じで、感心して見ていました。
お昼頃には朝から何も食べていないのでと、あきたけさんにお昼休憩に行って頂き、帰って来られると交替して、事前に太陽皇子さんに教えてもらったお店で昼食。

天丼.jpg
まるは食堂の天丼。衣がサクサクで美味しかったです。

昼食から戻ってくると、あきたけさんがゲームNOWA作品以外に中古ゲームも幾つか売ってもらえたようで助かりました。

きなボド!というゲーム会を北名古屋で主催されている、ナフタレンさんにようやくお会いすることができました。この方はボドゲ歴約4年で所有数1400個余り/消化率75%以上という、このボドゲ界隈では有名な方で、ゲムマの公認レポーターでもあります。
レンさんの自己紹介文を拝見したところ、とても感銘を受け、この方に拙作三忍者のレビューを書いて頂けたらと、酷評覚悟で試遊用のものをお渡ししました。

ゲームNOWA-02.jpg
あっ、自分のブースを忘れていましたw まず新作の三忍者は15セットと小部数でしたが、おかげさまで先日のゲムマ秋に続いて完売。

中古ゲームの方は、あきたけさんさんの持ち込んだものは完売。こちらの持ち込んだものも8割ほど売れたので、スペースを空けて試遊もできる状態に切り替えた効果があり、最終的にはVIVA!ココノッツが6セット、かに将棋2セット、ぴったりヤドカリ2セット、最後の手持ち分だったネラッタ/ナランダも試遊後にお買い上げ頂きました。

その後、あきたけさんが一足先にお帰りになったところに、現在名古屋在住であの「STEAM WARS」作者、戦闘員ディーさんから打ち上げのお誘いがあり、迷わずOK!

そして牛谷さんの閉会の挨拶が始まり、第3回名古屋ボードゲームフリーマーケットは終了。

持ち込んだ1/5のゲームと途中で購入した戦利品を一まとめにし、集配に渡せました。
予想以上売れたので気分はホクホク!

本イベントの運営スタッフの皆様、出展者の皆様、お疲れ様でした。
来場者の皆様、ゲームNOWAブースにお立ち寄り下さった方々、有難うございました。

来年もタイミングが合えば参加したいと思います。

チラシ.jpg
また、6/21(日)には名古屋国際会議場(白鳥ホール)にて「ファミリーボードゲームフェスティバル2016」というイベントが、Hemz Universal Games/ヘムズユニバーサルゲームズさん主催で開催されるそうなので、ぜひとも参加させて頂こうかと!

打ち上げは758ボードゲーム会のあおやさんの紹介で「てつまる」という、料理がめちゃくちゃ美味しくて居心地の良いお店になりました。

打ち上げ-01.jpg

打ち上げ-02.jpg

打ち上げ-04.jpg

打ち上げ-05.jpg

打ち上げ-03.jpg

打ち上げ-06.jpg
主催の戦闘員ディーさんを始め、758ボードゲーム会のあおいさん、いぬあきさん、緋色の兔亭のREIさん、ひょうやさん、こっち屋のyuoさん、ミスボドの秋山さん、ナフタレンさん、さすらいの道化師さん、カタン会のかわうそさん、鍋野企画の鍋野さん、人気ボードゲーム系Podcast番組、「ボードゲーム数寄語り」の円卓Pさん等(名前の漏れている方、ごめんなさい)という豪華メンバーで、ボドゲ話を中心に大盛り上がりでした。

【戦利品】戦利品-01.jpg
ミツド!(緋色の兔亭)、ケルベロス(鍋野企画)、海賊と金塊(をしだや)、ジュウシマツ(ねこまど)

戦利品-04.jpg
ドーナツの3目並べ&セットコレクション系ゲーム、ミツド!のコンポーネントが嬉しいです〜

【余談】
プレゼント-01.jpg

プレゼント-03.jpg

プレゼント-04.jpg

プレゼント-02.jpg
このイベントでの売上げは家内への誕生日プレゼント(シュタウファー日本語版とサンクトペテルブルグ第2版日本語版を犠牲にorz)と15年ぶりに入れた奥歯の治療代に消えましたw

posted by かぶけん at 03:49| Comment(0) | ボードゲームフリーマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

三忍者のFAQコーナーを作成しました。

先日公開いたしました、三忍者の公式マニュアルへのFAQコーナーを設けました。
今後、三忍者のルールについての不明点や疑問点について可能な限り、このコーナーでお答え致します。

【FAQ】
Q1.「分身の術」で連続行動を行う場合、次ターンで攻防の入れ替わりが起こらないということでしょうか?

A1.はい。そのとおりです。

Q2.プロモーションカードを分身の術の2回目でプレイする場合、もしくはプロモーションカードをプレイして「超変化」ではない術を使いたい場合、このカードは何色で扱えばいいのでしょうか? 
もしくは、プロモーションカードは「超変化」を伴わないとプレイできないのでしょうか?


A2.プロモーションカードも忍術カード1つであるため、分身の2回目の攻撃には色も数字も変更することはできません。なので2回目には忍術が使えないため、このカードを「超」を含む攻撃として成立させることはできませんが、それ以外は「無色の0」として使用することはできます。

Q3.3枚以上で攻撃する場合、例えば3枚3枚でそれぞれ陣を作って一度に2セット6枚で攻撃する、といったことは可能なのでしょうか?

A3.いいえ。それはできません。「嵐×2」といった攻撃が強過ぎるので、一方的になる展開をなるべく避けるためにテスト中に1つの案としてはあったのですが不採用にしました。

posted by かぶけん at 13:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする